カテゴリ:食道癌になりやすい人( 37 )

たばこは辞める、酒はやめらんね

お酒とタバコ

好きな人

は~い

ケン三郎はタバコは吸いません 酒は呑みます

ビールに芋焼酎

鹿児島県人

仕事の疲れをく~っと一杯 ふ~

明日への活力

できれば死ぬ間際まで飲み続けたい

酒のせいで、かなりいたんでしまった食道をいたわり

毎日酒が飲める幸せに感謝しながら

「タバコは癌になったときに辞めました,体にわるいし」

「でもお酒は辞めません」

ときっぱり。

多分また見つかりますよ、さあ内視鏡やりましょう



う、、また食道癌できとるっ


やっぱりっ


毎年の風物詩ですが、、早期発見早期治療

酒と友に生きる






[PR]
by kenzaburou41 | 2018-02-14 19:11 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

女性と食道癌

年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さまざまなスキンケア法や治療を試したり、いろいろ努力はしているものの、「どうにもならない……」と嘆いてはいませんか──。


すぐ赤くなる女性

たくさんお酒を飲む方、

お仕事の都合やらでどうしてもお酒を呑まざるを得ない方

スキンケアとともに食道もケアを。





[PR]
by kenzaburou41 | 2018-02-06 19:07 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

月20件

多分、今どこの病院でもやってると思うけど

頭頸部癌患者は食道癌のハイリスク患者なので
治療前後に内視鏡検査をやろう!

的なキャンペーン。

乳がんはピンクリボンって30代、40代の子育て世代の患者さんが
大変な思いをして治療を受けるので割とよく知られているけど

頭頸部癌、食道癌患者さんは50代、60代の酒飲みのおっさんの
病気なのでなかなか「おっさんを救おう」的な絵が描けない

しかも2度も3度もがんにかかるという境遇

そんなに重複するなら、一緒に見ちゃえ

ってことで、リスクの高い人にはお互いの領域をしっかり
検査をしましょうという流れ。

先月、そういう患者さんがどれくらいいるか調べてみると

なんと耳鼻科、口腔外科から合わせて20件の新規内視鏡患者の紹介があって。

がんと名前がつく病院じゃないのに
それだけ患者さんが集まって

その20人の中に必ず食道癌の患者が含まれている。

うちはまさにそれで仕事をいただいている。

例えば進行した頭頸部癌のかたに内視鏡やって見て
食道がいわゆる「まだら食道」だった場合に

数年追いかけているとそこから食道の小さいがんが出てくる

食道癌の方もそうで、

追いかけていると頭頸部癌が出てくる


今、なぜ日本の医師はそんなに頭頸部癌が見つけられるのか?が
海外の先生に注目されているらしく

近いうちにその発表の場があるかも〜


「扁平上皮癌連携」がキーワードであることは間違いなく

これをうまく発信して行ければっ
















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-11-24 23:34 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

食事がつかえる

ここ数年、女性の食道癌のかたがなんとなく増えてきたような印象

お酒を飲んで赤くなり、だんだん飲めるようになった男性

だけでなく

女性にもまたその影響が。。。

ストレスで酒の量が増え

毎日ワインをあけてます

っていう。

最近そういう女性に遭遇して。

頭頸部が進行して食道は表在がんはよくあるパターン

しかし頭頸部が表在で食道は進行がんがスクリーニングで見つかるパターンは
ほぼ皆無。

時代なのかなあっ、、

これからアッシー、メッシー世代ががん適齢期を迎えるんで



覚えがあるかたにはぜひ内視鏡をおすすめですわ









[PR]
by kenzaburou41 | 2017-09-26 23:43 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

アルコール依存と食道癌

食道癌患者さんはお酒が関連することが多く

早期発見がなにより

健康意識の高いかたは人間ドックやら
検診を受けて癌が早期にみつかり
メリットは大きいのだけれど

多くの患者さんは、進行した状態でみつかり
治療が始まる事になります。

治療は身を削る治療になるのである程度栄養状態もよくないと
なりません。

食事が通らなくなって

おかゆにしたり

ゼリーにしたり


でも酒は止められず


狭窄がすすみ


いよいよ酒すら通らなくなり、、来院。。。


なにもそこまで我慢しなくても、、、


食道は重要臓器で取り囲まれていますので
進行してからでは
治療も大変。


酒は呑んでも呑まれるな

ぽちっとな







[PR]
by kenzaburou41 | 2017-04-19 17:51 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

食事がつかえる

「一ヶ月まえから食事がつまるようになって

内視鏡をうけることになりました

なんでしょうねえ」

という高齢男性が内視鏡にやってきた。

お酒のみます?

