人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

イグノーベルのほう

スウェーデンのカロリンスカ研究所は6日、2014年のノーベル生理学・医学賞を米国と英国の国籍を持つ英ロンドン大学のジョン・オキーフ教授(74)、ノルウェー科学技術大学のマイブリット・モーセル教授(51)と夫のエドバルト・モーセル教授(52)の3氏に贈ると発表した。

ノーベル生理学・医学賞に決まった、左からジョン・オキーフ、マイブリット・モーセル、エドバルト・モーセルの各氏=AP
 授賞理由は「脳内で空間感覚を担う神経細胞の発見」。頭の中で全地球測位システム(GPS)のように働く神経細胞のつながりを明らかにした。

 オキーフ氏は1971年、ネズミが部屋の特定の場所にいるときにだけ活発に働く神経細胞である「場所細胞」を見つけた。モーセル夫妻はさらに2005年、方向感覚や位置関係をつかさどるのに必要な「グリッド細胞」を発見した。場所細胞は記憶などに関係する脳の海馬にあり、グリッド細胞はその近くにある。この2種類の細胞が連携して働いていた。

 これらの研究は動物が自分のいる場所の空間地図を脳内で作ったり、迷わずに目的の場所にたどり着けたりする能力を持つ有力な証拠となった。最近の研究でヒトにも場所細胞やグリッド細胞があるのがわかってきた。認知症のアルツハイマー病によって海馬などの働きが低下すると、道に迷ったりどこにいるかわからなくなったりする。




このままじゃノーベル賞はもらえねえ


知恵をしぼろう


万人に役立つなにかを

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-11 01:34 | ひとり言 | Comments(0)

何も言えねえ

食道癌の患者さんは
昔からそうですが
ものすごく進行しているか
ものすごく早期か
の2種類に分かれます。

同じ種類の癌だけど
早くみつかった方と
進行してみつかった方の差は大きく

共通しているのは
「先生、酒はいつから飲めますか?」

と治療が終わってから聞く事。


う〜ん、俺の口からはいえねえ

何も言えねえ


北島康介。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-10 00:40 | ひとり言 | Comments(0)

食道胃接合部がん

 肥満や食の欧米化を理由に増加が指摘されている「食道胃接合部がん」について、日本胃癌
がん学会と日本食道学会は初の手術基準をまとめ、公表した。

 部位の明確な定義がなく、手術の切除範囲がバラバラだった現状に対し具体的な基準を示したもので、胃の全摘など過剰な切除を減らす効果が期待される。

 食道と胃の接合部にできるがんは、胃酸の逆流が主な原因とされる。逆流は高齢者や、肥満の人、脂っこい食事を続ける人に起こりやすい。胃がんと同じく粘液を分泌する部分で発生し、一般的な食道がんとは性質が異なる。

 米国の報告によると、多くのがんが減少する中、このタイプのがんが増えており、患者数は1975年から30年間で約5倍増。手術基準の作成を進めた東大病院胃・食道外科の瀬戸泰之教授は「日本では、胃がんか食道がんのいずれかに分類されてきたため、正確な患者数は不明だが、全国の状況を見ると、10年で2倍になった印象がある」と説明する。

 両学会は、胃が専門の外科医と食道が専門の外科医で切除範囲が大きく異なることを問題視し、2011年から共同研究を開始。273病院で過去に手術を受けた3177人の情報を分析した結果、直径4センチ以下のがんの多くは、胃の全摘をせず、半分近く残せることなどが判明した。



10年間で2倍???

え?


食道屋さんからすると全くそんな
感じしないけど。。。


すくなくともバレット食道癌は増えてない
とおもう。


胃全摘は必要ない、というのは
食道屋からすると常識にも思えるけど。。

今日の常識は明日の非常識。

勉強勉強。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-08 01:13 | バレット食道 | Comments(0)

