人気ブログランキング |

感染対策

感染対策しながら 内視鏡スクリーニング  
感染対策_b0180148_11050038.jpg

 いつ何時、コロナの方がまぎれるかもしれん。

 まずはこれでやってみよう。

 2020年4月3日~


# by kenzaburou41 | 2020-04-04 11:07 | COVID-19 | Comments(0)

コロナ予防



なるほど~



# by kenzaburou41 | 2020-04-04 10:55 | COVID-19 | Comments(0)

節酒の効果




節酒の効果_b0180148_10160518.jpgさて、「酒をやめさせる言葉」でございますが。

各家庭でご苦労絶えないかと存じます。

私がもらったご意見のなかでも、もっとも印象にのこった
コメントがこちら

「飲酒イコール即死」

でございます。







節酒の効果_b0180148_10161306.jpg←さらには病気をしてから普段のなにげない日常を
有り難くおもうコメントも。。。




とはいえ皆さん全員がこういう取組みをしているわけではなく


「酒のない人生なんて」

「タバコを吸わない俺なんて、、俺じゃない」


酒とたばこは、時に人に安らぎや豊かさ、笑いを届ける元になる。
だいじょうぶだあ~ だいじょうぶだあ~
志村けんさんを思い出します、、

節酒の効果_b0180148_10161783.jpg



 日本人の研究者が多施設で集まって、食道癌になった患者さんの
うち、酒を辞めるとどうなるか、を前向きに研究しまして。

その成果。

皆さん、それなりに効果があるんですけど。

もっとも効果があったのは一番→のまだら食道の方の群
ちゃんと言いつけ通り酒を辞めた人と
辞められなかった人では 次の食道癌の発生が3分の1に抑えられた

Katada C , et al Gastroenterology 2016; 151: 860-869

当然といえば当然ですが、
この「まだら食道」で酒を飲み続けて、癌ができない、とは到底思えないわけで。

人一倍、気を付けておくのが必要です。

のんだら死ぬぞ!

まではいかないですけど

ほどほどにしないといい加減に怒るよ チュッ ♥





 



# by kenzaburou41 | 2020-04-04 10:46 | You tube | Comments(0)

マスクしながら鼻カメラ

内視鏡学会から不要不急の内視鏡検査の延期を検討ください
っておふれがでまして。

大部分の内視鏡予約をキャンセル

救命救急や呼吸器内科、集中治療部、はコロナで大変

でも内視鏡や手術は延期とか中止になってて

今まで経験したことない環境。

しかし自分が感染してはならないので

「患者さんはみんなコロナと思って」検査をする

オエッとしない内視鏡を心がける

そこで、ケン三郎お勧めはやっぱり「ハナカメ」なんですけど

どうしてもやらなきゃいけないカメラはまだやってまして。 

密集、密接、密閉、うっ、、これ内視鏡室やん。

窓開けて、換気よくして、患者さんに声かけしないで、、さすりも控えて、、
うーん。

とかんがえてたら、そうだ、ハナカメなら口ふさいでもいいんだ!


患者さんにも検査中、マスクをしてもらうこと
にしまして。

咳き込んだりして出てきたコロナをできるだけ広まらないよう


てか効果あるかわからんけど。

まあ、全て中止ってが一番安全ですけど。。。


ハナカメの普及が広まりますように




# by kenzaburou41 | 2020-04-03 20:18 | COVID-19 | Comments(0)

お酒を辞める一言

お酒を辞める一言_b0180148_23523917.jpg← 全国のご家族が悩んでいることですね。


本人は大丈夫大丈夫、先生が良いって言ったし。。

家族は心配


これはしかし、食道がんが
進行癌か早期癌でも微妙に意味合いが異なります。

もし予後が悪いとわかっていて、5年生存率が90%なのか70%
なのか40%なのか20%なのか・・・

命に期限があるかも、、と突きつけれた状況で

「酒をのまない」=治る ならばいいけど
                               そうじゃない可能性もある。
 
                               あんなに早く逝っちゃうなら、お酒を辞めてって言わなきゃよかった
                               って家族に言われることもあって

    「食道がんが早期がんで、内視鏡治療で治った」

    これは、酒を控えるメリット=食道癌は転移しないけど、食道やのどの入り口にまた新しい癌ができるかもしれない。
   
    やめればリスクは3分の1に減る

    なら辞めましょう となるし 医師も控えた方がいいですよと言いやすい。

    さて「辞めようと思わせるだけの言葉」・・・皆さんどうしてますか?


