人気ブログランキング |

節酒アプリ

お酒の増える季節です。

「酒やめてナイン会」の会員の方から

節酒啓発アプリがありますよとご連絡。

ちょっと今週飲み過ぎかな、、

食道癌になったからってお酒辞めませんよ

っていう強者に少しでも酒を控えるようにブレーキをかける役割


今日も食道ESD後の患者さん
初回外来で

「たばこはやめられますけど、お酒は毎日2-3合飲んでますよ」

こういう方は外来フォロウしないようにします。

お帰りください。




# by kenzaburou41 | 2019-11-14 18:53 | お酒を辞められないあなたに | Comments(0)

LCIとWLI

WLIとLCI、どっちがいいの?

スクリーニングはLCIでいいんじゃないか

とフジユーザーは考えますが

オリンパスの先生は、そんなもんで内視鏡検診で写真とって
二次読影に回ってくると

なんでこのLCIでばっかり写真撮るんだ

って、WLIで写真撮影しなさい

って指導する先生もいらっしゃるとか

いやいやNBIとWLIしかない場合はWLIで撮影しますけども

LCIがある施設ならLCIで見た方が腫瘍性病変の発見率が上がりますし

胃、食道、咽頭の中では、胃の中で癌を見つけやすくなりますし

内視鏡検診、LCI押し

でございます。

明日は仙台でLCIの話をしてまいります。

今月を乗り切って走りきろう!






# by kenzaburou41 | 2019-11-12 22:59 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

11月15日水戸講演

11月15日は水戸で講演です。

1905-1955までケン三郎(咽頭食道、ちょっと胃)
2000-2050まで池松先生(大腸)

ホテルレイクビュー水戸 2F 紫峰の間

でお話しします~

お近くの先生、お時間許せばお越し下さい



# by kenzaburou41 | 2019-11-12 15:13 | 講演録 | Comments(0)

326回早期食道癌診断勉強会

今日は326回早期食道癌診断勉強会

ケン三郎ともう一施設からの症例提示

1例目

発赤陥凹の中心に2こぶ大の褪色調のSMT様隆起
厚みがあって、ⅡcのなかにⅠ型の隆起

平滑筋腫? Basaloid? SCCでもこういうの在るんじゃね?

拡大は隆起部でB3がでててまあ深達度はSM2でしょうねえ

周りのⅡcはB1で、さあこの黄色い隆起何?

表層は非腫瘍で周りから腫瘍を栄養する太い血管と
枝分かれした血管にラーメンみたいな血管

まあB1はないわけですしがっつり塊がありますし
扁平上皮癌+隆起部分はBasaloidでしょうか

SM2ですよ、きっと

手術をすすめましたけど患者さん、内視鏡治療で治るかも
っていわれたらそら内視鏡治療受けますわね

ああやっぱりSM癌で脈管侵襲も陽性でございました。

筋板ががんばってると、測り方でSM1かSM2か
意見分かれます

もう表面から厚みを測ってもいいんじゃない?

筋板が耐え忍んですごい厚みがあってもMMだったり

深達度診断を難解にしている一因かもしれません。

最後はバーチャルスライドで病理のスライド見せてもらいましたが
プレパラート持って行くよりはるかに楽で、その場で筋板からの
距離も測れますし、大事な所見に○つけたりもできて
画期的。

結局Basaloidではなく低分化SCCでございました。

範囲診断、深達度診断、組織型診断、、

いろんな御意見もありまして、大変勉強になりました~

次の症例はケン三郎が持参しまして。。。



# by kenzaburou41 | 2019-11-09 18:54 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

You tuber ケン三郎



You tubeに紹介されました!

NHKも注目? 

