人気ブログランキング |

カテゴリ:日本食道学会( 24 )

72回食道学会 主題2

cStageⅣ食道癌に対しては、化学療法や化学放射線療法が施行されるが、根治に至らない症例が多数を占める。しかしながら、治療の奏効により非治癒因子が消失すれば、いわゆるコンバージョン手術が可能となることもある。DCFなどの奏効率の高い化学療法により、手術可能な症例もある一方、毒性に苦慮するケースもある。また、早期に再発する症例も多く、予後改善効果は不明である。そこで今後の治療戦略を検討するために、(1)どのような症例がコンバージョン手術の適応となるのか?(2)コンバージョン手術を念頭に入れた化学療法や化学放射線療法の治療コース、方法は?(3)手術を行うタイミングと、その診断方法は?(4)術後の治療あるいは経過観察はどうすべきか?(5)そもそも食道癌にコンバージョン手術が成り立つのか?などの観点からコンバージョン手術の可能性を議論して頂きたい。

1)はうんと効いた症例ですな

2)やっぱりDCF2コースか3コースか。。。4コース以上は??

3)ぶり返す前の、もっとも治療効果が得られている時期。 PETですかね

4)術後にケモできればいいけど、結構へろへろになってるでしょう。しばらく体を休めねば、、、

5)そもそもコンバージョン手術が成り立つか。 もともと全身病と思ってて、それがケモ、ケモラジで局所に限局しているかつ
切除可能になったように見える=ここは切除に行っても良さそう

しかしケモ、ケモラジでビクともしない、ほとんど効果がないのは手術しても思ったほどの効果はないでしょう

と言うことで、成り立つものもあるけど、その比率はそれほど多くはない、「治る」のを目指すのか「現状維持」を目指すのか

その辺の目標設定が大事ではなかろうか。




by kenzaburou41 | 2018-01-13 23:06 | 日本食道学会 | Comments(0)

72回食道学会 主題

食道癌に対する化学療法はcisplatinと5-fluorouracilによる2剤併用療法が標準であるが、近年ではdocetaxelを加えた3剤併用療法が広く用いられるようになっており、また化学放射線療法においても3剤併用する施設がみられる。3剤併用化学放射線療法では合併症対策が重要であり、照射野の設定も大きな影響を及ぼす。2剤と3剤では照射野を変えるのか、また粒子線照射の際には併用化学療法をどのようにするのか、大きな腫瘍に対してはどのように照射を行うのかなど、工夫は様々であると思われる。各施設で化学放射線療法の際に行っている制癌剤や照射法の新たな試み、あるいは支持療法の工夫など、より高い治療効果を得るための方策をご発表いただきたい。


今年の食道学会の演題募集

2剤と3剤で照射範囲を変えるのか?

ん?

変えないでしょう

大きな腫瘍への照射法?

ん?

支持療法の工夫?

ん?

いろんな工夫が出てきてるのか、いやそれほど変わってないのか

興味津々。



by kenzaburou41 | 2018-01-13 22:54 | 日本食道学会 | Comments(0)

71回食道学会開幕

ローマの次は食道学会っつーことで

昼前に成田に到着し

夕方軽井沢到着

会長招宴はみな、食道がん、食道疾患をなんとかしたい考え
のもとに集まった、仲間、戦友である

お互い戦う相手は違えども

少しでも食道のいい治療を提供したいと考える
人たち

その輪に入って、酒を飲みかわし

明日の治療のヒントを得る

さあ、明日から本会が始まります~

たくさん勉強してもって帰ります

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2017-06-14 23:58 | 日本食道学会 | Comments(0)

68回日本食道学会大入り満員

今東京ドームホテルでやってる
日本食道学会

世界の最新の診断、治療の限界を
求めて

限界に挑戦中

師匠の晴れ舞台に
感動ですわ~

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-07-04 11:41 | 日本食道学会 | Comments(0)

68回 日本食道学会

68回日本食道学会がいよいよ7月3,4
東京ドームホテルで開催されます。

シンポジウム1 発表6分
パネルディスカッション1 発表 7分
イブニングセミナー ミニレクチャー 7分
症例提示 30分
ポスターの座長 30分

が7月3日のみで朝から晩まであたってる。。

そして無事、今日その準備がほぼ終了。

有り難い話でございますよ

私なんかホントだめ研修医だったのに、、、ありえん。

若い研修医諸君、学生諸君! 