    ぽちっとな



# by kenzaburou41 | 2020-04-03 00:10 | You tube | Comments(0)

かすれ声と食道癌

かすれ声と食道癌_b0180148_08020895.jpg


  ← 食道癌+かすれ声  


このパターンは食道癌が小さくて転移先のリンパ節が大きく、声を動かす反回神経に浸潤しているという状況

つかえ感も少ないので内視鏡を定期的にうけていなければ発見が遅れる可能性があります。











かすれ声と食道癌_b0180148_08022113.jpg





← 耳鼻科の先生が「もしかしたら食道がんから来てるかも・・・」と考えるのはいい耳鼻科医ですが頻度がすくないために、そこまで思いが巡る方は少ないのが現状です。






←悪いのは食道癌、ではなくて 「食道がんの中でも、たちが悪いもの」になってしまっ




かすれ声と食道癌_b0180148_08022643.jpg






←これはおかしいな、というのが続く場合は、もう一度同じ医師に相談にいくか、医者をかえたほうがいいでしょう。しかし「声がかすれてるのだから耳鼻科だろう」と思ってると食道がんのせいだったりして、残念ながら、診断がつくのが遅れるのは少なくないことです。我々も食道ばかりみていると肺癌ができたり、直腸がんができたり、ずっと先生にみてもらってたのになぜ?って言われることがあります。難しいところです。









# by kenzaburou41 | 2020-03-30 08:13 | You tube | Comments(0)

バリウム検査

バリウム検査_b0180148_21255978.jpgバリウム検査_b0180148_21265613.jpg

← 日本の検診システムの大きな問題。
































ここで 「バリウム検査は受けてはいけない」と言いたかったのですが
内視鏡検査のほうがいい、にトーンダウンしてます。

日本で多いのは胃癌ですから、バリウム検診は、胃癌の拾い上げのための
目的で検査をしており、下咽頭がんはがん検診の拾い上げの対象ではありません

でも、今内視鏡うけると胃癌だけでなく食道癌も咽頭癌も拾い上げられる
っていうメリットがありますから、酒のみの食道癌ハイリスクの方が
受けるべきは内視鏡です。

しかしこれが食道癌のリスクのないひともみーんな内視鏡を
希望してしまい、
すべて内視鏡検診になってしまうと、それに対応するだけのマンパワーがなく
まだバリウム検診も本邦では行われている現状です。

バリウム検査は技師さんができる検査、
内視鏡検査は資格をもった医師しかできません。

よって沢山一度に内視鏡検査ができる体制になれば
もっと救える人がいるのと、

がんのリスクがそれほどない人が毎年検査を受けてる

受けてない人に1回でも受けてもらい

あなたは危ないですよ、毎年受けて下さい

あなたはそれほどリスクがないから数年に1回でいいですよ

っていう割り振りができれば、多くの人に恩恵があるでしょう。

コロナじゃないけど重症者には、重点的に検査

お酒飲まない軽症者は自宅待機  


食道がんのハイリスクの方は内視鏡を受けましょう







# by kenzaburou41 | 2020-03-29 21:48 | ケン三郎に聞く質問コーナー | Comments(0)

メラノーシスと食道癌

Q1への回答。

内視鏡のときの問診票を見直しましょう。メラノーシスと食道癌_b0180148_09020234.jpg

消化器内視鏡やるときには 軟口蓋の
メラノーシスに気を付けよう

メラノーシスと食道癌_b0180148_09015579.jpg
# by kenzaburou41 | 2020-03-29 09:05 | ケン三郎に聞く質問コーナー | Comments(0)

チャンネル開設?

3時間半ですか、皆さんリアルタイムで

ごらんいただいたかた たくさんの声援を有難うございました。

見逃したかたはこちらから ↓ お手すきのときにごらんください。




# by kenzaburou41 | 2020-03-29 08:57 | You tube | Comments(0)

サルベージCRT

食道癌が手術のときに取り切れなくて、気管に一部が
残ってしまったときに、あとからケモラジはどうなんでしょう?

のお答え、追記です。

↓うちの施設の成績です。

2015 Jul;28(5):460-7. doi: 10.1111/dote.12217. Epub 2014 Apr 9.

Salvage chemoradiotherapy for locally advanced esophageal carcinomas.