サルベージCRT

手術したときに癌が気管に残ってしまった。

主治医は追加のCRTをやりましょうというが
意味があるんですか?どれくらい生きられるのでしょうか
というご質問。

意味はおおありで、

手術のときに取ってきた組織の中でリンパ節転移があまりなくて
局所だけが深く周辺臓器に浸潤していた、

というかたには大いに治る見込みがあります。

我々の施設で27名そういう方がいて、いそいでCRTを追加したところ、
だいたい7割くらいの人が効果有り、完全に消えたように見えた人が
約半分、

1年生きられた人が66%

3年生きられた人が35%

5年生きられた人が35%


ということで3人に1人は5年生きられた
という成績です。


ステージⅣですから予後は悪くて
3年生存率が27%くらいというのが通常ですが

手術+化学療法もしくは放射線で残ったところに絞って
照射を加え、かつ遠隔転移の予防に抗がん剤をすることで
長生きできる可能性は十分あります。

しかし、効果には個人差がありますので
1年もたずに亡くなる方もいますので

いずれにせよ親を大事に

親孝行は今のうちに。。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-07 00:18 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

お金がない

食道癌で食事がとれない
ことがわかり

治療しなくては、栄養失調で倒れてしまう

けど、医療費が払えない。。。どうしよう

「私はもういいんです、払えませんし、、」
と検査を躊躇している患者さんがいて

案の定検査にも来院せず。

心配して電話をかけたら

「医療費もはらえない、そっちにいく電車賃もないんです
もう私は私の好きにさせて欲しい、周りに迷惑をかけたくないんです」

という。

そうはいっても、飯くえなくて、ほっといたら死んじゃいますよ、、

迷惑をかけたくない、、といっても

これから出血したり、栄養失調で倒れて救急に運ばれ
さらに入院、検査、いよいよになってから救命するとなると
こっちも苦労するし、お金もかかるし、、、

そうやって放置していよいよ食道に孔が空いて
入院、絶食というのにコーヒーのんで
熱出して、、「好き勝手」にもほどがある。

今は迷惑かけてないかもしれないけど
将来国民にその医療費を払ってもらうわけだから

「将来的には迷惑をかける怖れ大」

今来てくれたらなんとか治療できるかもしれないし

最近TVのせいで手術、抗がん剤、放射線=悪

「自然に任せる」ブーム

いやいや困ったご時世でございます。


もう一回 電話しなきゃ。

「ああ俺のこと気にしてくれてるんだ」

ッてのがきっと心にしみる

日本は世界最高の食道癌治療やってるけど
ハートも熱いぜよ!


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-06 14:55 | がん患者学 | Comments(0)

残念な論文

ケン三郎が2004年くらいに
症例報告した放射線治療後に急速に再発した
食道癌ってのがあるんですが

放射線やってすごく小さくなったけど
一部癌が遺残しました

2ヶ月後に内視鏡やったら
元の状態よりももっとでっかく
なって周りに壁内転移もたくさん
でて右頚部にぼこっとでっかい
リンパ節転移がでて

あっという間に亡くなりました

というもの。

今考えると、それほど珍しい
ことでもないし

癌が完全消失にならなかった時点で
先を見据えて手をうたなくっちゃ
いけなかったかも、、

ということ

しかしこういう進行食道癌には何やっても
歯が立たない可能性が高い

はやくサルベージ手術しておけば
よかった?

あるいはガンガンにDCFなり
TS1−アドリアマイシンーパクリタキセル

やったり

それで救えていたかとおもうと
甚だ疑問。

ああ,残ってしまったか、、
これでは癌の根治はきわめて厳しい、、、

と気持ちの中ではかなりショックを
うけながら

かなり小さくなってますと、
患者さんには治療効果を強調すべきか


全部正確に伝える必要は無いな。

予後がどうかなんて
誰にも分からないもの。

机の引っ越ししてたらそんな
論文がでてきて

いろいろ考えちゃいます。



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-04 07:19 | 放射線治療 | Comments(1)

全く効かない時

食道癌 放射線やりました

結果の内視鏡やりました

え?

