人気ブログランキング |

カテゴリ:がん患者学( 53 )

治療費

食道癌の治療を受けた方に
緊急アンケートでございます。

今度、とあるところに
持って行く資料を作成しており
まして、急ぎでございます。

kenzaburou41@excite.co.jp まで

抗がん剤治療2コース(FP)後に
根治手術を受けた方の入院治療費総額(3割負担)

でおいくらくらいかかるのでしょうか?

ステージⅡ,Ⅲで術前治療+手術は
5年生存率60.1%(JCOG9907)
とされていまして

一方同時期に行われた
ステージⅡ,Ⅲ食道癌の化学放射線治療
ですと5年生存率が37%(JCOG9906)

これにかんしても
もし分かる方いらっしゃったら
入院/治療費の総額について
おいくらくらいかかったのでしょう?

EMR3日入院

ESD7日入院

APC日帰り

同じ効果だったら安い方が助かる〜
のが正直なところ。

しかし「お金をたくさん払えば
命が助かる可能性が
高くなることもあるのだろうか
いくら払ってもいいからいい治療
を受けたい」
という疑問もあるはず

お金の話ってぶっちゃけ
この業界では話題にならない、、

内視鏡治療だったらうんとお得ですよ〜
といいつつ、具体的な数字は
把握しておらず。

手術100万、
放射線+抗がん剤100万
内視鏡20万
くらいと認識してるのですが

kenzaburou41@excite.co.jp

まで  

宜しくお願いします〜っ ぺこり。
by kenzaburou41 | 2014-05-23 07:13 | がん患者学 | Comments(0)

あきらめない

今日は院内で、嚥下の講習会があって
重度の嚥下障害をわずらった患者さんから
直接、嚥下訓練への取り組みを
聞く機会がありまして。

「もう食べられないでしょう」と胃瘻を造り
半ばあきらめムードのなか。

患者さん自身が
「なにくそ、絶対良くなってやる」


リハビリを懸命につづけた結果、
食事を飲み込むことができるようになったという。

「これだけ医師や看護師、理学療法師が
一生懸命なんだから、期待にこたえなきゃ、
あきらめてたまるかという思いでやってきました」


そうだ、最後は患者自身ががんばらないと。

病気になったのも自分

克服するのも自分。

俺らはそれをサポートする脇役でいいのだ。

主役は患者さん自身だ

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-04-11 20:57 | がん患者学 | Comments(0)

中咽頭癌

小倉にとって巨泉は司会者としての「恩師」ともいうべき存在で、28日に自宅と思われる場所を訪ねて見舞うとともにインタビューした。

 会ってその顔を一目見るなり「元気そうじゃないですか」と安心した小倉に、巨泉は「元気、元気、まるで元気」と逆に小倉を励ますように答え「21日に手術して今日退院だもん。すごいよね、日本の医学も」と、これまでと変わらない口調でしっかりと話した。

 巨泉の説明によると、最初に異常に気づいたのは今月2日。大好きなアメリカンフットボールの中継を、机にヒジを突きながら見ていたところ「右耳の下になんか丸くて小指の先ぐらいのがプヨプヨしてんだよ」。すぐ夫人を呼んで「俺、こんなところに何かあったか?」と尋ねたが、夫人も言われて初めて分かったことで驚き、病院で検査を受けることになった。

 その検査結果が出たのが10日。右の扁桃への咽頭ガンでステージ4、リンパ節など4カ所に転移していると告知された。

 自覚症状が全くなかった巨泉はその際、「(異常に気づいてすぐ)検査してもうステージ4ってのは、それ以上の早期発見ってないんですね」と医師に絡むように尋ねた。医師は「残念ながら(それ以上の早期発見は)難しいですね」とだけ答えた。

 その後の展開は早かった。20日に入院し、21日には手術。その結果、転移は4カ所ではなく7カ所に及んでいた。

 手術では転移した部分を切除し、原発部位である咽頭は放射線治療で取り除くことになった。咽喉を切除すると日常生活に多大な影響が出ることと、ウイルス性ガンであることから、放射線治療が有効だという。