回りの研修医が自分よりすげえ出来るなと思っても
心配ご無用

食道外科は君のような泥臭い熱いハートの
持ち主を待っています

共に戦おうっ!

ちなみに食道学会は医学部学生さんは学生証の提示で
参加費が無料
になります。

医師は13000円、
医師以外は3000円です 


ぽちっとな

by kenzaburou41 | 2014-06-30 00:40 | 日本食道学会 | Comments(0)

食道学会迫る

いよいよ第68回日本食道学会のプログラムが届き、

臨戦態勢、、

とおもいきや。

なんと斬新なことに、抄録が掲載されずに
プログラムのみの校正で薄い本に。

その代わりにITでチェックと。

会長の英断なんですわ~

7月3日・4日は東京ドームホテルに集結なんですわ

うちから歩いて15分なんですわ

お祭りに向けて準備~っ

ぽちっとな

by kenzaburou41 | 2014-06-17 19:25 | 日本食道学会 | Comments(0)

食道学会迫る

7月3,4日に食道学会が迫り、そろそろ準備にとりかからねば
という時期なんですわ

食道大好き人間にとってはこの2日間は
たっぷり食道のことを学べる機会で

しかも会長はケン三郎の師匠、
すぐそばで教えてもらってた先生が会長だなんて

すごい喜ばしい限りですわ

食道だけで国内に学会ができるっていうのは
世界ではほとんど例がなく、日本が唯一。

難しい食道癌の治療をどうにかこうにか
うまくやろうと、日々手に汗にぎりながら
仕事をしている専門集団の集まり

いわば、同志が集まる会なんですわ

ここでいろんなことを学んだし

これからも毎年この学会は参加しなきゃなんない。

そしてすぐにそれを明日の診療に役立てる。

あ~楽しみで仕方がないけど。

もはや、ケン三郎も教えてもらう立場より
教える立場になりつつある

日々の仕事の成果を
存分に発揮できるよう、あと数週間
みっちり作戦を練るんですわ

どうだ、食道の世界面白いだろ、やりがいあるだろ
最後まであきらめない医者がたくさんいるだろ?

日本の食道屋は世界一だぜ

若い人、一緒に食道やろうぜ

そしてうまい酒が飲めるよう

みな、日本食道学会を盛り上げよう!

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-06-11 19:19 | 日本食道学会 | Comments(0)

日本食道学会2014

シンポジウム

「T1b No食道癌の診断と治療」
司会:大森  泰(慶應義塾大学医学部 内視鏡センター)
   大杉 治司(大阪市立大学大学院医学研究科 消化器外科 食道・消化管外科)
「表層拡大型食道癌に対する治療戦略」
司会:小山 恒男(JA長野厚生連 佐久総合病院 胃腸科)
   北川 雄光(慶應義塾大学医学部 外科学)
パネルディスカッション

「Stage II、III食道癌の手術治療の予後 ―胸腔鏡下手術 VS 開胸手術―」
司会:宇田川晴司(国家公務員共済組合連合会虎の門病院 消化器外科)
   桑野 博行(群馬大学大学院 病態総合外科学)
「食道表在癌の深達度診断」
司会:有馬美和子(埼玉県立がんセンター 消化器内科)
   高木 靖寛(福岡大学筑紫病院 消化器内科)
「表在型バレット食道癌の内視鏡診断」
司会:天野 祐二(国際医療福祉大学化学療法研究所附属病院 内視鏡部)
   田久保海誉(東京都健康長寿医療センター研究所 老年病理学研究チーム)
ワークショップ