Abstract

'Salvage chemoradiotherapy (CRT)' was introduced in 2005 to treat thoracic esophageal carcinomas deemed unresectable based on the intraoperative findings. The therapeutic concept is as follows: the surgical plan is changed to an operation that aims to achieve curability by the subsequent definitive CRT. For this purpose, the invading tumor is resected as much as possible, and systematic lymph node dissection is performed except for in the area around the bilateral recurrent nerves. The definitive CRT should be started as soon as possible and should be performed as planned. We hypothesized that this treatment would be feasible and provide good clinical effects. We herein verified this hypothesis. Twenty-seven patients who received salvage CRT were enrolled in the study, and their clinical course, therapeutic response, and prognosis were evaluated. The patients who had poor oral intake because of esophageal stenosis were able to eat solid food soon after the operation. The radiation field could be narrowed after surgery, and this might have contributed to the high rate of finishing the definitive CRT as planned. As a result, the overall response rate was 74.1%, and 48.1% of the patients had a complete response. No patient experienced fistula formation. The 1-, 3-, and 5-year overall survival rates were 66.5%, 35.2%, and 35.2%, respectively. Salvage CRT had clinical benefits, such as the fact that patients became able to have oral intake, that fistula formation could be prevented, that the adverse events associated with the definitive CRT could be reduced, and that prognosis of the patients was satisfactory. Although the rate of recurrent nerve paralysis was relatively high even after the suspension of aggressive bilateral recurrent nerve lymph node dissection, and the rate of the progressive disease after the definitive CRT was high, salvage CRT appears to provide some advantages for the patients who would otherwise not have other treatment options following a non-curative and residual operation


たった27例、「前向き研究」ではありませんが、手術で癌が残ってしまった方にケモラジを追加することのメリット。

1)ご飯が食べられることが確保できる 家に帰る道がつく。

2)瘻孔形成や大出血をとりあえず回避できる。

3)まだ治療としてCRTが残ってる。 

4)照射範囲を絞り込みができる 余計な照射をしなくてすむ。

小さく残ったところに照射することでCR48%で5年生存も35%だから悪くない。もちろん

いい症例を選んで手術をしているのでバイアスはありますけども。。。


とれるかとれないか分からなくても手術を選択する意義はある。


残ってしまってもまだまだあきらめないで!


ぽちっとな





# by kenzaburou41 | 2020-03-28 19:52 | 放射線治療 | Comments(0)

You tuber ケン三郎

3時間半の長丁場を見て頂いて有り難うございました。

胃癌の事を勉強してなくて,食道バカになっていることを痛感しました。

4月からは食道胃外科として再出発します

新しく気持ちも入れ替えて、さあがんばろう

まだまだやることが沢山ありそう~コロナに負けるな


# by kenzaburou41 | 2020-03-28 19:10 | 食道がん患者会 | Comments(0)

患者さんからの質問コーナー

患者さんからの質問コーナー_b0180148_11230334.jpg
これまでブログに頂いた質問を中心に


1)内視鏡室に若くてきれいな看護師さんをそろえる
2)問診票を活用する
3)バリウム検診を辞めて頂く

答えは? 

ぽちっとな

あと2時間ちょっとで始まりますよ~
こちらからどうぞ



# by kenzaburou41 | 2020-03-28 11:24 | ケン三郎に聞く質問コーナー | Comments(0)

公開講座

明日の食道癌の市民公開講座、ウェブ開催


14~18時

ケン三郎の大親友が出演します。

お楽しみに


# by kenzaburou41 | 2020-03-27 17:07 | 食道がん患者会 | Comments(0)

公開講座

明日の食道癌の市民公開講座、ウェブ開催


14~18時

ケン三郎の大親友が出演します。

お楽しみに


# by kenzaburou41 | 2020-03-27 17:07 | 食道がん患者会 | Comments(0)

市民公開講座

慶応大病院(東京都新宿区)は26日、新型コロナウイルスの感染者が4人確認されたことを明らかにした。毎日新聞の取材に答えた。いずれも入院中の患者で、同じ病室に入っていた。このうち1人は院内感染が起きていた他の医療機関から転院してきた。転院時は症状はなかった。

↑ 報道早いです。

28日はここで市民公開講座の予定でした・・


# by kenzaburou41 | 2020-03-26 20:47 | 食道がん患者会 | Comments(0)

WEB会議

土日は不要不急の外出は避けよってことで
さあどうする、市民公開講座、中止か,延期か

いえいえ、我々には文明の利器がございます。

ユーチューバーの先生にご指導頂きながら、
講師の先生とネットをつないでウェブ会議の形で開催できそう

ってことで今日はそのリハーサル

皆さんと初めましてのご挨拶をしまして
スライドを投影して、ご意見いただくってことに。

自宅で待機の方、
3月28日土曜日の午後2時から4時まで

リンクはのちほどお伝えします

今回は食道癌の特集でございます

お楽しみに!!