 小倉のインタビューを受けた28日の退院は一時的なもので、来月には再入院して治療に取り組むことになる。

 小倉によると、巨泉は放射線治療に備えてマスクやマウスピースも用意、1回15秒の照射を32回受けることになるという。

 巨泉は小倉に「うまく生き残れば傘寿のパーティーをやりたいんだよ」と希望を語り、小倉は「みんなで悪口言うから覚悟しておいて下さいよ」と励ました。



ケン三郎思うに、扁桃はもともと大きなリンパ組織の
塊で、そこに出来る癌の診断は、炎症なのか癌なのか
の判断が難しく、また観察がしにくい部位の1つでも
あります

リンパ節に飛んでから初めて診断できるもの
も少なくありません

原発がちいさくてリンパ節転移の方が
大きいこともある
by kenzaburou41 | 2013-11-29 21:32 | がん患者学 | Comments(0)

患者会

食道癌は6〜7対1で男に多い

男という生き物は

人にものを聞いたり相談したりするのが
苦手な生き物で

困難があっても自分でなんとか
工夫しようとして

苦労を口にするのをよしとしない

仕事の場合はこれが「黙々と打ち込む」
になるが

こと,病気になると、強かったお父さんが
たちまち簡単なことでへこむことになる

咽頭癌や喉頭癌では声を失った人が
「銀鈴会」なるものを作って
先輩患者が後輩患者にいろいろと
指導したりする会があるけども

食道癌ではそれがない

乳腺では,患者同志が支え合って
次の世代が苦労しないように
協力してるし

それが国政まで声が届いているから
無料クーポン券があって優遇され
たりしている


食道癌患者も立ち上がらねばならん


ある施設で10年間の
食道癌治療の症例を調べたら
4分の1が、切除不能進行がんだったという

ステージⅣの生存率は従来は10%
くらい,今はそれがすこしづつ
向上している

基本は早期発見

10年前に内視鏡治療して
もう治っただろうということで
通院をやめた患者さんが
10年後下咽頭、食道に
進行がんがみつかる、

調べるとこういうケースが最近
増えている

油断はできない、相手は強敵

しかし,その相手の特徴を
知っていればくみ易し。


がんばって倒そう,食道癌


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-10-08 00:14 | がん患者学 | Comments(0)

結核

結核の講義をうけてきたので
忘れないようにメモ。

結核罹患率はだんだん日本では減っているものの
10万人に17.7人(2011年)、

結核死亡数は2166人とされる。

ちなみに食道癌は10万人に男性で15.5人、女性2.1人
口腔+咽喉頭癌は男性で12.2人、女性3.3人

ちなみに胃がんが83.9人(男) 30、7人(女)


いわゆる先進国のなかでも日本は結核が多い
(アメリカ、カナダ、フランスなどは10万人に5人以下。)


また日本のなかでは大都市に多い。
(大阪40人!、名古屋28人、東京25人、神戸、北九州、などが次ぐ)

結核感染の危険度を規定するのは
感染源の排菌量、咳の激しさ、接触したときの距離、接触時間、
接触した部屋の換気状況、感染をうけるひとの免疫状態

だ。

問題は医療者は、結核患者に遭遇する危険が高く。

なんと看護師の結核発病率は、一般人の4倍ともいわれている。

しらないうちに感染していて、重症化してからみつかる、というのを
医療者は避けなければならない

結核のおもな感染源は

喀痰塗抹陽性の肺結核患者(または喉頭結核)患者=相当な感染の源

咳が激しい患者、さらには化療始める前の患者
(治療すると2週間で痰の中の結核菌は10分の1に減るといわれ、咳も半分になるという)

