人気ブログランキング |

カテゴリ:再発したらどうするか?( 16 )

壁内転移

気管食道科学会の今月号に
癌研の先生方の
「食道扁平上皮癌における壁内転移の意義」
日気食会報70;225-230、2019
の原著論文が掲載されておりまして。

壁内転移っつーと、予後不良

とはいったものの

840例の手術例のうち壁内転移ありの44例とそうでない例を比較してみました。

44例のうち、術前に内視鏡で壁内転移を指摘できた例は27例と6割しかなく。
意外と内視鏡だけでわからないんですね、、

壁内転移例は壁内転移がないやつよりも癌の進行度が有意にすすんでいて
リンパ管、静脈侵襲が高度で転移リンパ節個数も有意に多い
かつ
根治切除できた率が有意に低かった(壁内転移あり75% VS なし 92.2%  P<0.01)

当然予後もわるく

5年全生存率   転移あり:18.2%  壁内転移なし:62.5%
疾患特異的生存率      25.5%         73.5%
と有意に予後不良。

1980年以降、壁内転移例の予後は不良といわれ
5%、10%以下、11,9%、10%以下、0%、9%と
いずれも予後は悪く。この時代は今と違って、術前治療が入ってないものばかり。

術前治療が半分くらいはいってようやくこの単施設のデータで18.2%。

手術だけじゃあ戦えないんで「手術しても成績悪いですよ」
という考えもあるかもしれないし

化学療法が奏功したものだけ手術する、という考えもあるかも。

抗がん剤、手術、放射線 + α のなにかしら、、でしょうか

勉強になりました~




by kenzaburou41 | 2019-06-16 14:42 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

術後内視鏡の注意点

食道癌の手術をうけたかた

1年以内にまだ内視鏡受けてないってかた

どれくらいいらっしゃいます?

「転移」「再発」

が心配なのでCTやPETをとろう

ってのは当然ですが

「内視鏡」?

まだいいんじゃね?

いえいえ

術直後から内視鏡
胃管壊死の有無、縫合不全の有無、出血の有無
声帯麻痺の有無

術後2-3カ月
吻合部狭窄の有無、その治療

術後1年
頭頸部がん、残食道がん、吻合部再発の有無、逆流の有無
胃管潰瘍、ピロリの有無

術後5~20年
頭頸部がん、胃管癌の有無

20年~
バレット食道癌の有無(めったにない)

などなど

まるで聴診器のように内視鏡は食道癌の患者さんに
応用されます。


最近なんか食事がつまるなあ~

というかたは食べるのが早くなってたり
よくかまないで食べるようになっていたり

きをつけないとすぐダンピングが起きて
一日ぐったり、という方もすくなくありません

自分の健康診断とおもって
内視鏡と仲良くすごしましょう










by kenzaburou41 | 2019-05-03 23:44 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

キイトルーダ



  • 食道癌の再発、FP治療が標準治療で、そのあとは2次、3次とつづくけどそうたくさん効く薬があるわけではない。

  •  一方、食道がんでは免疫による攻撃を回避する分子PD-L1の発現が高頻度で認められるため、免疫チェックポイント阻害薬の有効性に注目が集まっている。

     こうした中で進行および転移のある食道がんの3次治療として、ペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ)を用いた第II相試験であるKEYNOTE-180の結果を、Weill Cornell Medical CollegeのM.A.Shah氏が、米国臨床腫瘍学会年次総会(ASCO2018)で発表

     対象は、化学療法を2次治療以上まで行った進行および転移のある食道腺がん、食道扁平上皮がん、食道胃接合部領域がんの患者。登録された患者では、3週ごとにペムブロリズマブ200mgが投与。

     主要評価項目は全奏効率(ORR)、副次評価項目は無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)、奏効持続期間(DOR)、安全性・忍容性とした。なお、登録した患者では治療前検体で、22C3抗体を用いた免疫組織染色でPD-L1発現を測定。腫瘍細胞CPS(Combined Positive Score;PD-L1で染色された細胞数)10%以上をPD-L1陽性と規定。

     試験には121例の患者が登録され、今回の結果は2017年9月18日をカットオフとした。登録患者の9%にあたる11例では、カットオフ日以降も治療が継続されている。追跡期間の中央値は5.8ヵ月で、登録患者の組織型別割合は扁平上皮がんが52%、腺がんが48%。CPS10%以上が48%、CPS10%未満が52%。登録前の治療歴は2次治療が85%で、3次治療以上は15%だった。

     主要評価項目であるORRは10%(CR0%、PR10%)。組織型別のORRは扁平上皮がんが14%、腺がんが5%。PD-L1発現状況別のORRはPD-L1陽性が14%、PD-L1陰性が6%だった。

     副次評価項目では全体のPFS中央値が2.0ヵ月(95%CI:1.9~2.1ヵ月)。組織型別のPFS中央値は扁平上皮がんが2.1ヵ月(同2.0~2.4ヵ月)、腺がんが1.9ヵ月(同1.8~2.0ヵ月)。PD-L1発現状況別のPFS中央値はPD-L1陽性が2.0ヵ月(同1.9~2.2ヵ月)、PD-L1陰性が2.0ヵ月(同1.9~2.1ヵ月)となった。

