人気ブログランキング |

カテゴリ:他臓器重複癌( 43 )

下咽頭、食道同時重複

今日は下咽頭と食道癌が同時に重複した時
どうするか

って講演で。

いやそんなのまとめたことないわ

とおもいつつまとめてみたら、その苦難の歴史。

まさに応用問題、、、

特に下咽頭進行VS食道が表在の時。

食道はm3から転移が起きる、そして内視鏡治療で治らなければ
ケモラジか手術

ですから、下咽頭癌の治療状況によっては
急いで食道の治療をしなくてはならないし

実際、下咽頭が治って食道が進行した、という
新聞報道もあるくらい。

みなさん、このパターンは要注意ですよ〜

食道癌を侮るなかれ

MMを疑うなら先にESDしましょう

MMにたっしたら半年でsmに入り、1年で進行癌になるのが食道癌ですよ

要注意ですよ〜

伝わったかしら、皆さんにこの熱い思い。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-07-18 00:16 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

7月17日

告知ですわ

名   称:第32回EGMR研究会
テ ー マ:「下咽頭・食道重複癌の診断と治療」
日   時:平成27年7月17日(金)19:00~21:00
場   所:ベルサール八重洲
講演テーマ:「下咽頭・食道重複癌の治療 ‐食道癌の立場から‐」
講演 時間:特別講演のセクションにて30分間


↑についての30分の講演スライドが
本日8割位完成。

「頭頸部癌患者さんが、食道癌と診断されていたけど
も、頭頸部癌の治療が優先され
おそらくそっちが予後にかかわるだろうと
思いきや、なんのなんの強力なCCRTによって
頭頸部癌は根治が得られ、食道癌は
いつのまにか忘れ去られ、なんか食事が
つかえるなあ、、と思って久々に内視鏡検査を
受けたら進行食道癌がみつかった。

ふりかえってみたら、以前そういえば食道に
早期がんを指摘されていた、、、えっ?

頭頸部癌あんなに進行してたのに治ったの??

そういうことが起こらないように、
耳鼻咽喉科医も年に1度の内視鏡検査を
勧めるように

そして5年で経過観察を打ち切らないように。

一度食道がんになった人は、永遠に内視鏡検査
を受け続けること。

それをこの会で伝えるんですわ

と思って

う、、講演の依頼状見たら、

「一般的な内科医が見てもわかりやすいように
食道の治療法、手術、ケモラジ、内視鏡治療について
30分で解説せよ」

とある。

ひょえ〜っ、、作り直しや〜

17日は東京駅でお会いしましょう〜


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-07-13 22:27 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

Valsalva法をやってください

2009年9月~2015年4月までに上部消化管内視鏡検査を行った下咽頭癌患者303例(男性281例,女性22例,平均年齢67.5歳:38~87歳)を対象とし,同時性食道癌の治療法と成績につき検討した.下咽頭癌と食道癌の重複は196例(64.7%)に認め,うち同時性に重複したのは105例(34.5%)であった

で始まる抄録を現在作成中~


Valsalva法で下咽頭をよーく広げて見始めてみてからの5年半で
こんなにも食道がんと重複しているとは・・・まさかの結果。

「口腔咽喉頭食道トータルケア」の重要性を食道を
専門としていない医師にも説いて行く。

食道癌のブログの生きる道

食道癌の患者さんは、のどの癌になりやすいので
Valsalva(バルサルバ)法をぜひやってくださいと
内視鏡検査を受けるときには訴えましょう。
by kenzaburou41 | 2015-06-14 23:12 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

下咽頭癌の2人に1人

新潟県立中央病院は22日、食道がんと診断した80代男性患者の治療が約2年5カ月間放置されていたと発表した。この間、男性の食道がんはステージ1から2に進行し、リンパ節にも転移したという。男性は4月に再入院し治療を受けている。
 男性は2012年10月、下咽頭がん治療のため同病院耳鼻咽喉科に入院。同月、内科で内視鏡検査し食道でもがんが発見された。下咽頭がんの治療を受け同年12月に退院したが、食道がんについては耳鼻咽喉科、内科いずれの医師も他科で治療が行われると思い込み放置していたという。
 今年3月下旬に下咽頭がんの経過観察でコンピューター断層撮影(CT)検査を行った際、食道がんが未治療であると発覚。同病院は原因について「内科医による主治医(耳鼻咽喉科)への内視鏡検査結果の報告が不十分だった」としている。 



下咽頭がん患者の2人に1人は食道癌の時代ですから
耳鼻科と内視鏡医の連携は極めて重要です

しかし患者さんは2つ癌があっても科をまたぐ場合は
どうして入院してたのに一緒に治療できなかったのか

と思うもの

そうだよなあ、ダブル主治医だったらこういう
ことは起こらないよなあ

と思いつつ

多分自分も忙しかったらこういうことが
起きるかもしれない

というのはたとえ同時性に癌があるとわかっていても
まず目の前の進行癌の方を先に倒さなければ
意味がないもの

あっちにも癌があるけど、今すぐ治療しなくても大丈夫、、、

でも頭の片隅にこういう人が確か耳鼻科にいたけど、、
を覚えておかないと。

連携は極めて重要で
いい関係を築いているところを受診しましょう。

といっても、あなたの病院、
耳鼻科といい関係を築いていますか?
なんてわかんないか。



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-05-23 06:59 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