治療したはずの癌がそこに
で~んと居座ってる

う、、、

全く効いてないじゃない。。(汗)


患者さんや家族はもちろん、あれだけ大変な
思いをしたのだから効いてることを期待し

俺らも、きっと良くなってるでしょう
を期待したのに、、、


「残念ながら全く効いてません」というのがいいか

「あんまり大きくなってないですね」
がいいのか

「よかったですね、すくなくとも進行は食い止めたようです」

がいいのか。。。


効いてないということは、、次に打つ手がまた
限られるということ、

少なくともここで完全消失に見えなきゃ
先が見えない、、、

けれど

がっかりな内容だけどもいい方によっては
その後の気持ちのもちようだって変わる。


予想しない結果がでたときにどう表現するか。。。


日々修練。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-02 23:33 | 放射線治療 | Comments(0)

日帰り治療

食道上皮内癌の日帰り治療 APC

Argon Plasma Coagulation
略してAPC

癌に雷を落として
癌をやっつけちゃう方法で
上皮内癌に極めて有効な治療法です。

小さなヨード不染は
外来に来てもらって
アルゴンプラズマで焼いて

剥がしてまた焼いて
おしまい

15分で終了

病理?
見た目 上皮内癌でしょ?
知る必要ある?

放射線治療だって
病理わかんないけど
オッケーなんだし。

これほど負担の軽い治療は
ない

先日APCやった患者さんに

「2−3日はしみたり、鈍い
痛みがありますからね刺激物は
避けて下さい」

「はい、有り難うございます」

「あと,お酒もいけません」

と患者さんに言ったら


ものすごく切ない顔して
絶句。

「え、、お酒ダメなんですか?」


も〜こういう人だから
また癌がでてくるというのに、、、

日帰りで済んだんだから
こちらの指示を守って下さいね。


食道が残ってる幸せ


肝臓を休める日があるならば

食道を休める日も作りなさい!

3日に2日は休食日を。

あの人は絶対飲んでるだろうなあ、、、

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-02 01:12 | アルゴンプラズマ焼灼法 | Comments(1)

何もしないという選択

手術後3ヶ月で再発が見つかったとき。

とったはずの癌が、もうでてきた
ということは
それだけスピードも速く

悪性度が高いということ。

抗がん剤や放射線治療が
効くといっても、しんどい治療
である事は間違いないし

苦しいだけで効かないこともある。

「今取り立てていたいとか苦しい
とか症状があるわけではないですし、
効くか効かないかわからないなら
動ける時間を大事に使いたい」

なぜそういう発想に。。

「知り合いが、再発して
抗がん剤やったんですけど
効かなくて3ヶ月くらいで
あっという間に亡くなったんです、

効かないとわかっていたら、
すこしでも動けるうちに
好きな事をさせてあげたらよかった
酒もタバコも制限なく
飲ませてやりたかった」

そういう意見もわかるし

何がなんでもがんを克服したいから
ありとあらゆる治療を受けたい
という人もいる

人生の岐路、癌になったとき

どういう治療を受けたいか

すぐに再発したときに
医者はこの悪い情報をどういうふうに
伝えるべきか、治療を薦めるか、、

いくつになっても難しいです。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-02 00:49 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

地味な治療

ESDにくらべると食道APCは
地味な治療ですわ

APCがいくらうまくても
講演で呼ばれることもないし

ライブでやってくれって
頼まれた事も無いし

海外で英語使いながら
講師として指導なんて
こともないんですわ

焼いて剥がしてまた
焼いて

それでおしまい

聞いてる聴衆が え?
それでおしまい?

は、はい、おしまいです。

簡単でしょ? 

それにくらべるとESDは
筋層をこうすると傷つけないとか

太い血管をしっかり露出して焼いて
だとか

瘢痕はこう切るとか

全周切っても大丈夫とか

採れた標本がでかい程,
賞賛されるんですわ

DVDだってでるし。

APCなんて
全く地味。

組織取れないから
負け戦みたいな扱いで

光が当たらない世界。。

でも

APCのいいところは
誰でも簡単にできるし
穴があかないことですわ

高齢者,認知症、入院もできない
ESDで穴あけちゃって引き返した

訳あり食道癌にちょうどいい治療ですわ

スキマ産業だけど

お酒がやめられない食道癌リピーター
への貢献はものすごくでかいんですわ

来年はこのネタをもう一度
やりますかね、、、


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-10-01 01:01 | アルゴンプラズマ焼灼法 | Comments(0)