# by kenzaburou41 | 2020-03-26 20:15 | 食道がん患者会 | Comments(0)

不要不急

「不要不急の外出を避けるように」

来週は外来も止めなきゃなんねえですかね、、、

新年度にもなりますし、、体制整えるには
いい機会かも


# by kenzaburou41 | 2020-03-25 21:50 | 食道がん患者会 | Comments(0)

ユーチューバ―

ケン三郎がユーチューバ―になって質問にお答えする

っていう企画が今度の土曜日にありまして

今までブログに頂いた質問を集めて準備中

今未だ忙しさにかまけて、後から振り返ると
質問にこたえてなかったりで反省。。。

大きくわけて
1)食道がんになるのが心配

2)食道がんといわれて、どこでどういつ治療をうけるのがいいか悩んでいる

3)抗がん剤、放射線治療のつらさ、手術より大変かも

4)手術後いくらたっても元に戻らないしんどさ

の4通り

でございまして、特に術後慢性期のすごしかたや、抗がん剤の副作用への対処法

などは患者さん同士で語り合ってもらった方がいいのかも・・・

オリンピックは延期になっちゃったけど

患者会はやりたいなあ~




# by kenzaburou41 | 2020-03-25 00:23 | 食道がん患者会 | Comments(0)

ニボルマブ治験の結果

Nivolumab versus chemotherapy in patients with advanced oesophageal squamous cellcarcinoma refractory or intolerant to one prior chemotherapy
(ATTRACTION-3): a randomised, openlabel, phase 3 trial

Kato K, Cho BC, Takahashi M, Okada M, Lin CY, Chin K, Kadowaki S, Ahn MJ, HamamotoY, Doki Y, Yen CC, Kubota Y, Kim SB, Hsu CH, Holtved E, Xynos I, Kodani M, Kitagawa Y, for theATTRACTION-3 Study Group

Lancet Oncol. 2019 Nov;20(11):1506-1517

2016 年 1 月から 2017 年 5 月まで 419 例(ニボルマブ群:210 例、化学療法群:209 例)が登録された。全生存期間中央値は、標準化学療法群 8.4 か月(95%信頼区間 7.2–9.9 か月)に対して、ニボルマブ群10.9 か月(95%信頼区間 9.2–13.3 か月)であり、全生存期間におけるニボルマブ群の優越性が証明された(ハザード比 0.77、 95%信頼区間 0.62–0.96、p=0.019)。PD-L1 発現割合別の解析では、その発現割合に依らず、ニボルマブが上回る結果であった。一方、無増悪生存期間は、標準化学療法群 3.4 か月(95%信頼区間 3.0–4.2 か月)、ニボルマブ群 1.7 か月(95%信頼区間 1.5–2.7 か月)、ハザード比 1.08(95%信頼区間 0.87–1.34)と、有意差を認めなかった。両群とも 50%以上の症例で後治療が行われた。ニボルマブ群における主な有害事象は、皮疹(11%)、下痢(11%)、食欲不振(8%)、標準化学療法群では、脱毛(47%)、好中球減少症(37%)、白血球減少(35%)であった。 治療に関連する重篤な有害事象発生割合はニボルマブ群、標準化学療法群でそれぞれ 16%、23%、治療関連死亡は 1%ずつ認めた。

