人気ブログランキング |

カテゴリ:手術前にやっておくべきこと( 20 )

やるなら今しかねえ

最近はステージⅡ食道癌に術前化学療法を
やってから手術

というのが定着しつつあり

化学療法やってる間は、禁煙期間を
つくれるので、手術前3ヶ月くらいから
禁煙を始められるケースも増えていて

これも手術合併症を減らす要因に
なるのかも


「術前は少なくとも3ヶ月くらい
は禁煙してもらったほうがいいでしょう」


「では、もし,病院をぬけだして
隠れてタバコを吸いに行ってたらどうしますか?
手術延期しますか?」


しかし、進行して食道癌が取れなくなったら
マズイし、、、いや放射線を今使う?
使わなくても今なら取れるでしょう、、

と。

どっちを選ぶ?

よりも3つの治療
抗がん剤、放射線、手術

いつ、どう使いますか?

という時代になりつつあります。

手術日がのびのびになって
「早く手術しなきゃ進行しちゃわないですか?」
と心配な方は

きっちり禁煙を守って
来るべき勝負の日に備えましょう

禁煙、始めるなら今しかねえ

66の親父の口癖は〜

やるなら今しかねえ〜

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-26 08:00 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

禁煙指導

神戸のJDDWに行って来ました。

食道癌周術期

やっぱり大事なのは禁煙で

辞められなかった人が高率に肺炎をきたし
吸わない人より相当合併症を引き起こす

昔から言われていることだけど

辞められないなら手術はできません
ケモラジにしましょう

くらい厳しく言ってもいいのかも

とはいえ人間、急にその習慣を
辞められるかというと

「ちょっとくらいいいだろう」

その油断が命取り。

医者はしっかり禁煙を薦めなくては。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-26 00:46 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

口腔ケア

食道癌の手術前にやっておくべきこと

第一に禁煙

第二に禁煙

第3に口腔ケア

「とにかく急いで手術してください」
と焦る患者さん,ご家族いらっしゃいますけど

いやいや今に癌が急にできたわけではないし
これまで放置してたわけですから、、
安全に手術をするためには
充分な準備をしなくてはなりません。

禁煙が守れないなら手術は永遠に先伸ばします!
どこか他の病院に行ってもらって結構です。

とにかく強く言わなければ
自分が治療の中心になって
絶対治すんだという気持ちのない
患者でなければ一緒に戦えないぜよ!

禁煙と一緒に大事なことは口腔ケア
で口腔内にはなんと800種類の
最近が住んでいて

デンタルプラーク1がたり
なんと250000000000個?
の口腔内細菌がいるという。

その濃度は大便と同じ!で
口腔内が不潔だと唾液にも
100000000/ml細菌が住むという

口腔ケアをしっかりすると
肺炎の予防にもなる

口腔ケアとは歯だけでなく舌や義歯の清掃が必要で
時に歯石はブラッシングでの除去が不可能なため
歯科での専門的な口腔清掃が必要である。

食道癌患者さんは術前にかならず歯石を
きれいに落としてもらうこと。

菌が何層にもかさなって強固に歯面に
付着して基質に覆われる=バイオフィルム
これは抗菌剤やうがい薬だけでは除去
できません。

また長期間経口摂取をできない
患者さんにも舌の表面に舌苔といわれる
白、もしくは黄色、黒い付着物が
載っている事があります

これの一部は粘膜上皮由来の角化物だけどその
他は細菌の塊であったりバイオフィルムなので
感染の予防に舌苔もブラシでしっかり
落とす必要があります。

よってちゃんと口腔ケアができてるか?

ベロをベロンとだしてきれいになってるか
を確認しなくてはなりません。

口の中だけでなく鼻腔もケアして
戦いに行く前には
意識的にきれいにするんだ、
これから食道癌を倒しにいくんだ

そういう強い気持ちで向かって行かねば。

みなさんファイト!