ここまでくれば気管支鏡をやってもいいレベルになる。

結核を疑う症例は
15日以上長引く咳、抗菌薬に反応の悪い不明熱、1年以内に
塗抹陽性患者と接触した人、ほかの疾患で治療中に治らない咳や発熱


日本は、結核の中まんえん国である

だから肺の異常陰影がある患者には3日連続で喀痰の抗酸菌検査を行う

X線画像は多彩で空洞を作るのは相当悪い。

比較的結核に特有なのが散布性粒状影(ときにマイコプラズマ肺炎との鑑別必要)
Tree-in-budといわれる。

結核はありとあらゆる部位にでる
診断が遅れる可能性のある結核

気管支結核(ぜんそくと間違う)、喉頭結核(がんとまちがう)、
乾酪性肺炎(細菌性肺炎と間違う) 高齢者の結核(誤嚥性肺炎と間違う)
そのほか脊椎カリエス、腸結核、関節結核、性器結核、リンパ節結核など


結核が思いつかないと検査しない=この意識をかえ、頭の片隅に置いておく

肺以外の臓器にも結核はある。診断がつかないときに思い浮かべる


医療者の感染対策は、しっかりN95マスクをする、換気が整った状況を
常に維持。また患者にはマスクをきちんとしてもらう。

結核の診断は最近、インターフェロンγ応答測定法なるものが有用とのこと


未発病の結核患者にはINHを6-9か月内服し、2年でてこなければOK
(2年以内に6-80%が発病する)

院内感染対策は

結核患者の早期発見、隔離

結核密度の低下=換気

N95マスク

接触者の発病予防=INH

職員の定期検査=健康診断、咳が続く職員には積極的に検査。



あ~勉強になったぜよ。
by kenzaburou41 | 2013-10-01 23:36 | がん患者学 | Comments(0)

吉田昌郎さん

東京電力福島第一原子力発電所の事故で現場で指揮を執った吉田昌郎元所長が、9日午前、東京都内の病院で食道がんのため亡くなりました
58歳でした。

吉田元所長は、3年前の6月に福島第一原子力発電所の所長に就任し、おととし3月11日の事故発生から現場のトップとして事故対応の指揮を執りました。
すべての電源が失われる中で、吉田元所長は、福島第一原発の複数の原子炉で同時に起きた事故の対応に当たりましたが、結果として1号機から3号機でメルトダウンが起きて被害を防ぐことはできませんでした。
吉田元所長は、その後、病気療養のため交代するおととしの11月末までおよそ9か月間にわたって福島第一原発の所長を務め、事故の収束作業にも当たりました。
おととし12月に食道がんと診断されて所長を退任しその後、去年7月には脳出血の緊急手術を受け療養生活を続けていました。
吉田元所長は、所長在任中のおととし11月、福島第一原発の事故現場が報道関係者に初めて公開された際にインタビューに応じ、「事故直後の1週間は死ぬだろうと思ったことが数度あった。1号機や3号機が水素爆発したときや2号機に注水ができないときは終わりかなと思った」と当時の思いを語っていました。
また、去年8月に長野県の出版社が福島市で開いたシンポジウムで公開されたインタビュー映像では福島第一原発の今後について「日本だけでなく、世界の知見を集めてより安定化させることがいちばん求められていると思う。それが地元の人たちにとって改善したと実感してもらえることだ。私自身も体力が戻ったら現場で力を出したい」と述べ、復帰への意欲をのぞかせていました。
東京電力によりますと、事故発生から退任までに吉田元所長が浴びた放射線量はおよそ70ミリシーベルトで、東京電力はこれまで、「被ばくが原因で食道がんを発症するまでには少なくとも5年かかるので、事故による被ばくが影響した可能性は極めて低い」と説明しています。
吉田元所長は、9日午前11時32分に東京都内の病院で食道がんのため亡くなりました。
東京電力の廣瀬社長は「吉田さんは再び私どもと一緒に福島の復興に尽くしたいとの強い気持ちを聞いておりました。持ち前の明るい大きな声で陣頭指揮を執る姿に出会えることを心待ちにしておりましたが、東京電力の再生に向け共に働くことができず無念でなりません」というコメントを発表しました。
by kenzaburou41 | 2013-07-11 13:06 | がん患者学 | Comments(0)