そうなんです、12年も続けてるんです


# by kenzaburou41 | 2019-11-09 18:42 | 講演録 | Comments(0)

酒やめて9会

お便り有り難うございます。
「先生いつから酒のんでいいんですか?」

「もう飲まないで下さい,十分飲んだでしょう?」

「え、、人生の楽しみが・・・」

よくある外来の光景でございます。

あんだけ病気を繰り返してて、「まだ酒、やめてないんかいっ」

と医療者からするとあきれてしまいますが

そうはいっても人生をほどほどに楽しまにゃ損  

そういう方が集まる場、その名も「酒辞めて9会」  お昼だったら参加できるのに・・

有り難うございます,将来的には乳がんや大腸癌、胃癌のように患者会を作って
同じ悩みを抱えた仲間で語り合える場ができるといいなと思いまして。




# by kenzaburou41 | 2019-11-08 18:37 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

仙台講演

おかげさまでブログから食道癌集会に是非参加したいという
患者様からお便りを頂きまして、12月6日の会の開催に準備進めてます。

これを機会に治療からしばらく時間がたった食道癌遠隔期の
患者さんサポートについてのヒントをいただけるかなと
思っております。

11月28日まで参加受付ておりますのでご希望のかたは
ケン三郎のメールアドレスにご連絡ください →ケン三郎(英語で)4641@gmail.com

さて昨日は大宮市の医師会からおよばれしまして、「これからは
咽頭癌と食道癌も検診でみつけましょう」とお話してきました。
胃癌検診でバリウムを縮小し、検診はバリウム2割、内視鏡がいま8割だそうです、
そうしましたら一昨年は食道癌25件、昨年は37件も食道癌が
見つかってるとのこと。内視鏡検診、すごいですね~

その食道癌の方、あと数年して酒をやめられないと
咽頭癌ができる可能性がありますから
引き続き定期検診を続けて下さいっ!
そして経鼻内視鏡でよく咽頭をみて見つけましょう!
って話してきました。 

さあ来週はいよいよ、昨年の青森に続いて仙台、
東北にレーザー光経鼻内視鏡が初上陸です。

11月13日(水曜) 19-2040
あの自治医大の山本博徳教授と初めて共演いたします。 

ホテルメトロポリタン仙台 3F曙西

仙台の先生方、お会いできるのを楽しみにしております。




# by kenzaburou41 | 2019-11-08 18:13 | 講演録 | Comments(0)

食道癌集会

b0180148_11142865.jpg
食道癌の患者さん、ご家族のお悩み相談,患者さん同士での情報交換など
に活用いただければ幸いです。

参加希望のかたは人数、年齢、性別、簡単な病歴、現在のお悩み内容を
記載してkenzaburou4641@gmail.com までご連絡ください。

11月28日締め切りです。

よろしくお願いします。


# by kenzaburou41 | 2019-11-04 11:18 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

大宮講演

来る11月7日(木曜日)でございますが
ケン三郎の講演が 大宮にてございます。

19時半~ 「清水園」ってもしかして結婚式場??

タイトル「胃がん内視鏡検診時代の咽喉頭・食道観察の実際とコツ~
経鼻内視鏡とIEEをどのように使いこなすか?」

座長は大島クリニック院長の 大島昌宏先生で

胃癌内視鏡検診に経鼻内視鏡をどうつかうか?っていうテーマでお話しします。

将来的にAIが導入されても、いい絵がとれないと診断できませんし

医師、看護師、技師さん、患者さん、そして内視鏡メーカー

いろんな方が支えあっていい検診作りをささえなきゃっ

大宮の医療関係の皆さん、木曜は清水園までお越しください!!




# by kenzaburou41 | 2019-11-03 21:24 | 講演録 | Comments(0)

治療困難症例検討会

胸部外科学会で一緒に行われる食道癌治療困難症例検討会

今年も6題の演題の応募がございまして

徳島からバス、新幹線を乗り継いで京都に到着

午後の食道のセッション、夜の検討会に参加してまいりました。

食道の手術、うまくいくといいのですが

上手くいかなくてその後困った、こういう対応をした、

一例一例、こんな大変な経験をしました

って報告聞きながら

この症例が一度に自分の施設で同時期に集まったり
したら大変だろうな
とか

手術してはうまくいかなくて
手術してはうまくいかない

だと患者さん結構しんどいだろうな

と思いをはせる

「しかしこんなに大変な思いをしましたが、今は
元気に食事もとれています」というとほっと胸をなでおろし

「手術でいろいろ手を尽くしましたが、結局今も
食事がとれない状態で、生存しております」
というと、う~ん、、

困難症例で、困難でした。 がくっ、、

困難症例で、困難だったけどなんとか解決しました。

のほうがいいですね。

「うちには困難な症例はありません、この検討会に出す症例は
ありませんよ」という施設はどこ行ってもないとおもいますが

なるべくここで伺ったアドバイスを参考にして
自分の施設では困難を最小限にしなければ・・・



# by kenzaburou41 | 2019-11-03 13:32 | 手術の合併症の話 | Comments(0)

きよ彦さん

毒舌キャラクターとして人気を呼んだ、飲食店経営者の着物デザイナーきよ彦(きよひこ)さん(本名・大堀清日古)が先月28日午前1時55分、都内の病院で死去していたことが2日、分かった。69歳。福島県出身。