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-09-25 23:27 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

禁煙せずに手術

日本中、今や食道癌の患者さんの手術というと

歯科衛生士の口腔ケア
理学療法士の呼吸訓練,嚥下訓練
NSTの経腸栄養指導
などなど「患者が主役」で
みんなでサポートしよう

1%でも死亡率を減らそう

と同じ方向を向いているにも関わらず

たばこを辞められない方がいて。

病室を訪れてもいつもいない

病院にタバコをもちこみ
隠れて吸う、においでわかる

術直前までタバコ

口では吸っていません、
やめましたと言っておきながら
手術に向かおうという方がいる。


術後予想通り肺炎、肺が真っ白になり、
息が苦しい、止めども無く痰があふれ
酸素を吸っても苦しい


真面目にタバコを辞めて
手術の準備をしておくんだった

と思っても、後戻りできない


自分だけの呼吸では苦しいので
再度人工呼吸器をつけて、器械の
呼吸補助をうけ

2週間たっても改善がなければ
気管切開をおき、のどに穴があいた
状態で過ごすことになる

命はたすかっても
体力が相当落ち、足もやせ細り、、


手術がうまくいくには
患者さん自身が、食道癌という難敵に
向き合い

なんとか克服しようと
正面から立ち向かわねば

いい結果は産まれない

あなたを守るのは
あなた自身の強い心

禁煙が一番大事っす


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-01-15 23:07 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

85歳で手術

食道にSM2癌がみつかり。

うーん、通常なら手術だけど、85歳。

心肺機能は正常、認知症もない

さてどうしましょう

手術はまず大変ですし、、

すでに平均寿命超えてますし、、

まずESDでいいでしょうか、、、


とお勧めし。

「しかし、病理結果で深いと分かったら
私は,出来る限りの治療を受けたいと
思います」

60歳くらいで追加治療が必要と
いわれて手術を躊躇する人もいるのに

85歳で手術してもいい、できるだけ
癌を克服したい、くいのない治療を受けたい
という方もいる。


一方で80を超えたら手術はしないほうが
いい、という外科医もいる。

人生いろいろ

生き方いろいろ

治療を受けたいか、そうでないか、
最終的にはその人の気持ち次第。

そっとその人生に寄り添う食道外科医であるべし

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-12-22 09:44 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

歯磨いたか?

複数の細菌が固まり、ぬるぬるとした状態になった「バイオフィルム」。口の中のバイオフィルムは、虫歯や歯周病だけでなく、肺炎など重い全身の病気の原因になることもある。

 ◆菌の集合体

 東京歯科大の奥田克爾(かつじ)名誉教授(微生物学)によると、バイオフィルムであるデンタルプラークは複数の細菌の集合体だ。バイオフィルムは、細菌が周囲にねばねばした物体を作って個体がくっつき合い、集団になったもの。実はバイオフィルムは身近な存在だ。「台所やお風呂場の掃除をさぼると出てくる、ぬるぬるしたものも細菌の固まり、バイオフィルムです」(奥田名誉教授)

 注目されているのが、口の中のバイオフィルムだ。人の口の中には500種類を超える細菌がいるという。奥田名誉教授は「口の中の細菌は、唾液成分や歯と歯茎の隙間からにじみ出る成分を栄養源にして繁殖する」と指摘する。バイオフィルムは、ねばねばした膜で包まれているため、抗菌剤や免疫機能が効きづらいという特徴がある。

 口の中のバイオフィルムには、虫歯の原因となるミュータンス菌や、歯周病の原因となる細菌も集団で潜んでいる。その中で、全身疾患に関わりがあるとして注目されているのが歯周病原細菌だ。

 歯周病は主に歯周病原細菌によって起こる。歯の周りのバイオフィルムが、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)を作る。炎症を起こして歯茎が赤く腫れるほか、出血が見られることもある。進行すると歯周ポケットが深くなっていき、歯を支えている組織に炎症が及ぶ。すると、口臭が発生し、歯を支える骨が溶けて歯がぐらつき、かめない状態になる。

 ◆高齢者は注意

 歯周病は日本人成人の7割以上がかかっているとされる。歯周病原細菌が関わっている病気で、高齢者が特に注意したいのが誤嚥(ごえん)性肺炎だ。

 誤嚥性肺炎は、歯周病原細菌などが唾液とともに肺に流れ込んで起こる疾病で、高齢者に多く発症する。通常は、唾液と一緒に飲み込まれた細菌は胃液によって「殺菌」される。寝ているときも唾液を飲み込む「嚥下(えんげ)反射」が起こり、細菌の気道への侵入を防いでいる。