あなたに最適ながん予防

日本消化器がん検診学会市民講座

「がんの危険を減らす確実な方法と
最適ながん予防」

日本人の死因の1位はがんでおよそ
3人に1人ががんで亡くなります

(中略)

いろいろ複数の調査結果,圧倒的にがん予防
効果が認められるのは

「タバコを吸わない事」でした

続いて喫煙以外では

飲酒(口腔咽喉頭食道、肝臓、乳腺)

運動不足(大腸)

肥満(バレット食道癌、結腸、直腸、乳腺、子宮体部、腎臓)

でした。

がんの危険へらすには
「たばことお酒」に気をつけることでした〜

最近体質によっても癌になりやすいか
どうかが分かって来ています

これはお酒をのんですぐ顔が赤くなる
ひとが無理してお酒をのむと、お酒に
強い人に比べて食道癌になる確率が高く
これにタバコが加わると数倍になることが
わかりました〜


と、いう内容だったようなんですけど。

じゃあ、お酒とタバコ辞めますか?

っていうと「わかっちゃいながらついつい」

ですよ、このついついを辞めらんないから
困るわけで。

いかん、こんな検診方法じゃ

いざ、リスクの高い患者さんが
来たときに
バリウムじゃまずいでしょう。

ハイリスク患者への
口腔咽喉頭食道癌トータル検診
をたちあげねば。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-06-09 09:14 | がん患者学 | Comments(0)

クレーマー

6月上旬、3日ほど県立中央病院に通い続けていますが、当職と、ひと悶着がありました。



 “241番”、“241番の方”、“お名前でお呼びします。241番の小泉光男さん。”



 →ん!僕を呼んでいるの?と気付いた瞬間、頭に血が上りました。



 ここは刑務所か!。名前で呼べよ。なんだ241番とは!と受付嬢に食って掛かりました。



 会計をすっぽかして帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません。



 早速公衆電話に向い、「小泉という者ですが、病院内の職員対応にクレームがあるので、事務長に繋いで下さい。」



 こちらはしっかり、小泉だと名前を名乗り(職業までは云わなかった)、電話を入れた目的も話し、話したい相手も指名したのに、3分以上(私の感覚では)待たされ、一男性担当者が恐る恐る電話口に出たのでした。



 “私は事務長へ繋いで下さいと指名しました。なぜあなたが出たのですか。事務長は逃げ回っているのですか。”と再び電話口で炎上です。



 更に病院内対応に話しを戻します。長いうぐいす色のカウンター(二階受付⑩番 循環器系統担当のあなた達の事です!)の中に3~4名の職員が居ながら、“小泉さん。精算-会計の計算-が出来上がりました。どうぞお越しください!”



 「お越しください?」。こちらは15,000円以上の検査料を支払う、上得意のお客さんだぞ。



 そっち側から、“本日は有難うございました。”と、カウンターの外に出て、長椅子に座ってる患者の方に来るべきだろうが---。デパートでもどこでも、1万円以上のお買い物客に、“精算書を取りにこっちへ来い。”と顎でしゃくって呼び寄せますか?

 このブログをご覧の皆さん私が間違っていますか。岩手県立中央病院の対応が間違っていると思いますか!



 ちなみに私は、岩手県議会棟に訪ねて来られた方への対応は、次のようにしています。



 分け隔てなく自室へ通し、出来るだけ丁重にもてなし(担当秘書がいない場合は、当職自身がご希望の飲み物を入れ。)、「さん、または様」付けし、ご用件が終われば、玄関口までお見送りしをし、深々と腰を折ります。



 通常お客様対応とは、このようにするじゃないですか。



 何故、見も知らぬ受付女性に、番号呼ばわりされなければならないのですか。



 県立中央病院は、その理由をこう言ってくれました。『個人情報の関係上から云々---。』



 個人情報の関係?。馬鹿言っちゃいかんよ。あんたのような個人情報の中身を知らない者が個人情報と振りかざすから、こんな窮屈な世の中になるんだ。何時何処で、私が氏名で呼んでくれるなと頼んだ?