所属事務所によると、17年末にのどから食道の入り口にかけて下咽頭がんが見つかった。手術をして寛解をしたが、今夏に再びのどから出血をして再入院し、手術を受けていた。

12月末に退院の予定で、来年3月には講演会の仕事が決まるなど順調に回復していたという。先月26日に長女が見舞いをした際は元気な様子だったが、28日深夜に容体が急変した。

「きよ彦さんは恥ずかしがり屋だったので」と、家族と事務所で相談をして「お別れの会」を開催する予定はない。代わりに、きよ彦さんが都内で経営していた京風おでん店「まめ彦」で、お別れでなく「いってらっしゃい会」を行って故人をしのぶ意向があるという。

きよ彦さんは高校卒業後、10年間のサラリーマン生活を送った後、六本木のバーのオーナーに転職。知人の勧めで着物デザインに挑戦し、ブランド「きよ彦花」を展開。和食器のデザインも手掛けていた。


合掌


ぽちっとな


# by kenzaburou41 | 2019-11-03 12:53 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

リスクのない方

ご家族に食道がんの方がいなくて

酒も飲まない

煙草もやらない

熱いものは苦手で

辛い物もきらい

女性で

太ってる

野菜大好き

果物も食べる

頭頸部癌にかかったことがない

そういう背景で。

かつ食道に不染がなく

食道癌になったかたを

集めて検討する。

そんな会があるらしい

その名も

しょくどうしきそけんきゅうかい

知ってる?

締め切りが延びたんです

11月15日まで

JDDWの前

これは参加するしかない

なぜなら、そんな病気あまり見る機会がないから

「お酒も飲まないのに、どうして食道がんになったんでしょうね」

「これから食道がんにならないためにはどういう食事をしたらいいんでしょう」

う~ん、、、どうしてでしょうねえ

こっちが知りたい

ってことで,今3題しか集まってないんで

今なら募集した瞬間、きみ、採用!

でございます。

なかなかじっくり1例1例を語る機会はそうないですよ~

今まで一度も発表したことないっていう若手の方も

どんどん積極的に参加していただければ

食道がん内視鏡診断のあの重鎮の先生たちが、やさしく丁寧に教えてくれるかもっ

11月15日締め切り延びてます

ぜひぜひふるってご参加くださいっ~






# by kenzaburou41 | 2019-11-02 01:22 | 食道色素研究会 | Comments(0)

飲まないのに食道癌に。。

我が国の食道癌の多くは飲酒・喫煙やアセトアルデヒド代謝酵素の遺伝子多型がリスク因子とされている。これらのリスク因子がない症例は日常診療において少ないながらも経験され、例えば「主に胸部中部~下部食道の後壁側に縦走する線状びらんの一部に見られる扁平上皮癌」のように特徴的な病変も経験される。しかしながら、多数例での臨床病理学的特徴は未だ明らかにされておらず、ごく少数の報告が見られるのみである。(1特に、病理医の立場から、飲酒歴や喫煙歴を把握した上で手術材料・ESD材料を病理診断できることは少なく、特徴的な所見があったとしても因果関係を認識していない可能性がある。

非飲酒・非喫煙の患者に生じた食道癌に特徴的な所見はあるのか,その背景粘膜に特徴的な所見はあるのか。食道癌の専門施設の内視鏡医、外科医、放射線科医、病理医が集結する本研究会で、非飲酒・非喫煙の食道癌症例を詳細に検討し、背景粘膜を含めた臨床病理学的な特徴を明らかにすることを目指したい。