 元気な人なら、せきなどによって細菌を排除できる。また、気道粘膜に生えている細かい繊毛(せんもう)によって唾液が肺に流れ込まないようになっている。しかし、高齢者は嚥下反射が低下しているため、細菌が肺や気管支に入り込んでしまうという。奥田名誉教授は「高齢者になると免疫力が低下し、抗菌作用のある唾液の量も少なくなり、歯周病になりやすくなる」と話す。

 歯周病原細菌が関係している可能性がある病気では、脳血管障害や心疾患のほか、糖尿病や低体重児の出産との関連も報告されているという。

 慶応大の中川種昭教授(歯科・口腔外科)は「歯周病原細菌が歯茎に入り込むと、歯茎を通る血管を通じて全身に回ってしまう」と説明。「口の中の細菌をコントロールするケアは、予防にも、治療後の再発を防ぐためにも重要だ」と指摘している。

 ■眠る前のケアが大事

 口の中のバイオフィルムの予防には、毎日の歯磨きなどのセルフケアと専門家による定期的なチェックが重要だ。

 中川教授は「特に眠る前のケアが大事」と話す。バイオフィルムは、口の動きが少なく、刺激によって出る唾液の少ない睡眠中に増加。さらに、薬剤や免疫機能が効きにくいという。このため、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシで物理的に除去するのが有効だ。歯ブラシが届かない部分のケアには、抗菌性の高い洗口剤を日常的に使うと効果が高い。バイオフィルムが歯石になってしまうと自分で除去するのが難しく、歯科医院で除去してもらう必要がある。
by kenzaburou41 | 2013-02-07 12:59 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

協力してほしいこと

手術を受けてもらう患者さんに協力してほしいこと。

1)禁煙を守ってほしい

タバコを手術の直前まで吸っていると自殺行為です

肺炎、無気肺、人工呼吸器関連肺炎、ARDS
呼吸器合併症がもっとも怖い合併症です

2)やせてほしい

手術時にお腹の脂肪がたくさんついていると
リンパ節郭清がものすごくやりにくく
きれいな手術ができません、血もでやすく
難易度もあがります、適度に運動して
手術に備えましょう

3)呼吸の訓練をしっかりと

肺炎の予防には肺を事前に鍛えておく
必要があります。

美木良介のロングブレスダイエット

おそらくあれはかなり呼吸訓練にもなるし
ダイエットにもなりますから明日からでも
始めましょう

4)歯医者に行く

口腔内ケアがものすごく重要です、
歯垢、歯石をきれいに取ってもらい
歯磨きを一日5回やりましょう

5)アルコール依存を減らす
食道癌患者さんの3人に1人はアルコール
依存症です。お酒を毎日飲んでいて急に
入院、禁酒となると禁断症状でおかしくなる
人がたまにいます。

お酒は食道癌の最大の敵ですが、
私もお酒が好きなので気持ちは分かります。

入院前にちょっとずつ減らす、あるいは
飲まない日を作るなどの心がけをしましょう

6)家族を大事にする

手術ほど心細いものはありません
身近な人の支えが大きなパワーに
なりますので、家族とよくコミニュケーションを
とって、みんなで戦う姿勢を作りましょう。

万が一,の事があったときに、大事なことは
良く話し合っておきましょう。


7)自分が戦う本人であることを自覚する

医者や看護師に促されて、ではなく
自分が治療の中心であるということを
自覚しましょう、一日一日を大事に
準備して手術に備えましょう

8)主治医を信頼する

何か問題が起きたからといって
お金で解決できるわけではありません

「患者さんにお休みはないんだよ」と
毎日患者の状態を欠かさず見にくるのが
名医です

主治医チームの力を最大限信頼して
粘り強く一緒に戦いましょう


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-01-31 01:03 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