 確かに個人名を伏せてほしい患者はいるでしょう。そうした方には、、“匿名希望”とか、“番号呼び出し希望”と、○印欄を付ける足った数文字を追加すれば済むことでしょう。





現在、大炎上中のブログはこちらから


応援のメッセージをみなさん~っ。


刑務所ではございませんが、郵便局だって番号でよぶでしょうに。


ふ~っ。
by kenzaburou41 | 2013-06-07 16:14 | がん患者学 | Comments(0)

女性と食道癌

喫煙量、飲酒量ともに多い場合、寿命が縮まる確率は男性よりも女性の方が高いことが分かった。仏国立衛生監視研究所(InVS)が発行する疫学週報(Journal Bulletin Epidemiologique Hebdomadaire、BEH)の27日付け最新号で、12年間に及ぶ追跡調査の結果として発表した。

喫煙女性、40歳までの禁煙で9年長生き 英調査

 欧州各国の40歳以上の男女38万人を対象に実施した追跡調査の結果、多量の飲酒と喫煙の悪影響としてすでに広く知られているリスクの影響は、男性よりも女性の方が受けやすいことが確認された。

 喫煙経験がない人が死亡するリスクをレベル「1」とした場合、1日1~15本のたばこを吸う人の死亡リスクは男性が「1.38」で女性が「1.32」、1日16~26本のたばこを吸う人の死亡リスクは男性が「1.86」で女性が「2.04」、それ以上はいずれも「2.44」だった。

 一方、たばこにアルコールが加わった場合、これらの結果が大幅に変化することも確認された。喫煙経験がなく1日最大5グラム相当のアルコールを摂取していた人の死亡リスクを「1」とすると、1日に27本以上のたばこと30グラム相当を超えるアルコールを摂取していた人の死亡リスクは男性で「2.38」、女性で「3.88」に上昇した。

 調査結果は、「過剰にアルコールを摂取する女性は、ごく少量のアルコールを摂取するかまったく摂取しない女性に比べ、喫煙による死亡リスクが大幅に高まることが分かった」と結論づけている。しかし、こうした大きな違いをもたらす原因とみられる理由については詳細を明らかにしなかった。

 このほか調査は、喫煙している人の死亡率が喫煙経験のない人に比べて約1.5~3倍高いことを改めて確認した。なお、調査の実施期間中に死亡した調査対象者は2万6411人だった




これから増えるかもしれませんが。。。

男性6:女性1

こうも性差があるのは何故でしょう。。。



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-05-28 21:33 | がん患者学 | Comments(0)

先人に学ぶ

岡山から、栄養のことで外科の教授に
講演に来て頂いて

昨日はその後、講師とともに懇親会があったんですわ

食道癌の外科手術、

「もう極力自分では術者はやらない、できるだけ若手を
育てようとおもって人にやらせている」

とおっしゃってて

「おまえ達ももう、食道切ってるのか、
どれだけ上のものが、気をつかってるのか
わかってるのか~」

とピリ辛コメントをいただき


うちの医局員にはいわないけど、おまえたち
にはいうぞ、おまえ達はとても幸せだ、

昔は教授しか執刀しない時代だったんだぞ~


でもいまは、一人のスーパースターがいても
その次の世代には残せないし、できるだけ
若い外科医に経験を積ませたいって、そういう
心の深い先生もいるんだぞ、食道外科っていいだろ?


有り難きお言葉でございます。


明日の食道外科をさらによりよくするために

若手に興味をもってもらって

積極的に参加してもらう

そして食道癌の診療レベルがぐっと上がる



ぽちっとな ↑向き
by kenzaburou41 | 2013-03-27 19:18 | がん患者学 | Comments(0)