参考文献:
1)Shigaki H. et al. Clinicopathological feature of esophageal squamous cell carcinoma in never smoker-never drinkers. Disease of the esophagus (2007) 20, 1-7

【演題を応募頂くにあたり,以下の基準で候補症例を選択して頂きたく、よろしくお願い申しあげます。】
  • 習慣的飲酒歴・喫煙歴がない食道癌
  • 性別、年齢、多重癌や逆流性食道炎などの既往歴、PPIなどの内服歴、臨床的背景を把握できていること
  • 内視鏡的に病変とその背景粘膜を評価できること
  • 病理標本の検討が可能であること

今回の検討結果は、多施設共同研究として発表したいと考えております。倫理申請についてもご協力いただければ幸いです。
注:候補になり得るか迷われた場合は、当番世話人まで症例の概要等お知らせ頂ければ相談させて頂きます。

演題募集要項

抄録は所属・演者名・本文を400字以内で作成し、テキストファイルで添付して下記抄録送付先(食道色素研究会事務局)にメールで応募して下さい。尚、発表は各自ノートパソコンを持参して頂き、プロジェクター1台での映写発表となります。

締切日令和元年10月31日(木) 必着
抄録送付先食道色素研究会 事務局 (担当:坂本 圭子
東京医科歯科大学 消化管外科学分野
〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
TEL:03-5803-5254 FAX:03-3817-4126
E-mail:sikiso.srg1@tmd.ac.jp


# by kenzaburou41 | 2019-10-30 12:59 | 食道色素研究会 | Comments(0)

オフ会具体化

食道癌の患者さんからオフ会は「酒の飲める場所」希望ですって、、

あれほど医者に酒辞めろっていわれてんのに、まだ辞めてないんかいっと思いますが

食道癌の患者さんから酒を奪っちゃったら、食道癌は無くなるのか?

そんなこたあないでしょう

人間楽しいとき、うれしい時、悲しい時、怒っている時。

そして愛を語る時

酒がそばにあるということ。

人生を生きていくには時々その助けが必要で。

「酔っぱらってるからいうけど、お前の事愛してる」

うわ~っつ、、、言っちゃった。

酒を辞めろとは言わないけど、減らしてうまく付き合いましょう。

最初は会議室借りて、かしこまって話するのがいいかとか

患者会でもインフルエンサーの方に講演していただくとか

考えましたけど、、え~い、まあ最初のオフ会は0次会ですよ

次の会にむけてのまずは発起人からご挨拶。

自己紹介しましょう

ではしばしご歓談を

ええ、では気に入った方の番号を書いていただいて、、タカさ~んチェック!

合コンじゃねえか。そ、そういう会ではないので。

試行錯誤で時間と場所をまず 告知。

来る12月6日金曜日

場所 銀座ライオン  19時半から

参加希望の方求むっ~




# by kenzaburou41 | 2019-10-30 00:55 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

徳島へ

木曜日は夜徳島で講演がございます。

2015年以来2回目の講演で、新しいレーザー経鼻内視鏡の威力を
お伝えするとともに

四国にレーザー経鼻を普及させる足がかり

香川、愛媛、高知のみなさんっ

本田選手じゃないけどオファー待ってる~


# by kenzaburou41 | 2019-10-30 00:37 | 講演録 | Comments(0)

瘢痕を切る

食道癌の内視鏡治療

なんども内視鏡治療を繰り返す

長期生存例

もう来なくても大丈夫でしょう

っていえないのが食道癌になった方の問題でして。

あっちこっちに内視鏡治療の傷があるとまたその上に
食道癌ができて、うんとESDが難しいことがある。


そういうときにはこのデバイスを使いましょう

っていうんで、デバイスの宣伝用に動画をとったものの

全く歯が立たずに、う~んこれは撤退か。

しかし撤退しちゃうと手術かケモラジかでしょ

撤退はないでしょう

穴が開いても取ってきます。

「瘢痕だから周りも硬くなってて穴が開いても炎症は周りに広がらない」

と思ってますんで、瘢痕があろうががんばってとりにいく

しかし結構これが難しい。

どこの層できったらいいかがわからないし、、、局注も浮かない。

ひえー

結局きれいには取れないって判断してスネアをうまくかけて2分割で切除

しゃあない、これはこれで充分でしょう

撤退しない

やりきった~




# by kenzaburou41 | 2019-10-29 00:52 | 内視鏡治療 | Comments(0)

頸部食道がんの治療戦略

頸部食道がんの治療戦略ですが

先日もブログをたよりに相談がございまして

医者には手術をすれば喉頭を残せないから放射線をまずやりましょう

と勧められた。

先生方のご意見いかがでしょうか?