     OS中央値は全体が5.8ヵ月(同4.5~7.2ヵ月)。組織型別のOS中央値は扁平上皮がんが6.8ヵ月(同5.4~8.9ヵ月)、腺がんが3.9ヵ月(同3.2~6.3ヵ月)。PD-L1発現状況別のOS中央値はPD-L1陽性が6.3ヵ月(同4.4~9.3ヵ月)、PD-L1陰性が5.4ヵ月(同3.9~6.3ヵ月)だった。なお、DORは未達成。

     Grade3以上の有害事象の発現率は12%。有害事象全体として主なものは疲労感、発疹、皮膚掻痒、甲状腺機能低下症、下痢、肺臓炎。治療関連有害事象による死亡例が肺臓炎で1例認められた。

     治療効果は組織型の違いやPD-L1発現状況にかかわらず認められており、Shah氏は「今回の結果からは、ペムブロリズマブは進行および転移のある食道がんの3次治療での重要な選択肢となる」とのこと。


新しいお薬情報。



by kenzaburou41 | 2018-06-21 17:34 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

腫瘍マーカー

消化器外科専門医試験

受けるつもりで教科書買って見た。

一度学びなおすのはいい機会である。

食道癌の腫瘍マーカー

SCC
CYFRA
CEAにP53抗体

短時間にべらぼうに上がったとなるとかなり心配な指標

とはいえ、治療前から上がってる、という人は2割〜3割にすぎない

CEAもSCCも上がっている=リンパ節再発の予測因子だという。

あとはP53抗体。

手術前と手術後 この変化が予後に関わる

とも言われています。

外来で少し上がった、下がった、
は大きな問題はありませんが

全く気づかないけども血液検査でアラームが鳴った

以前と違う動きで上昇している、、

これは??と

早く気づいて検査を予定する。

大人の仕事ですわ〜








by kenzaburou41 | 2018-03-23 00:17 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

PDT後の食道切除

食道がんのケモラジ、約4割に局所にのこる、あるいはぶりかえすといわれ

サルベージ手術は危険度がたかいのでPDTをやる、という戦略があり

T1なら効果があるもののT2だとそれでもなおらない方がいる

そのあとに手術はどうなの?

っていう誰もが知りたいことの症例報告。

2例やって1例は椎体に穿通しててものすごい癒着ではがすのが大変だった、
もう一例は比較的軽い癒着で剥離できたとのこと。

もともどどれくらい進行していたか?と
その最深部がどっちを向いているか、椎体なのか、気管、気管支なのか、肺なのか。

大動脈に向かうものはPDTの適応外といわれているので
PDT後のサルベージも大動脈をはがすことはないだろうけど

ここから先、最初は手術は希望しなかったけど、手術をしなければ助からないかもしれない
という状況になってようやく手術を決意する、という方がふえるような気がして。

だったら最初から手術すればよかったのに

と内心外科医はおもいつつ、そういう方にもチャレンジを続ける。





by kenzaburou41 | 2016-09-17 19:53 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

緩和か?声をとるか?

下咽頭進行癌+食道表在癌の組み合わせ
またはその逆。

結構多いんですが

食道が進行していて、下咽頭表在癌、
これはそれほど食道外科医としては
難しくない,食道を最優先とし

下咽頭は上皮内癌だろうが、上皮下深層浸潤
だろうがやるこたあELPS。 

しかし、下咽頭進行、食道MM~SM2
これが結構こまる。

下咽頭をケモラジで治療していて
食道にも効く、というが
その効果によっては食道の治療が
内視鏡でいいのか、ケモラジなのか
手術なのか、ラジなら一緒にあてるのか

結構フクザツなのだ。

下咽頭が進行してて、先にケモラジやって
食道表在癌の治療は後回し

そういう方がいて。

残念ながら下咽頭のケモラジの
効果がいまひとつでした。

食道はどうしたものか、、、
と思ってたら

「咽喉食摘を勧めましたが、声を
とる治療を希望されず、緩和になりました」
と連絡がありまして。

え??

そうなの?


食道もたしかに、CRT充分な効果なし、
もしくは遠隔転移がでてきた、
あるいはきれいに取れない、
となると、サルベージ手術はお勧めしない
けれど。

下咽頭癌ケモラジ後。
手術ができる状況でも、リスクや生活の質の低下を
考えて手術を希望しない、という選択をする
方もいる。

しかし、のどの入り口、
放置すれば食べられない、声はでないわ、
出血するわ、、、
緩和、といえども待ち受ける未来は
かなり厳しいものが、、、。

多分、悪い結末は想像できていない。
先行するのは当面の危機=
手術はうけたくない。

しかしやっぱり、声を失うというのは
だれしもが躊躇するだろう。

「ケモラジ後でも、先生たちが
再発を早く見つけてくれて
一番小さい段階で切除ができれば
いいんですよ、きっと。
再発発見が遅れるとやっぱり難しい
とおもうます。」と耳鼻科医はいう。

