人気ブログランキング |

<   2015年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

頭頸部表在癌内視鏡治療後の長期成績


これまでに経験した223例350病変のうち、

2年以上経過観察できた116例 184病変の頭頸部表在がん

下咽頭癌が最も多く、141病変

梨状陥凹が88 後壁が44 輪状後部が9

梨状陥凹は左右にわかれてほぼ同数、酒がたまる領域だから
均等に癌ができやすい

中咽頭癌は34病変、このうち後壁が消化器内視鏡で見つけやすい
のでもっとも多いが、耳鼻咽喉科によると
側壁、前壁、上壁、後壁の順で後壁はもっとも少ない。

喉頭癌は9病変、声門上が6、声門が3。

治療 ELPS 117  EMR 46 ESD 14 APC 2  生検のみ5

EP癌103

SEP癌 81

同時性多発癌が27例 23%

異時性多発癌が20例 17%    合わせると4割。 


食道癌は多発が原則だが、咽頭癌も多発が原則である。

EP癌の大きさ中央値 13mm

SEP癌の大きさ中央値 20mm 

SEP癌のリンパ節転移7例 6%

術前抗がん剤をやるくらいのSEP massive癌や
腫瘍の厚み1500μm以上
脈管侵襲陽性例などは転移する可能性を考慮すべき

昔は彎曲型喉頭鏡もなかったし、EMRの分割が主体だったので
局所再発も多かったが、今は、視野もとれるし、
口から電気メスやかん子をつかって簡単に一括切除できるので
局所再発はうんと減った。

長期予後 原病死2例

     他病死5例

     他癌死21例。  もともと進行食道癌のかたに下咽頭表在がん
ができて、それを治療してたので、当然食道癌で亡くなるかたが多い。

    しかし、それに加えて要注意なのはあとからでてくる肺がん。

    のど見て食道みて胃をみて、ほんのちょっと十二指腸みて

    消化器の癌はカメラがすげえ進化したので、早期がんも発見
    しやすいが

    特に肺がんは気をつけないとスルーされやすい

    
   ふう、、学会の抄録登録まにあったぜよ。


   SEPは食道でいうm2~SM3まで含まれるから

   消化器のように SEP1, SEP2, SEP3とかに分けるべし。

   SEP1:m2くらいの下方進展

   SEP2;浸潤癌だが厚み1mm以下

   SEP3;厚みが1mm以上で転移リスク高いもの
    

   な〜んてことを将来いえたらいいのになあ〜



    ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-18 23:05 | 頭頸部表在癌研究会 | Comments(0)

早期食道癌診断勉強会

今日は
隆起型の食道表在がん、いくらバターン

化学療法による修飾がくわわった表在がんの2例
を検討いたしました。

来月はいよいよ、チリからあの先生が
帰ってきます!

おかえりなさいの会を企画しなきゃ〜

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-14 19:09 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

もうけ

食道外科が病院の利益に貢献してるか?

なる問題があって

食道外科の手術はすればするほど赤字になるか?
食道の抗がん剤治療は病院にとってもうけになるか?
食道の内視鏡治療はもうかるか?

という問いかけを
経営陣から教えてもらう、という機会があって


それによると、食道の手術は、保険点数も高く
合併症なく、やっていただけるとありがたい。

逆に抗がん剤治療は、病院のもうけにはあまり
ならないので、よその病院でできることなら
よそにお任せしてほしい

内視鏡治療はESDのほうがEMRよりも儲かるので
どんどんESDで取ってほしい

という。

う〜ん、経営のことを考えると、
手術とESDの2本立てがもうかるらしい。


やっぱり、世の流れはESDなのよねえ〜

好きなように病気を一括切除できるから
当然、医師にとってはESDが主流ってのは
わかる話


しかし、これからどんどん高齢者も増えて
医療費もたくさんかかる時代。


もうけも考えなきゃなんないけど

医療費を抑えることも一人一人が
かんがえなくてはなんね。

あと、医者のモチベーションの問題

ESDや手術でどんどん食道を切ったとして
そのがんばった数の分だけ医師にも
メディカルスタッフにもボーナス
があるとか、

夏休みが2週間あるとか

一般企業でできることが
なぜできない

そういう「あめむち」がなきゃあ、
忙しすぎてやってらんね〜ぜよ。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-14 00:55 | ひとり言 | Comments(0)