ってことで。

手術したら声のこせないんだ、、じゃあ放射線を選択される方は多いと思います。

が放射線が効いたように見えても癌細胞が0にならないと再発しますので
再発した場合に、どうするか?

PDTも頸部食道癌には適応外ということで

手術となりますと放射線のあたった咽頭と空腸をつなぐ、血管をつなぐ
上手くいかない事がすくなくありません

結局のどを残せずに喉頭まで摘出になりえる状況です。

ですので最初から手術で声を温存しながら、遊離空腸再建でつなげるのであれば
これがあとあと考えてみるといい選択で。

胃も残りますし、多少声がかすれたり、つなぎめに食物がつまりやすくなったり
はありますが

声ものこせて癌も切除し、根治が目指せる。

これが理想です。

頸部食道癌自体がそれほど頻度の多い疾患ではないので、手術は、経験豊富な施設で
やるのがよく。

「うちじゃ声は残せないよ」
と言われた施設でも、一度他の病院に聞いてみるのも一考
でございます。

相談されたら全力で、一番いいと思われる方法を提供し、軌道に乗せる。

これが食道外科医の真骨頂でもございます。






# by kenzaburou41 | 2019-10-27 12:39 | Comments(0)

オフ会やることにした。

ケン三郎も新しいお殿様がやってきた都合、
この病院に長くいられない可能性もあるので
今のうちにやれることはやっておこうと思います。

12月6日(金曜)夜 忘年会シーズンではございますが
今のところ2名の患者さんが福岡と千葉から参加予定
でございます。

ドクターサイドも思い当たる先生に声かけてみますね




# by kenzaburou41 | 2019-10-26 13:17 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

オフ会への道

オフ会の話を書いたら、早速患者さんの家族から連絡がありまして

是非企画してほしいっ

なんでも患者さん自身は悩みを打ち明けられず一人で手術後を克服し、
そのあとに知り合いのかたが食道癌になって手術前に不安をかかえていたとき
その方に自分の経験をアドバイスしたそうで。

「一番喜んでくれたのほ、手術翌日すぐに歩いている画像と、退院後にどんなものを食べたかを記載したノートでした」

なるほど・・

食道患者さん自身は「友達作って相談しよう」っつうキャラはどちらかというと少なく
置かれた状況に一人で悩み、落ち込んで、まあ仕方ないかと受け入れる方が多い
印象で

それを家族はどうやってサポートしたらいいかがわかんない

「頑張って食べて」「元気出しなよ」「酒はもうダメだからね」

あれも駄目これも駄目 生きてる意味ねえじゃん

思ったようにくえねえし 先生にきいてもしょうがない 慣れるしかないの一点張り 

食道がんが治ったんだからいいだろ? てめえこんな体にしやがって・・

オフ会?んなことやってる暇があったら一人で酒飲んでる方がまし、いらんいらん

っていわれそう。

ネガティブなことはもちろんありえるけども、

いやあ勇気を出していってみたらよかったわ 
シャイな自分が前向きになれたわ~

ってなるかもしれない。

12月6日金曜ですかねえ 福岡からも参戦してくれるだろうし。

参加者10人も集まれば大成功

やってみなはれ 

募集要項考えますわ



# by kenzaburou41 | 2019-10-25 22:39 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

オフ会

医者の立場から、食道癌の患者さんむけにこうした方がいいでしょうという
「患者教室」は
国立がんセンター東病院で行われておりまして こちらをクリック

先日、ある研究会で
患者さんが治療をうけたものの、その後の再発転移への心配、手術後の過ごし方、
再発した後の不安や悩み、緩和ケアへの心の持ちよう
などを患者同志、家族同志で話し合う機会がないんじゃないか

ケン三郎先生のところにはそうした声が届いてるんじゃないか?