ええ毎日晩酌してます

もしかして顔がすぐ赤くなります?

はい

もうこの会話の時点でこのかた食道がんだな
と察知し

経鼻内視鏡で検査したら

ビンゴ。

とくにつてがなければうちに来てくださいねっ

と紹介状をかく。

食道がん、頭頸部がんの紹介が減ってきてるから
今ならもう最短で治療できますよ

頭頸部がんだったら、ほかでは放射線です、声帯を取る手術って
いわれた病気も、声を残す可能性を極力考えて治療にあたりますよ〜

紹介こないかな〜

紹介きてくれたらなあ〜

2週間以内に治療計画しますよ〜


治療のご相談はこちらのメール
kenzaburou41@excite.co.jp にて受け付けております〜







[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-25 15:50 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

10年生存率



b0180148_22453001.jpg

読売の記事で10年生存率がでたんですわ

予想通り、前立腺、乳腺は治りやすく
膵臓癌は10年生存5%と極めて予後不良。
食道癌は29.4%
もっといいような気もするけど
昔よりはうんといい、きっと。

この生存率をどうにかあげるには〜

ぽちっとな











[PR]
by kenzaburou41 | 2017-02-17 22:52 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

赤くなる

岡山でご一緒した先生が「食道がんになりやすい人」の大家で。

お酒をのむとあかくなる、飲めるようになった人だけでなく

実は、今は赤くならない、って人も要注意

昔は飲めない人はそれほど酒を飲まなかった

しかしイッキのブームで大学生が酒を飲めないのに
強制的に飲むようになった

これが病気を作る元。

大学生のときに自分のお酒を分解する遺伝子の型を
知っておくと、その後の人生をどう酒とむきあえばいいか
がわかる

「若い頃にコップ一杯のお酒で赤くなったか」の過去のフラッシング歴と。

赤くならないけど、翌日は酒臭い、長くのめる方
ってのも極めて危ない

よっぽどよく問診して内視鏡に臨まねば。。




[PR]
by kenzaburou41 | 2017-01-23 22:24 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

アルコール性肝障害

アルコール性肝障害とは5年以上の長期にわたる常習飲酒者に発症

禁酒により病態が改善されるものと定義される

脂肪肝、肝線維症、肝硬変、肝がんにいたる慢性肝障害と

幹細胞の広範な壊死におちいるアルコール性肝炎が主な病態である。

脂肪肝は多量飲酒者のほとんどにみとめられ

断酒後脂肪変性は2-6週間で消失する。

女性や酒を飲んですぐ赤くなり、少しは飲める方はより少量の飲酒で発症する。


脂肪肝は、ほとんど自覚症状はない。

γGTP,AST優位のトランスアミラーゼの上昇

をしめすが、正常値をしめすこともある。

アルコール性肝炎は常習飲酒者がさらに飲酒量が増えた時に発症する。

高度の肝腫大、黄疸、発熱、右季肋部痛、WBC上昇、PTの延長などから
急性胆のう炎と間違えられることもある。

予防は適正飲酒習慣に限る!


健康日本21

「お酒やめろ」
とは言わない。

「節度ある適度な飲酒」を勧める

ウイスキーダブル1杯、

ビール中瓶1本

日本酒1合

ワイングラス2杯

おおっ、、おおくね?


今ビールなんか135mlって小さいかんで売ってる。

あれくらいなら害になるとはおもえんが。


「アルコール依存者」はその背景にさまざまな社会事情を
抱えている事が多い。


それをサポートするセフティネットが必要である。

脂肪肝侮るなかれ

以上、肝臓専門医であるうちの親父からもらった「生活習慣と肝疾患」
より。



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-11-23 20:42 | 食道癌になりやすい人 | Comments(1)

アルコール依存症

内閣府が8日公表した「アルコール依存症に対する意識に関する世論調査」で、依存症の知識にかなりのばらつきがあることが分かった。

 正しい知識を複数回答で選ぶ設問で、68.5%が「飲酒をコントロールできない精神疾患」、40.1%が「誰もが依存症になる可能性がある」と答えた一方、「酒に強い人ほどなりやすい」は9.8%、「一度依存症になると治らない」は15.9%にとどまった。

 相談先については、「医療機関」が76.2%、保健所など「公的機関」が33.9%で、断酒会などの「自助グループ」は18.2%と認知度が低かった。

 政府は今年5月、「アルコール健康障害対策推進基本計画」を閣議決定した。依存症に関する意識調査を実施したのは今回が初めてで、今後の啓発や支援体制整備に生かすことにしている。

 調査は7月28日~8月7日、18歳以上の3000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は60.5%。 

[PR]
by kenzaburou41 | 2016-09-08 18:41 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)