人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

適応外病変への内視鏡治療

表層拡大型食道癌

m1m2ならほとんど転移がないので
内視鏡で全周とってもオッケー

狭窄はステロイドと拡張を繰り返せば
大丈夫

そういうふうな風潮なので
内視鏡治療に明るい施設で
適応を拡げて行くのは
「未来の治療」を開拓していくようで
それでうまく行ったときは
誇らしい気持ちににもなる

けどもいざm3となると状況は変わります

悪性度が一ランクも2ランクもあがるので

「m3で表層拡大」を内視鏡治療で
済ませようというのはとても気が引けるし

手術で確実に治る可能性が高いのを
内視鏡に回して、あとから転移再発が
起きて、みつかったときには手遅れ

という事が起こるかもしれない

経過観察もひやひやしながら、
いつ再発が起きやしないか、、

これは放射線治療や
今はやりの陽子線治療にもいえて一度
治ったかにみえた癌がぶり返した
時の脅威というと

経験したものでないと分からない
怖さがあります。

転移の危険があって手術を勧めているのに

「内視鏡治療だけで様子を見たいです」

と言われた時。


手遅れにならないように、、、
しっかり診て行かなければ。。。

内視鏡治療で治療が終わりではなく

内視鏡治療から,不安でいっぱいの
スタートです



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-09-12 22:42 | 内視鏡治療 | Comments(0)

間違った認識?

こないだある教科書に

咽頭のどうみてもEPの1cmくらいの
表在癌が掲載されてて

「この病変に対する治療で
やってはいけない治療をえらべ」

1、ESD

2、アルゴンプラズマ焼灼

3、放射線

4、手術

と設問があり。


答えは

なんと2のアルゴンプラズマ焼灼。

えっ??

解説
「組織学的な検索ができないため
アルゴンプラズマはやるべきではない」

え、、ええっ。。。

放射線だって組織学的検索はできない
じゃん。


ESDがやりにくい部位での代替治療
として問題ないと思うんですが..


APC全くダメっ!
っていわれるとかなし〜っ。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-09-12 07:46 | 内視鏡治療 | Comments(0)

やしきたかじんさん

 橋下徹大阪市長(43)率いる「大阪維新の会」が、次期衆院選に向けて新党「日本維新の会」を結党することを決め、大阪の盛り上がりが国政にも波及しようとしている。橋下市長から目が離せない状況が続きそうだが、彼をずっとサポートしてきた大阪を代表するタレント・やしきたかじん(62)の近況が全く聞こえてこない。

 今年1月末に初期の食道ガンであることを公表した彼は、治療のために全レギュラー番組を一時降板。手術を終えて6月に退院し、現在はタバコも酒もやめて自宅で療養中だという。リハビリは順調に進んでいると伝えられ、関係者は「早ければ7月にも復帰」と語っていたが、秋の改編期になっても復帰の動きは全くない。

「手術が行われたのは4月初旬でしたが、かなり体力が落ちたため6月まで退院できなかった。現在もなかなか体力が戻らず、本当はリハビリが進んでいないと聞いている。当初は秋に復帰する予定だったが、関係者も『年内に復帰できれば…』とトーンダウンし、復帰のメドはついていないようだ。すでに大阪の番組関係者は、たかじんの復帰が絶望になってもいいように動いている」(関西芸能関係者)

 食道ガンは必要な栄養素を十分に摂取できなくなるため、急激に体力が落ちるようだ。

 退院直後は東京の家で静養し、看病を務めるモデル風美女と近所のコンビニを訪れる姿をキャッチされたこともあった。だが、最近は目撃情報が途絶えており、病状を心配する声が上がっている。

「たかじんさんはげっそりと痩せてしまって、とてもテレビに出られる状態じゃない。ほとんど自宅で寝た切り状態とも聞いています。あれほど力を入れていた橋下市長の後押しに関しても今はノータッチ。それだけ状態が深刻ということでしょう。退院したのに体調が好転していないとなると、重病説も考えられますが…」(テレビ関係者)

 食道ガンは予後が非常に悪いことで知られ、手術後もリンパ節転移によって命の危険にさらされることがある。一部メディアでは、たかじんは手術の前後にガン治療の代替療法として注目される「酵素浴」に通うため京都を何度も訪れていたと報じられている。だが、現在は京都に移動することもできず「酵素浴」に通えなくなっているという。
by kenzaburou41 | 2012-09-12 07:36 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

なかにし礼さん

今年3月に食道がんを告白していた作詞家で直木賞作家のなかにし礼氏(74)が、がんを克服し、10月1日からテレビ朝日「ワイド!スクランブル」(月~金曜前11・25)のコメンテーターに復帰することが9日、分かった。生出演した3月5日の同番組で、休養し治療に専念することを明かしていた。闘病前と変わらず、月曜日に週1回登場する。