と相談があり

「ええ、患者さんお互いに再入院の時に
お見舞いに訪れたり、SNSやブログで情報交換はしている
みたいですよ」

とお答え。

たしかに医者>患者への情報提供はあるものの

実際、患者さんの苦労というものは個々で違うものだから、どう克服しているのか
いつ克服できるのか、どうしたら克服しやすいのか

先輩患者さんが後輩患者さんに情報を伝える場が少ないのではないか?

大腸がんや乳がんなどのメジャー疾患ではそうした患者会の力が大きく
国を動かし、「がん検診」が整備されてて、手厚くサポートもあるのに

食道がん、頭頸部がんはマイナーな疾患で、しかも多くは酒飲みの疾患なので
匡からは[がん検診」の対象から外され
サポートが行き届いていない現状が長く続いております。

こうした現状に、

オフ会したらどうでしょう?

ってその先生から提案がございまして

酒飲みながら、悩みを相談しあう場を作る

いいなあ、いいなあ やってみたいなあ~

第一回は東京で

そのうち全国回って

各地に食道癌患者会を作り、「ひとりじゃない」ってことを共有する。

このブログの使命でしょうか

みなさんのご賛同がいただければ、ケン三郎 動きます






# by kenzaburou41 | 2019-10-24 21:34 | がん患者学 | Comments(1)

吾妻ひでおさん

ななこSOS』『失踪日記』などで知られる漫画家の吾妻ひでお(本名:吾妻日出夫)さんが13日未明、都内の病院で亡くなった。69歳。21日、吾妻さんの公式ツイッターで伝えられた。

 ツイッターでは「かねてから食道がん治療中でしたが、2019年10月13日未明、都内の病院で永眠いたしました。享年69歳。ここに謹んでご報告申し上げます。合わせて永年の読者の皆様のご支援と励ましのお言葉に改めて御礼申し上げます」と報告。

  なお、葬儀・告別式は近親者のみで執り行い、「後日、お世話になった方々、ファンの方々にも参加していただける形でお別れ会を開く予定です。こちらは決定次第、ご案内申し上げます」と発表している。

 吾妻さんは1969年にデビュー。ギャグ漫画の『ふたりと5人』やアニメ化もされた『ななこSOS』、SF作品の『不条理日記』などで人気を得、現在の“萌え”ジャンルの先駆者とも言われている。その後、アルコール依存症や失踪を経て、2005年にそれらの経験をもとに描いた『失踪日記』を発表。『第34回日本漫画家協会賞大賞』『平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞』などを受賞し話題を読んだ。

↑ 失踪日記読んでて、アルコール依存症からの脱却もそうですが、
食道癌や頭頸部癌に注意せねばならず。

もし50代で依存症を克服した方は60代になる前に一度内視鏡検診をお勧めします。

そして酒を飲む量をまず減らし、毎年内視鏡を受けましょう。




# by kenzaburou41 | 2019-10-24 21:14 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

石橋武蔵君

亡くなった彼の生前の希望でしたので
彼の生きざまが分かるfacebookより #石橋武蔵先生


時間を大事に、人を大事に 生きていかねば。





# by kenzaburou41 | 2019-10-20 08:38 | がん患者学 | Comments(0)

戦いの日々

がんと闘って、戦いぶりを記録し発信し続けた
友が昨日亡くなったとの知らせが届きました。

最後の最後

意識もうろうの中、酸素マスクをつけた自分の姿を映して

「覚悟しています」が最後の投稿。

お前ら、一瞬一瞬を大事に生きろや

と語っているかのよう。

「病理解剖の後に、通夜、告別式となります」

自分だったら病理解剖、うけますって言えるだろうか?