>>この結果から2次治療にゴーサイン



# by kenzaburou41 | 2020-03-23 21:40 | 新しい治療法 | Comments(0)

毎年バリウム辞めて

毎年バリウム検診うけてました

ていう患者さん

下咽頭に病気が見つかりましたという・・・

胃はピロリ陰性。

うーん

いい加減、バリウム検診

もう辞めてほしい。


# by kenzaburou41 | 2020-03-23 21:26 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

ごくさい

おかんがなあ、名前忘れたちゅうねん、なんやったかなあ

新品が発売されたっていう、、

その特徴をいうてみい、一緒に考えてあげよう

おかんがいうにはなあ、その内視鏡は鼻を通過することのできる内視鏡やていうんや

それ、ハナカメや、その特徴は鼻カメやろ

ちがうねんて、鼻からも口からも通るからハナカメとちがうらしいねん

口からいれてもおえおえしにくいっていうくらい細いカメラやねん

そんなカメラあったかなあ、、もうちょっとその特徴いうてみて

なんでもH290と同じ画質でしかもNBIもついてて、もう太い必要がないねんて

がん検診にはもってこいのカメラらしいで。

うわ~、そんなカメラがでたんか、ついに、、それは患者さんには大きなメリットやろ、

苦しい検査は続けられんやろ、バリウムものどの癌を見落とすから、

辞めてくれやってずっとおもってたんや~

でもハナカメとちがうって、、なんやろなあ

おトンが言うにはな「ごくさい」っていうらしいで ごくさい??

どんなん?はよ、、うちの病院にも持ってきて

オリンパス(株)は,低ノイズなハイビジョン画質を実現した極細径の上部消化管汎用スコープ「GIF-1200N」を2020年3月4日(水)から国内で発売する。

近年,内視鏡検査における挿入時の苦痛軽減のため,鼻からの挿入も可能な極細径内視鏡の需要が高まっている。一方で,内視鏡の細径化と高画質化の両立は高い技術を必要とするため,長年課題とされてきた分野であった。今回発売するGIF-1200Nは,新型CMOSイメージセンサーの搭載と,これまで同社が培ってきた内視鏡組み立て技術により,先端外径5.4㎜の細さを維持しつつ,明るくノイズの少ないハイビジョン画質を実現した。

※オリンパスは今後,ハイビジョン画質かつ極細径の内視鏡について,「GoXai(ゴクサイ)」という愛称を採用していく。この愛称には,「細さを極める(極×細)」,「彩を極める(極×彩)」という意味が込められ,挿入時の負担の少なさ,検査画像の鮮明さにより,患者さんと医師双方のスムーズな検査実施に貢献する。


ぽちっとな


# by kenzaburou41 | 2020-03-20 17:27 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

328市民講座

食道がん&消化管がん(胃、大腸)公開セカンドオピニオン
質問募集登録フォーム
慶応大学医学部第6回市民講座&第56回NPO法人宮崎がん共同勉強会東京支部会
日時:2020年3月28日土曜日、14:00ライブ動画開始 16:00終了予定
場所: 慶応義塾大学医学部研究棟1階ラウンジ
諸般の事情でweb配信のみです
講師
浜本 康夫(慶應義塾大学病院腫瘍センター 副センター長)
押川 勝太郎(宮崎善仁会病院 腫瘍内科医)
轟浩美(スキルス胃がん希望の会理事長)
特別ゲスト
古畑ケン三郎先生(食道癌のブログ・管理人)
松原重征先生(長野県立信州医療センター薬剤部・薬剤師)

今回は専門の患者会も少ない食道がんに焦点を合わせました。
今回は食道がんをメインに公開セカンドオピニオンをおこないます。
食道がんは内視鏡治療、手術療法、薬物療法、放射線治療、緩和ケア、後遺症対策、社会復帰支援、在宅支援など、本当に多岐にわたる問題と対策が必要とされています。
無料&匿名で専門家に質問可能なのですから、こんな貴重でお得な機会はめったにありません!
当日のライブ動画配信中も質問は受け付けますが、事前に質問してもらった方が万全の準備ができます。
特にケン三郎先生は10年以上「食道癌のブログ」を継続している超イケメン食道がんの超プロ外科医、松原先生は貴重な「がん薬物療法認定薬剤師」で患者薬剤指導も熱心なリーダー的存在です。
もちろん胃がん、大腸がんに対しての質問も大丈夫です。
あるいは他のがん種に関しても時間が許す限り取り上げます。
もし当日取り上げる時間がないときは、後日押川勝太郎がYouTube動画にて回答します。
プログラム
14:00 主催者挨拶
14:10 上部消化管がん公開セカンドオピニオン(Facebook、YouTubeライブ動画配信)
16:00 公開セカンドオピニオンライブ動画配信終了予定
※質問のある方は詳細な診療情報がある方が具体的な助言ができます。
ただし診療情報は4〜5行ぐらいにまとめて記載をお願いします。