 お茶の間に衝撃を与えた食道がん生告白から半年。なかにし氏は番組側が降板扱いとはせず、復帰を待っていたコメンテーター席に戻る。関係者は本紙に「8月23日にがんが完全に消滅したという結果を聞いたそうです」と明かした。がんの進行の程度をなかにし氏は「初期の段階よりもちょっと進んでいる」としていただけに、その後が心配されていた。

 なかにし氏は27歳と54歳の時に心筋梗塞を患っているため、手術に不安があった。今年7月に発売した著書「人生の教科書」(ワニブックス)では「現在の日本における“切らずに治すがん治療”の全知全能にかけてみようと決心した」と告白。関係者によると、放射線治療の一種「陽子線治療」を見つけ、その治療効果で克服したという。

 「ワイド!スクランブル」では01年11月からレギュラー。文化や芸能のほか、事件や政治について鋭いながら温かい気持ちをうかがわせるコメントが好評だった。闘病に入る前、復帰について「新しい試練として、何とか克服できて元気な自分に戻ったら」と語っていただけに、多くの視聴者から温かく迎えられそうだ。

 これまでに、北原ミレイ(64)の「石狩挽歌」(75年)、細川たかし(62)の「北酒場」(82年)、故石原裕次郎さんの「わが人生に悔いなし」(87年)など多数のヒット曲で人生を描いてきたなかにし氏。今後の活動がますます楽しみとなる。
by kenzaburou41 | 2012-09-10 20:21 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(1)

文京区の検診

ケン三郎の住んでる文京区も
がん検診はやってて、

40歳以上「無料でバリウムの胃癌検診
が行われており

え?そうなの??

町内会の掲示板で見かけて
やっと気付く。

「やってるけど、あんまり伝わってない」

たとえ検査を受けたととしても

「口腔〜咽喉頭〜食道」は
バリウムでスルーされる

ということで、

行政側としては「検査を実施しているのに
受けてない人のことは知りません」

受ける側としては「検査が重要なのは
わかってますけど、実際に足を運ぶのは
おっくう」

この両者がいいバランスで成り立ってるので
検診率が上がらない。

上げるためには知恵を絞らねば..

この先10年も20年先も
このバリウム検診を続けるのだろうか。
by kenzaburou41 | 2012-09-09 23:00 | ひとり言 | Comments(0)

酒飲みの男性にもクーポンを

厚生労働省の第35回がん対策推進協議会が9月5日に開催され、同省2013年度の予算概算要求の中に、子宮頸がんリスクと関係するHPV(ヒトパピローマウイルス)検査を実施する方針を報告した。女性特有のがんを早期発見するのが狙い。

 厚労省によると、日本における子宮頸がんの死亡率は、他の先進諸国と異なり上昇傾向にあり、現在人口10万人当たり2.6人。厚労省は2009年度から、細胞診の無料クーポンを、20歳から40歳までの女性に対し、5年間隔で配布してきた。ただ、細胞診では、約15%子宮頸がんを見逃すリスクがある。HPV検査を細胞診と合わせて実施すれは、「見落としはほぼなくなる」(厚労省)という。対象は、罹患率の高い30代女性全員の予定。

 協議会に出席した東大医学部附属病院放射線科の中川恵一準教授は、現行の細胞診の受診率が30%台にとどまっていることを指摘した上で「進め方を十分議論してほしい」。NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会の松本陽子理事長は「過剰診断につながらないように、正しい知識が伝わるように取り組んでほしい」と注文をつけた。

 厚労省は、乳がんの検診についても、40代後半から50代後半の女性に全員に検診クーポンを配布する施策を含めて、がんの早期発見に向けて、116億円を要求。ほかにも、がん治療創薬研究の推進(50億円)、がん診断時からの緩和ケアの推進(8.2億円)、がん患者らの治療と職業生活の両立(5.1億円)、小児がん対策の推進(4.8億円)、禁煙対策の強化(1.6億円)を要求したことも報告した。がん対策関連施策の要求総額は392億円で、2012年度の予算額275億円と比べ、大幅に増えた。



「酒飲み,タバコのみの男性」にもクーポンを


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-09-09 09:19 | ひとり言 | Comments(0)

第4回日本モンゴル国際消化器がんシンポジウム

モンゴルから無事に帰って参りました。

モンゴルの学会場で、昔モンゴルから
うちの大学に留学に来ていた先生が
見に来ていたんですね

ケン三郎の発表のあと、
「センセー、ようこそモンゴルへっ、
今晩時間ある?少しでも飲もう、招待するから」

って、全員参加の夕食会のあと、抜け出して
2人で酒を酌み交わしたんですわ

モンゴル,冬はマイナス30度まで冷え込む
らしく、9月でも夜は10度くらいで
めちゃ寒い、だからウォッカ飲むと
くーっと体が熱くなってほっかほかに

でものどにはしみる。

「頭頸部、食道癌多い環境じゃない?」

って聞いたら、ウランバートルに
いま患者を集約して癌の診断治療に
力を入れ始めているとこ、

まだまだ早期癌は少ないとか

「先生、私、日本で勉強して、日本の
内視鏡での早期癌の発見法とか手術、教えて
もらって、すごく為になったんです、
あの方法をモンゴルに持ち帰って
国のために役立ちたいんです。先生
是非今度は学会だけじゃなくて、手術や
内視鏡治療を教えにきて下さい」