こんなに治療をがんばったんだから一刻も早く家に帰してほしい
が通常の感覚だろうけど。

本人の強い意思、この病気を将来同じ病気になる方へ
すこしでも役に立てば、、との思い

今までも何度も心を揺さぶられましたが

亡くなった後に彼をしのぶ声の多さが
彼の人となりを表しています。

君に出会えたことで、多くの事を学びました。

今はゆっくり休んでください。














# by kenzaburou41 | 2019-10-20 08:02 | ひとり言 | Comments(0)

死を前に

高校の同級生が、病気になって
死を前にして情報発信し続けている

苦しい時こそ笑いだ

自分だったら心折れて自暴自棄になってるかも

医者という立場から患者という立場に変わり

ようやく、その気持ちが分かる

自分だけが取り残されて
さっと周りがいなくなりそうな時も

いやいやまだまだあきらめてないんすよと

勇気の塊。

誰にも平等に死は訪れますが
いつそれがやってくるかわからないだけに

自分の身に置き換えて

忙しい時こそ、笑いを届ける

病気の友から学ぶことは多い

ありがとう

「ありがとうなんていうなよ、まだ死んでねえから」





# by kenzaburou41 | 2019-10-16 20:44 | ひとり言 | Comments(0)

とろみ自動調理器

 とろみ自動調理器なる、自動販売機があるらしく 嚥下困難になやむご高齢のかた向け

のかゆいところに手が届く製品。



    勝負は細部に宿るなあ

■製品の特長
「とろみ付き飲料専用サーバー」は、医療・介護施設の作業負担軽減、ならびにとろみ付き飲料の品質の安定化を目的に開発された製品で、一度で最大2リットルの調理が可能です。中身原料についてはニュートリー株式会社の技術協力を受け、専用のとろみ材を使用しています。とろみをつけるための撹拌作業(とろみ調整)を自動化することで、安定した物性(テクスチャー)の飲料を提供できます。とろみは、嚥下機能に応じて、薄いとろみ、中間のとろみ、濃いとろみの三段階から選べ、最大8パターンのとろみ付き飲料をワンボタンで提供することができます。

 ■開発の背景
とろみ付き飲料は、飲み込みが難しい方の誤嚥を予防する目的で、医療機関や介護保険施設をはじめ、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホーム等で提供されています。通常各施設では、飲料にとろみ材を加えスプーン等で撹拌し、とろみの程度を調整する調理を手作業で行っています。短時間で一度に大量のとろみ付き飲料を作らなければならず、職員の負担が大きい現状です。あいち福祉用具開発ネットワークが行った調査では、日常業務における課題として、食事の準備・介助・片付けに負担を感じている施設が多いことが判明しています。
アペックスでは、慢性的な人手不足が深刻化している医療・介護施設での作業負担を軽減するため、とろみ作りに人的労力を必要としない本サーバーの開発に至りました。本開発を通して、医療・介護現場への新しいリソースの提供を狙い、新しいビジネスモデルの構築を目指すとともに、加齢や脳血管疾患等により低下する嚥下機能に配慮し、誤嚥リスクを軽減するためのサービスを提供。誰でもどこでも何歳になっても、「最高の一杯、最高のひととき」を楽しむ一助となるよう取り組んでまいります。


ぽちっとな


# by kenzaburou41 | 2019-10-11 18:16 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

GHIBLI

ジブリの綴りは「GHIBLI」、サハラ砂漠に吹く熱風を意味するイタリア語

ん?

GHIBLI?

BLI?

ブルーレーザーイメージング?

おっと~ここにも言葉が隠れておりました。

ええ、この「BLIはですね、諸説ございまして、
じつは天空の城 ラピュタをみた富士フイルムの方が
よし、これからはレーザー光が世界を変える、切り拓いていく、飛行石はそこにある
ってことでですね、考えついたと言われています。」

うそです。




# by kenzaburou41 | 2019-10-09 17:46 | 診断の達人たち | Comments(0)

禁酒禁煙指導書

食道癌の予防に関する臨床試験がいろいろあるんですが

「お酒を飲むと食道癌、一度できたところと別の所にできることがあるので
お酒を辞めましょう」

っていう指導書があって。

え~こんなの読んでも、「はいそうですかっ」て
食道癌の患者さんがお酒控える? 