御茶ノ水SCC研究会

東京の大学の中では規模がちいさく、

どこそれ?何それ? って田舎の人にはきかれる
わが大学。

しかし隣の歯科大学は全国的に知られていて
口腔外科にたくさんの腫瘍の患者が集まります

ここと提携しない手はないってことで

口からのどから食道までの扁平上皮領域の
スペシャリストを集結し
食道だけじゃなくてその上からケアをする
っつ〜取り組みをやろう

ってことで去年からすこしづつ提携してるんですけど

だいたい口腔外科関連の患者の4人に1人は
食道癌ってこともわかってきて

やっぱりお互い連携して早く見つかった方が
いいよね

でもお互いが同時に少し進行してみつかると
大変だよね

ってことで 「御茶ノ水SCC研究会」

を発足することになり、昨日その首脳会議があって

その事務局を
ケン三郎がまた担当することになりました

結構重要な役割だからがんばってね

と大ボスに言われて

やってみなはれ

といわれれば〜


扁平上皮癌ドンと来い!
な研究会を作り上げるんですわ

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-05-02 07:22 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

注意喚起

2009年から2014年の頭頸部癌患者 703名に
内視鏡やりました。

最新の結果。そのうち食道癌が271名(38.5%)に重複してまして。


検査対象として多かった順

下咽頭、中咽頭、舌、喉頭、口腔底、歯肉、頬粘膜、その他。

(重複あり)

で食道癌と最も関連が深かった臓器

もちろんダントツの1位は、、、、


下咽頭癌です。


272例中169例に食道癌の重複あり。  62.1%ですよ

62%っつたら、下咽頭=ほぼ食道みたいなものです。


下咽頭癌で食道癌がない人のほうがある人より少ないんです。



次に多かったのは、、喉頭、とおもいきや

第2位

口腔底癌です。  42例中23例に食道癌あり、54.7%


食道癌の人は口腔底もみなきゃいけません


第3位

中咽頭癌です。  143例中 64例  44.7%

それでも半分近く食道癌あり。

第4位が喉頭癌で 115例中42例、  36.5%に

舌、頬粘膜、歯肉といったところは20%程度ですが


中下咽頭喉頭口腔底、この4つは危ない!

酒が原因の人は食道癌がある
と思っておかねば。。

芸能人が一番かかりやすい病気
口腔咽喉頭食道

トータルケアはおまかせください~っ


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-09-27 17:23 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

胃管癌

お便り有り難うございます。

術後5年目,定期検査で早期胃管癌、
よくぞ見つけて頂いたと思います。

主治医に感謝ですね。

食道術後,食道はないとおもいきや
のどの所の食道は残っていますし
胃も細いながら残っていますから

後から胃癌が発生することも
しばしばあります。

食道は酒の病気

胃はピロリ菌の感染症

だから食道の手術後に胃にピロリ菌がいるひとは
積極的に除菌をしていたほうがいいと思います

特にピロリ菌世代の70代。

いままでは食道の再発が心配だったけど
5年たったら胃癌、頭頸部癌,肺癌
この3つは最重点観察領域です

「もうこなくていい」
といわれても
しつこく内視鏡検査だけでも受けましょう。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-09-05 23:55 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

人生最大の選択

食道癌をくいとめろ

食道癌にかかったときに

「ケモラジと手術」どっちをチョイスするか

「あのときは人生最大の選択でしたね」

と患者に言わせないようにしなきゃいけない

食道癌は単独でなることはすくない

口腔・咽喉頭・食道は同じ人がかかる 一つの危険地帯

前に頭頸部癌の既往があったのであれば

もっと早く内視鏡検査を勧めておけば、、

「手術か、ケモラジか」

ではなく

「内視鏡治療ですむか、どうか」

でチョイスができたはず。

耳鼻科医にも伝えなきゃ、、
必須ですよ、内視鏡、一緒にやりましょうよと。

手術をうけるならタバコは絶対やめなきゃいけないし

禁煙が守れない患者には
手術を勧めちゃいけない
ということも学んだ

本気で勝負しないとこの病気は治らない。

80までおいしくお酒を飲むために

50代で経鼻内視鏡検診をうけましょう


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-08-31 21:51 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

同時性4重複癌

食道癌の患者さんの3割に他臓器重複癌が
生じる。

最も多いのが胃癌と口腔咽頭癌だ。

食道癌が進行癌で,下咽頭癌もあって胃癌もある

胃癌は早期だけどporsigで体部大弯にある

下咽頭癌は上皮下浸潤癌で、1000μはありそう

一つだけなら、治療法を立てるのが
あまり悩まないが

これが3つもあるとなると、
悩ましく

「ケン三郎先生の所はきっと
そういう患者さんの経験多いでしょうから」

と相談される事も増えて来た。

責任重大っ

「ついでに肺がんもあるけど
そっちは長期生存できそうです」

え?そうなの??

食道癌は侮れない

他の臓器の癌が出来る事も多いので

膀胱癌、腎臓がん、膵臓がん、
前立腺癌

ありとあらゆる臓器をケアせねばならん

そしてそれは
解くのが難しい難問で

個々の状態にも左右される。


医者も悩むのだ

「どうしたら一番いい結果がでそうか」と。

1つ1つクリアしていかねばなんねっ。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-02-14 23:50 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

口腔外科とのコラボ始まる

いよいよ隣の病院の口腔外科とのコラボが
始まる

長年の懸案だった医と歯の協力体制

口腔外科の患者さん
耳鼻咽喉科の患者さん
食道の患者さん

この人たちは、トータルでケアしなくてはならない

ただ内視鏡を入れるのではなく

口の中から、鼻から、のども見て
食道

十二指腸なんか見てる場合じゃない

昨日その結成式、結団式が開かれ
ついに門戸が開かれたっ

食道癌ESD症例が確実に増えて
世界に誇る、扁平上皮癌治療センターを
作り上げるのだ

これからどんどん若い人にも
入ってもらって

のどを守り、SCCを根絶する

まさにケン三郎のライフワーク


がんばっぺ


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-02-01 15:44 | 他臓器重複癌 | Comments(0)