っていうんです。

日本では当たり前でも、他の国から
見たら、ものすごい先進なことを
やっている

なかなか日本にいると気付かない。

口からの内視鏡が既に根付いている
日本で、鼻からの内視鏡が浸透するには
まだまだ時間がかかりそう。

でも内視鏡検査がまだまだ
「普通」じゃない環境ならば
簡単に変えられるかも


「モンゴルで経鼻内視鏡やったら
いいよ,絶対患者さんが集まるよ、
きっと頭頸部、食道癌が早く見つかるよ
こんなに歓迎してくれてありがとう、
また来るから,教えるから」

ってその夜は別れたんですわ

で、その次の夜(帰国前夜)も
突然ホテルの電話が鳴って
「先生,また会いに来た」
っていう。

ロビーに降りて行くと
たくさんのお土産をもって
立っている

「先生、これ、お世話になった
日本の先生たちに
私から感謝を込めて」

そんなに慕ってくれて、、、
と感激したんですわ

普通に内視鏡したり
手術したりできることが
すごく幸せなことなんだな、、

って改めて感じたんですわ


ぽちっとな

モンゴルにまた行こう。
by kenzaburou41 | 2012-09-08 23:52 | 学会奮闘記 | Comments(2)

スライド完成

パワーポイントのスライドショーで
実際に提示する画面と

自分でみる用の画面
が別に作れて、そこに読み原稿の
英語のカンペを書いておくと、

画面をみながらスピーチができるっつー
ことがわかり

結局、暗記はやめて、文明の利器に頼ることに。。


たぶん英語のスピーチだってその場でモンゴル語に
変換できるソフトなんか簡単にできちゃう世の中だし。

「英語覚えるのや~め~たっ」って
思わせるような機器です。

さあスライド、完成しました。

スライド完成_b0180148_21535972.jpg




がんばって参ります。




ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-09-04 22:00 | 学会奮闘記 | Comments(4)

検診の国 日本

チリから大ボスが帰ってきて

「チリでも最新検診が進んできて
胃癌なんかも早期で見つかるように
なってきたようだよ」

とのこと、

それでも日本の早期胃癌の拾い上げは
世界では驚異的なものらしく

早期癌の占める割合が5割以上??

そんな国どこさがしてもないわけで

だからこそ

食道癌も咽喉頭癌も口腔内癌だって

その気になれば日本の内視鏡医は
きっと探せると思います。


日本に産まれてよかった〜

(織田裕二風に)

から、

日本の技術を世界へ〜

あさってからモンゴルの
学会、頑張って参ります。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-09-03 23:47 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

MMカンファ

外科が「食道、胃、大腸、肝胆膵,乳腺、血管」
と専門分野で分かれて、今は各診療科ごとに
問題を解決してるのですが

昔、週に一度、その病棟で術後もしくは
再発やらなにやらで状態の悪い人、
もしくは亡くなった患者さん

その問題が何か?

ってのを突き詰める
「mortalityand Morbidity カンファレンス」
てのがあって

病棟医長がそれを前もって調べて、
週に2人か3人が対象になる

術後管理で忙しい上にその
カンファレンスの準備もしなきゃ
いけないっていう、、会がありまして。

「術後管理だけでも大変なのに〜
ってかなり不評だった、MMカンファ」

2000年頃の記録がでてまいりました。

2月4日 食道癌術後発熱 右腎梗塞

3月10日 食道癌術後肝硬変 腹水多量
MRSA腸炎,腎障害

食道癌術後肺炎(MRSA肺炎疑い)

3月24日 食道癌、化学放射線療法,肺転移、
呼吸障害

3月31日 食道癌術後、肝硬変、食道ろう、小腸による
再建、MRSA腎症、血液透析

4月28日 食道癌術後、胃管肺ろう、肺炎、気管開窓術、ステント留置

5月12日 食道癌呼吸困難で緊急入院、気管ステント留置、敗血症

6月2日 食道癌術後頸部リンパ節転移、反回神経麻痺、放射線治療、呼吸困難、食道気管ろう、気道出血

6月9日食道癌,気管浸潤、気管ステント留置、肺膿瘍

、、、



毎月毎月、術後の肺炎や縫合不全で苦労している例や、
再発していろいろ対応したけど
治療が難しくなって、、、と

その話を、それほど術後管理が大変でない
他の専門の外科医の前で話しなきゃいけない。


「食道は大変だねえ」

といわれながらも、でも食道癌の
患者さんと向き合ってる食道外科医。

あの頃もきつかったけども
今もやっぱりちょっと油断すると
状態が悪化する。

丁寧な術後管理が必要で

全国の食道外科医
みんな頑張ってます。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2012-09-02 11:29 | 手術の合併症の話 | Comments(0)