そうですか、せんせい、明日から一滴も飲みません。

ほんまかいな

「飲み続けるならもう、この病院にこなくていいですよ」

くらい言わなきゃ~

てぬるいっ。

いやいや出来る人はまたできるし

一回で全部ESDして落ち着く人もいるわけで

趣味嗜好に そこまで介入ってなかなかできません。

次にできたら、もう酒飲めなくなるかもしれないし
だったら今のうちに飲んどけって思って・・

それもよくわかります。

100%癌になるのを予防できるわけではございません

あれもこれも心配してたら切りがない

つらい、生きにくい時は飲んでもいい

でもちょっとそれにおぼれるのはやめてね

ゆる~く生きよう


ぽちっとな











# by kenzaburou41 | 2019-10-07 21:41 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

3カ月

消化管外科のローテーターが3カ月おきに回るようになって

食道、胃、大腸を、3,3,6カ月で回る

お殿様のいる大腸は花形、人もたくさんいて二重丸

かたや戦力をどんどん削られ

規模を縮小せざるをえなくなった食道チーム

生き残る道は・・・

ロボット手術する若手だけが残る

となると、ケン三郎もいよいよ次の就職先を探さないと・・

ですかねえ。

一方で、今まで食道を回ったことのない若手外科医は
食道回って勉強になりましたっ、お世話になりましたっ
と3カ月を共にして

食道には興味ないんだろうけど、働いてくれて有難う

教えた事が次の人生でも役に立つと有り難い

またその中で食道外科に興味をもってもらう若者が
一人でもいてくれたなら。

ケン三郎だってもともと大腸外科志望だったし

食道?絶対嫌です
って教授に直訴したのが2000年。

いや~あの時大腸に入ってたら、このブログも書く事はなかったしなあ~

人生分からんぜよ




# by kenzaburou41 | 2019-10-06 21:18 | ひとり言 | Comments(0)

学生さんと

いよいよ人手がなくなって

もはや食道外科で内視鏡検査や治療をするのも今年度が最後でしょうか?

「ELPSも他にお願いしたらどうでしょう?」

え??? 

本気で言ってんの?

俺たちがやらなくて、誰が患者さんを救うのかってーの。

声をとりましょう、放射線治療しましょう
といわれた患者さんをどんだけ救ってきたか。。

なさけない。。。

しかし人がいないと心がすさみますねえ、、

2週間回ってくる学生さんにも、
手をかりてESDをやるようになりまして。

ほらほら内視鏡でこの層をきっていくとね、うまくはがれるんだよ

これで食道がんが治るんだからすごいでしょ?

などとしゃべりつつ 教育しつつ

この食道外科の窮地を若い先生が救ってくれないかと。





# by kenzaburou41 | 2019-10-01 21:09 | 内視鏡治療 | Comments(0)

胃管の観察

食道癌の手術後、胃管にも癌ができることがあります。

shirakawaらの報告では30例33病変の発見時期は術後57ヶ月(中央値)報告されており、

2018 Jul;15(3):180-189. doi: 10.1007/s10388-018-0611-2. Epub 2018 Mar 27.

Clinical characteristics and management of gastric tube cancer after esophagectomy.

Shirakawa Y, et al.

ケン三郎の施設でも59例70病変の胃管がんの経験、中央値は79ヶ月でありまして。
(こんなに症例あるけどunpublished data,もったいない)

食道がんが治った、ああよかった、と思っていたら胃にがんができた。

やっぱり定期検査してなきゃ、、でして。

胃管を観察するには、食事が残っていると観察不良ですので、「食べないで来る」のは必須。

時々胃カメラするっていうのに朝飯食ってきちゃう患者さんもいる、食道の術後だと朝飯くってくると
まあ検査できないので「今日はお引き取りください」「せっかくだし、きれいな状態で検査しましょうね」
になります。

論文ではかかなかったけど

胃管見るときって

心拍動がどっちから来るかで再建術式がわかるんですね

「ほら、後縦隔再建だと前からぱかぱかするのに

胸骨後再建だと後ろからぱかぱか動くでしょ~、人間の体ってすごいよね~」

って学生さんに教えてるのに、論文にかくの忘れてた。

術後内視鏡のすべて っていうのがテーマだったのに・・

書いてあったら、ああ~この先生は外科手術のことわかってるねえって、
外科医っぽい視点だよねえと。

読者がもっと感心したと思うのに。

「後縦隔再建、胸骨後再建か内視鏡でみれば分かるんです」

この一言を添えなかったのが痛い。





# by kenzaburou41 | 2019-09-27 19:03 | 他臓器重複癌 | Comments(0)