そうだよなあ、たしかに
治ることが目指せるとすれば、
このワンチャンスなのかもしれない。

食道屋たるもの、食道癌の10人に1人は
頭頸部癌になる。

よって、その領域にも必然的に詳しく
なるわけで。

耳鼻科の先生に頼りにされる
ってのは、すげえ有り難いこった。

この連携がうまくいくことが
最重要。

「3ヶ月前に検査うけたんですけどね
また内視鏡ですか?」

「ケモラジ後1〜2年間の治ったように見えるは
全然あてになりません、見つかったときには
手遅れという事も充分あります」

情報の少ない患者さんの
架け橋とならねば。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-12-02 00:38 | 再発したらどうするか? | Comments(1)

骨転移外来

食道癌の再発

特に肺、肝臓、脳、骨といった臓器に転移
がおきやすく、

このうち痛みが強いもの、が骨転移。

転移した腫瘍が脊髄を犯すとそこから
下が麻痺して歩けなくなる

ということもありうるので

なるべく早く、骨転移は分かった方がいい。

で、うちの病院は
整形外科が骨転移にかなり力をいれてて

「骨転移外来」なるものが
ある事が最近判明。

麻痺が完成されてからでは遅いので
夜間でも緊急で連絡ください

なる連絡先まで書いたアナウンスがあり

もし、骨転移に明るくないなら
こちらでいろいろリハビリの指示、
疼痛管理などのマネージメントも
やりますよ

という。

おお,それはそれは有り難い話で。

患者さんとしては、
癌の末期でいずれ寝たきりになる
としても、

骨転移で場合によっては歩けなくなる、
というのは生活の質も大きく低下する

「転移が心配な方は積極的にPETCTを
予定して下さい」

やっぱり、そういう方をたくさん診ている
科としては、もう少し早くコンサルトして
くれよ、と思うのかも。

積極的に集約して
いい治療につながれば。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-11-21 00:41 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

サルベージCRT

手術したときに癌が気管に残ってしまった。

主治医は追加のCRTをやりましょうというが
意味があるんですか?どれくらい生きられるのでしょうか
というご質問。

意味はおおありで、

手術のときに取ってきた組織の中でリンパ節転移があまりなくて
局所だけが深く周辺臓器に浸潤していた、

というかたには大いに治る見込みがあります。

我々の施設で27名そういう方がいて、いそいでCRTを追加したところ、
だいたい7割くらいの人が効果有り、完全に消えたように見えた人が
約半分、

1年生きられた人が66%

3年生きられた人が35%

5年生きられた人が35%


ということで3人に1人は5年生きられた
という成績です。


ステージⅣですから予後は悪くて
3年生存率が27%くらいというのが通常ですが

手術+化学療法もしくは放射線で残ったところに絞って
照射を加え、かつ遠隔転移の予防に抗がん剤をすることで
長生きできる可能性は十分あります。

しかし、効果には個人差がありますので
1年もたずに亡くなる方もいますので

いずれにせよ親を大事に

親孝行は今のうちに。。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-07 00:18 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

何もしないという選択

手術後3ヶ月で再発が見つかったとき。

とったはずの癌が、もうでてきた
ということは
それだけスピードも速く

悪性度が高いということ。

抗がん剤や放射線治療が
効くといっても、しんどい治療
である事は間違いないし

苦しいだけで効かないこともある。

「今取り立てていたいとか苦しい
とか症状があるわけではないですし、
効くか効かないかわからないなら
動ける時間を大事に使いたい」

なぜそういう発想に。。

「知り合いが、再発して
抗がん剤やったんですけど
効かなくて3ヶ月くらいで
あっという間に亡くなったんです、

効かないとわかっていたら、
すこしでも動けるうちに
好きな事をさせてあげたらよかった
酒もタバコも制限なく
飲ませてやりたかった」

そういう意見もわかるし

何がなんでもがんを克服したいから
ありとあらゆる治療を受けたい
という人もいる

人生の岐路、癌になったとき

どういう治療を受けたいか

すぐに再発したときに
医者はこの悪い情報をどういうふうに
伝えるべきか、治療を薦めるか、、

いくつになっても難しいです。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-02 00:49 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

出来る範囲のことを粛々と。

悪いニュースを伝える

命には限りがあり

ふりこの針をいくら止めようとしても
それは受け入れなきゃなんない

すべての食道がんを撲滅できる方法は開発されてない

わかりました、いつかこうなることもあると
考えていました。

先生が一番いいと思う方法で
進めてください

難しい状況だとは理解していますし
覚悟もできています



うん、まだあきらめるのは早い

最善と思える治療を粛々とやるしかない

いろいろ困難がでてくるだろうけども

悪い日ばかりではないだろう

一日のうちに笑っていられる時間は
どんな悪条件下でもあるはず


がんばっぺ。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-06-27 00:41 | 再発したらどうするか? | Comments(2)