人気ブログランキング |

カテゴリ:講演録( 174 )

内視鏡外科学会

明日から福岡の内視鏡外科学会

真面目に参加してれば今頃は鏡視下手術の第一人者みたく
壇上に上がれたかもしれないけども

とにかくあの時代、鏡視下手術がまだまだ手順だのが安定せず

試行錯誤の日々で

いやあこれは患者さんにもうしわけない

なんて思っちゃいけないけども

今はどの施設も当たり前に鏡視下手術に取り組む時代で

明日もなんか吸収して帰りたい

九州だけに




by kenzaburou41 | 2018-12-06 00:05 | 講演録 | Comments(0)

京都講演

3連休の中日に京都に講演にでかけてまいりました。

咽頭食道を私、食道と胃をもう一人、若手の有名な先生とご一緒。

胃のことは診断よくわかってないところもあって

どうやって胃癌のスクリーニングしていくかの細かいお話しを聞きまして。

胃癌の拡大内視鏡LBC,WOSなどの所見やら

リンパ腫にみられるツリーライク血管

除菌は、腺腫があるとわかりにくくなるので、よく考えてから除菌したほうがいい

前庭部のⅡcは深読みしがちなので気を付ける

胃癌の0-Ⅲは深達度診断難しい、まずはPPIで治療してから

などなど たくさん症例積んでるからこそ言える、現在のトレンド。

手術も開胸開腹から左側臥位、腹臥位、縦隔鏡とどんどん変遷していくけども

内視鏡診断、治療も日々進化していくのを痛感。

そう思うと、いくらでも勉強はできるし、やりすぎることもない。

好奇心を持てば

外科医であり内科医であり耳鼻科医であり

と二刀流、三刀流もいけるかな

ますます勉強が必要やわあ

勧められた本買おうっと



by kenzaburou41 | 2018-11-26 23:17 | 講演録 | Comments(0)

年間30件

食道癌の治療の取材を受けて

やっぱり年間食道ESD30件
がある程度やってる病院の指標
ということらしく

そうしますと都道府県に1ないし2施設

あればいいほう

しかし我が文京区にはそういう病院が4つもある。

いいのか悪いのか

文京区食道癌センター じゃないけど
治療困難症例集めて いいこと考え抜いたら
さらにいい治療できそう、、

それはさておき

明日は京都、メルバルク京都 5階 会議室
にて夕方オリンパスのセミナーに伺います。

17時ころ登壇予定でございます。

京都の皆様、よろしゅうお頼み申します。


by kenzaburou41 | 2018-11-23 10:35 | 講演録 | Comments(0)

告知2

ちなみに北陸支部会ではケン三郎が登壇いたします~

冬の北陸に初めてお呼ばれしました。

ありがたや~

ケン三郎 経鼻内視鏡をこつこつやってきてよかったです。

是非是非お申し込みください!

by kenzaburou41 | 2018-11-15 18:05 | 講演録 | Comments(0)

告知

第37回日本消化器内視鏡学会関東セミナーを下記の要領で開催いたします。
お席にまだ余裕がございますのでまだ参加登録をされていない方は奮ってご参
加ください。
支部セミナーまたは学会セミナーの受講は専門医の新規申請および更新に際し
て、必須となっております。
特に2019年度専門医更新の先生で、2014年3月以降、支部セミナーも学会セミナ
ーも受講されていない先生は、更新条件を満たすためにも是非ご参加ください。
(指導医更新の際の必須セミナーではありませんので、ご留意ください。)
お申し込みはこちらから
会長:有馬 美和子(埼玉県立がんセンター消化器内科・内視鏡科)
会期:2019年1月20日(日)
会場:ソニックシティ(埼玉県さいたま市) TEL:048-647-4111
アクセス(大宮駅西口より徒歩5分)

テーマ:内視鏡診断と治療-基礎から応用へ
定員:1200名
対象者:日本消化器内視鏡学会専門医、希望する会員・その他
受講料:日本消化器内視鏡学会会員 10,000円  非会員 15,000円

ケン三郎も朝一で座長を務めさせていただきます。
こんな大きな会で座長だなんて、、、感無量です。




by kenzaburou41 | 2018-11-15 18:01 | 講演録 | Comments(0)

鹿児島講演

第74回九州消化器内視鏡技師研究会に昨日お呼ばれしまして
わがふるさと鹿児島、宝山ホールにて講演をしてまいりました。

内容は
「大酒家のためのNBI経鼻内視鏡活用術」
でございます。

NBIとケン三郎?