口腔ケア

こないだ,歯科衛生士の先生を招いて
癌治療における口腔ケアの重要性の
ご講演を聴いてきたんですわ

外来受診した食道癌患者さんを
多職種で一斉にケアを始める
某大学のPERIOという素晴らしい
システムに比べると

恥ずかしい程に遅れに遅れている
わが大学

医科と歯科が別々に付属大学病院を
持っててそれぞれの能力は高い
のかもしれないのに

患者一人紹介するのに
紹介状を書いて別の病院へ
行ってもらうのと同じシステム
っつうんだから情けない。


食道癌の患者さんの術前、術後
の口腔ケアがいかに重要か

術後、メンタルでも落ち込んでる
患者さんの所に歯を磨きにきて
くれる歯科衛生士♪

きっと頼りになることと
思います

周術期だけでなく

再発して抗がん剤治療,放射線治療

さらには終末期にいたるまで

口腔ケアは非常に重要である

ということが,改めて分かりました。

「歯は命」とは良く言ったもので。

とにかく、術前術後
よく歯磨きをして肺炎に備えましょう


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-01-21 23:00 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

呼吸訓練

手術前にやっておくべき事

「術後の肺炎が命にかかわる」

これは実際に食道の手術後の患者さんを
たくさん診てきた経験からすると

タバコを辞められなかった患者さんは
相当術後に苦労する

と思っていた方がいいとおもいます。

でもなかなか習慣というのは
変えられないもので、1−2本なら
いいだろう、と人間だれしも甘えが
生じるもの。

食道癌の手術は肺炎との戦い
でもあります。

手術前に、禁煙を守る事

歯垢や歯石を落とし、口腔内ケア
(一日歯磨き5回励行)をすること

「スーフル」「玉吸い」っていう
簡単な肺を鍛える道具を使って
呼吸の練習をしっかりしておく事

こうした術前からの準備が非常に
大事になります

たばこを辞められなかった患者さんの
術後の痰の量は半端なく多く

術後2−3日目に患者さんは
「まるで水の中で溺れているような
苦しさだった」と表現します

肺炎で酸素をしっかり取り込めない場合は
人工呼吸器をとりつけて呼吸の補助を
行う

長引けば、気管切開といってのどに
穴をあけて呼吸をする

そういった長期戦に突入する
ことも考えられます

ですから「手術を受ける」
と心に決めたなら

「癌に打ち勝つ」という気持ちを
もって、トレーニングに励みましょう

自らが癌を倒すという態度で
いなければいくら周りがサポート
しても戦えません

人生の一大勝負、ファイトです。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-12-13 22:50 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

手術前にやっておくべきこと

食道癌の手術後

なんらかの合併症が起きる確率は約50%
と言われており、その中でも頻度の多い
のが、呼吸器関連(主に肺炎、無気肺)

縫合不全

出血

乳び胸

さ声(声がかすれる)

胃管壊死

膿胸

敗血症

MRSA腸炎,肺炎、、

手術死亡率は2%前後と言われています。

最大限の注意を払って手術しても
残念ながら亡くなる方がいる

限りなく少なくするために
推奨される方法は?

ガイドラインでは

1)禁煙

2)呼吸訓練

3)口腔ケア(歯科にかかって歯垢歯石除去)

4)短い手術時間と少ない出血量

5)手術前30〜60分以内の抗菌薬投与

6)早期離床(早くからだを動かす)

7)痛みのサポート(積極的に痛みをとる)

8)血糖管理=血糖を90〜150程度に
抑える、しかし極端に血糖を抑えるのは
低血糖のリスクがあり、勧められない

9)炎症性サイトカインなどのコントロール
(周術期のステロイド投与、
好中球エラスターゼ阻害薬の投与)

この9つが推奨されています。

我々が、安全に確実に手術を
することはもちろん
術後管理、医師だけでなく
いろんな職種の方があなたを
サポートします

このうち患者さんのがんばりで改善が
できるもの
は1、2、3、6です

「食道癌と診断されました」

「手術が必要です」

といわれて、入院までの時間が大事です。


口腔内ケアのために歯科医を受診し
歯の噛み合わせなどもチェックしましょう

もっとも大事なのは禁煙です


これができないと、術後必ず苦労します

「あの時しっかりやっておけばよかった」
と後悔する前にしっかり禁煙しましょう。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-07-30 01:20 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(2)