「CRT・化学療法が著効するStage II、III食道癌の特徴」
司会:室   圭(愛知県がんセンター中央病院 薬物療法部)
   島田 英昭(東邦大学 外科学講座 一般消化器外科)
「切除不能食道癌に対する治療戦略」
司会:河野 辰幸(東京医科歯科大学 食道・一般外科学)
   矢野 雅彦(大阪府立成人病センター 消化器外科)
「サルベージ手術の適応と問題点―根治を求めて」
司会:武藤  学(京都大学大学院医学系研究科 腫瘍薬物治療学講座)
   日月 裕司(国立がん研究センター中央病院 食道外科)
「表在型バレット食道癌の治療」
司会:島田 英雄(東海大学医学部付属大磯病院 外科)
   矢作 直久(慶應義塾大学医学部 腫瘍センター 低侵襲療法研究開発部門)
「難治性逆流性食道炎に対する治療」
司会:木下 芳一(島根大学医学部 内科学第2)
   小澤 壯治(東海大学医学部 消化器外科)



今年食道学会を成功させよう!

締め切りは1月22日です

箱根駅伝も終わったしそろそろ
抄録作成にとりかかりますか、、

今年もどーぞ宜しくお願いします

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-01-03 18:33 | 日本食道学会 | Comments(0)

第68回日本食道学会

来年7月3、4日開催の
食道学会の主題が決まりました

テーマは「診断と治療の限界を求めて」

会長はがん・感染症センター都立駒込病院の門馬久美子先生


「T1b No食道癌の診断と治療」

「表層拡大型食道癌に対する治療戦略」

「Stage II、III食道癌の手術治療の予後 ―胸腔鏡下手術 VS 開胸手術―」

「食道表在癌の深達度診断」

「表在型バレット食道癌の内視鏡診断」

「CRT・化学療法が著効するStage II、III食道癌の特徴」

「切除不能食道癌に対する治療戦略」

「サルベージ手術の適応と問題点―根治を求めて」

「バレット表在食道癌の治療」

「難治性逆流性食道炎に対する治療」

まさに診断と治療の限界に挑戦っ〜

さらに〜


現在、プログラム集広告掲載、企業展示等にご協力いただける企業様を募集しております。
資料のご請求は以下までお願い致します。

第68回日本食道学会学術集会 運営事務局
E-mail:jes68@accessbrain.co.jp

※資料のご送付先ご住所、ご連絡先を明記ください。



来年の学会が実りあるものとなりますよう


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-12-07 07:06 | 日本食道学会 | Comments(0)

各モダリティの使い分け

食道表在癌の診断のところで発表してきたんですわ


拡大内視鏡、通常内視鏡、EUS、食道造影

この4つの検査をどう使い分けるか

ってことで、大体の発表がNBI拡大でどれくらい診断の上乗せがあるか
ってことだったんですけど。


拡大内視鏡の得意とするところと、不得意とする
ところがはっきりしてきて

B1 AVA-s=EPLPM

B2 AVA-m=MMSM1

B3 AVA-L=SM2

って分類になってるけど


SM2の中にはB2B1のみで構成されるものも少なくなく

B3がなければSM1まででとどまっている、
というわけではなさそう。

どうもSM1とSM2の鑑別をするのに
拡大内視鏡は使いにくい、、ようなんですわ


筋板から200マイクロの境界とB3がでてくる境界が
どうもあってない。もうすこし深いレベルででてくるのがB3

なのでSM1/2を詳細に区別しようとするなら
食道造影・EUSを加えたほうがよさそう


残念ながら、このセッションで食道造影が有用、という
発表は少なく


おそらく全国的にバリウム診断は下火になっているのではないか。


しかし、最初から手術しようか、いやESDをしようか
と迷うような病気に

患者さんに説得してまであなたは最初から手術したほうが
いいですよと伝えるためには。


これまで実績のある断層撮影ができるEUSと
食道造影を加えて、診断を詰めなきゃいけないのでは。



せっかくの伝統を後世に伝えねば。
by kenzaburou41 | 2013-06-18 07:31 | 日本食道学会 | Comments(0)