まじか、フジッコじゃなかったのか

全国のフジユーザーの皆様、人生にはいろいろございます

経鼻内視鏡の普及には大手メーカーの協力が
必要でございます。

経口から経鼻にかじを取れ

その最先鋒におりまして

しかしっ。

「宝山」というと、焼酎メーカー

ここでお酒を控えてください、の話?

そうきたか、宝山って富乃宝山、吉兆宝山の宝山っ?

TPOを踏まえましょう

お好きな方には特に経鼻内視鏡がお勧めですよと。

酒のみを鎮静剤を使って寝かせてるのはもったいない

背中をさすって心の通った内視鏡を心がけましょう

ご好評をいただきました。

2018年11月

5回目の鹿児島講演でございました。

いつきても故郷は温かく見守ってくれる

嫌なことがあっても、つらいことがおきても
ふるさとに帰れば、すーっと心をいやしてくれる

有り難いことでございます。

また頑張れる

そういう気持ちで朝を迎えました

関係者の方々、お気遣いに感謝いたします。






























by kenzaburou41 | 2018-11-11 10:46 | 講演録 | Comments(0)

気管食道学会70回

食道外科医だったら

明日まで品川でやってる第70回日本気管食道学会

勉強になりまっせ~

今話題のオプジーボ

それとキートルーダ

いつかきっと食道癌に使えるようになるだろうお薬

明日のランチョンもその話が出てきます。

仕事休んでも行く価値あるぜよ


by kenzaburou41 | 2018-11-08 23:36 | 講演録 | Comments(0)

鎮静をめぐる諸問題

学会の午後は「鎮静をめぐる諸問題」
っていうセッションに

「経鼻内視鏡で鎮静しない立場から」
発表してまいりました。

クリニックとか大学病院

二度と検査を受けたくないと思わせないように
ぐっすり薬で寝かせて、気付いていたら終わっていた

というのが患者さんにはありがたいかもしれませんが。

経口内視鏡でがっつり寝る方法では
咽頭領域を充分広く観察できないので
食道癌の患者さんには、のどを通るまでは鎮静しませんよ

のどを通る時に
「う~っ」と発声させない、
ほっぺたぷーっと膨らまさない内視鏡医には
診てもらわない方がいいですよ

というのがケン三郎の主張。

あとは鎮静するけどどうやって工夫しているか?

鎮静に関しては適切な鎮静ってことで
6年前に発行された「鎮静ガイドライン」があって

基本は、鎮静するならモニタリングをしっかりする事

ごく稀に、キシロカインのアナフィラキシーショックになることが
あるので、万が一に備えて緊急事態にすぐ対応できるように
準備しておくこと

患者さんにその稀に起こるショックのことを話しておき
文章で同意書を得ていないと裁判で負ける事があること

食道癌の患者さんによくあるのは酒のみすぎてて
鎮静剤が全然効かず、大暴れする方がしばしばいること

こうしたかたの対応策。

一度ガイドライン読んどかなきゃ、、


キシロカインはもちろん
内視鏡にまつわる薬剤も
その特性をよくしっておかねばっ

ねばっ~





by kenzaburou41 | 2018-11-04 01:19 | 講演録 | Comments(0)

オリンパス エンドスコピーセミナー神戸

告知です、来週木曜日ですが
オリンパスエンドスコピーセミナー 神戸

「最新の経鼻大腸内視鏡スクリーニング検査」ということで
ケン三郎と国立がんセンター東の「せごどん」こと池松弘朗先生が
登壇いたします。

場所は三宮研修センター10階 1005会議室 19時~21時

で、昨日はその第一弾として札幌で講演してまいりました。

会場には食道癌の手術を受けた患者さんもいらしてて

エールを送っていただきました。ありがたやっ

神戸の方々、来週木曜日お時間ございましたらぜひ
お越し下さい 

ケン三郎は19:05~20:00でお話いたします~


by kenzaburou41 | 2018-10-12 12:46 | 講演録 | Comments(0)

札幌講演

告知です、フジッコのケン三郎ですが

オリンパスからまたまたオファーがございまして

札幌、神戸、京都、富山を回ります。

経鼻内視鏡普及、全国行脚の旅でございます。

来週は札幌。

今年はつい先日、恵佑会札幌第二病院の高橋院長にも
お声がけいただきましたが

今度はNBI経鼻内視鏡をひっさげての登板でございます。

日時:2018年10月11日[木] 18:30〜20:00

場所:札幌パークホテル テラスルーム 
講演時間:40分(講演35分+質疑5分)

しかも、大腸のスクリーニングとセットで
国立がんセンター東病院の池松先生とコラボでございます。

札幌の皆さん、来週木曜日にお会いしましょう




by kenzaburou41 | 2018-10-06 11:57 | 講演録 | Comments(0)