↑こんな感じです。 当日は握手会はございません。あしからず・・ぽちっとな

# by kenzaburou41 | 2020-03-20 10:41 | 食道がん患者会 | Comments(0)

市民講座

3月28日の慶応での市民講座は会場に

人を入れずに、ウェブから配信という形になります。

質問を募集しております


この3連休を使ってお申込みください。

どしどし

どしどし






# by kenzaburou41 | 2020-03-20 10:25 | 食道がん患者会 | Comments(0)

食道胃外科

4月から食道外科はおとりつぶしになり

食道胃外科として活動することになりました。

6人いた食道専門家が4人に減り

事業も今まで通りとは行きません


新しい若い人が回ってくるので

この伝統の継承を見届けたいとおもいます。



# by kenzaburou41 | 2020-03-17 19:57 | ひとり言 | Comments(0)

医者を目指す

おもえば鹿児島から東京にでてきて

慶応に落ち

九大にも落ち

ああ、もうこの大学が最後の試験・・・

背水の陣、といっても現役の高校三年生

青かった~

医者になるんだ

外科医になるんだ

食道外科医になるんだ

っていろんなとこで選択があって

いきついた先が咽頭食道オタク

1989年には全くかんがえもつかない選択肢

希望が変わってもいいんです


# by kenzaburou41 | 2020-03-12 20:00 | ひとり言 | Comments(0)

文京区食道疾患検討会

文京区に食道癌のハイボリュームセンターいっぱいあるから

検討会でもやればいいのに

と思いつつ、、、



# by kenzaburou41 | 2020-03-11 20:06 | ひとり言 | Comments(0)

食道疾患症例集

「九州食道疾患症例検討会」

20年来、治療困難症例を集めて九大、熊大、鹿児島大
中心に検討会をされてて

その症例集が2019年6月に発刊されてまして。

タイトル「続・食道疾患症例集 こんな時どうする?」

え?たったの3500円??

安い!

この本は食道外科医 買わなきゃ~

お求めはこちらから

# by kenzaburou41 | 2020-03-10 20:24 | 研修医のみなさんへ | Comments(0)

T3.5

切除可能(T3)と思って抗がん剤治療やってたら、効かなくて
切除できるかどうかわからない、切除不能(T4)かもしれない。

う~ん、、

きれいにとれるか分かりませんけど手術しようとおもいます。

これをT3.5とよんでいて

きれいにとれることもあれば

やっぱりとれないこともある

じゃあ早く手術してくださいよ

といっても、禁煙守れてなかったでしょう?

栄養とれてないでしょう?う~ん、、できればいい条件で手術したいのに。。

手術しない場合は、放射線治療、抗がん剤、さらにはオプジーボ、ステント、緩和ケア
いろいろ選択ありまして

選べる方法も人それぞれ・・

いくつになっても悩ましい






# by kenzaburou41 | 2020-03-10 19:11 | 切除不能進行癌 | Comments(0)

質問いろいろ

28日の市民公開講座、人を集めて、、というのはおご時世難しいようで

ウェブ講座にして質問にこたえる、って形になりそうです。

目指せ‼エガちゃんねる ってもう180万人も登録されてるんですね



江頭さんの人柄に毎日笑いを届けてもらってまして

いろいろ人生つらいこともあるけど
食道癌の患者さんの心のオアシス目指して
やっぱりがんばんなきゃ~と。

今まで「食道がんのブログ」の質問290件くらいあって、
その前の2007年~アメーバブログでも
たくさん質問もいただいて、、あのブログが消えたのが
今でもほんとに腹立たしい

一つ一つを振り返りますと、まあ
時代時代で治療法も変わりますし器械もよくなったりですけど

最終的には人と人の心の通じあう医療

ロボットなんかにまかせらんねえ

っていうことです。

28日公開講座にむけて質問どしどし募集中~





# by kenzaburou41 | 2020-03-07 19:25 | ケン三郎に聞く質問コーナー | Comments(0)

筒井伸輔さん

筒井伸輔さん(つつい・しんすけ=画家)2020年2月24日、食道がんで死去、51歳。

葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻智子さん。

父は作家の筒井康隆さん。12~13年、朝日新聞に連載された康隆さんの小説「聖痕」で挿絵を担当した。


# by kenzaburou41 | 2020-03-02 20:16 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)