アメイジングEMR

今日はタイから食道外科見学希望の心臓外科の若い医者が来てて

EMRを見せたんですわ

印つけて、局注して、爪付きキャップにスネアを装着

きゅ〜んと吸引して、ジーッっと焼き切って

食道癌もコロリ。

そしたら、その心臓外科の若い先生が

「なんてことだ〜っ ポリープを切るのはみたことあるけど

あんな平坦なものを浮かせて絞扼して、一気にきるんだんて
なんてアメイジングなんだ〜っ

と興奮。

いやあ、これ20年以上前から日本ではやってる伝統工芸なんだぜ!

わお、20年、さらにアメイジング!!

う、、EMRでこんなに喜んでくれるなんて

今や日本の医学生も喜んでくれず、見にも来てくれないEMRを。

うれしいじゃないですか〜


いっつあ あめいじんぐ、 ゆーあーアメイジング

アメイジングEMRですわ

いいものは残す 伝統はのこすぞ。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-09 23:26 | 内視鏡治療 | Comments(0)

中咽頭癌

三笑亭夢丸さん69歳(さんしょうてい・ゆめまる<本名・坂田宏=さかた・ひろし>落語家)7日、中咽頭(いんとう)がんのため死去。通夜は13日午後6時、葬儀は14日午前11時、東京都荒川区町屋1の23の4の町屋斎場。喪主は妻八重子(やえこ)さん。

 横浜市出身。1964年三笑亭夢楽に入門し、夢八。78年に真打ち昇進し、夢丸を名乗った。長寿演芸番組「笑点」や、番組リポーターをつとめた「ルックルックこんにちは」など、テレビでも活躍。2001年から「夢丸新江戸噺」として江戸を舞台にした新作落語の一般公募を続け、落語の継承と発展に尽力した。



噺家さんと頭頸部~食道癌 最近よく見聞きします。
by kenzaburou41 | 2015-03-08 16:54 | がん患者学 | Comments(0)

サンプリング

外科医が手術するT1a-MMってのは
0-Ⅰ 0-Ⅲ 辺縁隆起を伴う陥凹型食道がん
とか

どうみてもsmにしっかり入ってるやつとか

そういうのを多くいれると転移頻度はあがるし

逆に、内視鏡医がこれESDでいいでしょう、転移もないでしょう、
M2かとおもったらちょっとMMにタッチしてた
っていうのをたくさんいれたら転移頻度は下がります。


サンプリングを均等にしなきゃなんねえですが

本当は消化器外科のNCD登録のように、内視鏡治療やったMMも手術やったMM
もデータセンターに集めて解析したほうが、真の転移頻度がわかるだろうし

あ、この形だったら転移かなりの率ですよ、最初から手術ですよ


なんてのがわかるといいんですが。
by kenzaburou41 | 2015-03-08 01:22 | 食道癌診断治療ガイドライン | Comments(0)

転移のあった食道MM癌

7月の食道色素の主題が
「転移のあった食道MM癌」
なのですが。

MM癌は10%くらい転移があるよ

という評価。


この根拠となってきたのが第46回食道色素研究会アンケート調査。

当時21施設からアンケート回収。

m3の489例とsm1の260例を集めました。

その内訳、 外科 15施設 内科 6施設   


m3sm1 749例中 食道切除が416例、EMRが221例、ブラントが91例

おおっ、、手術VS EMRが 5:2  外科切除が主流だった時代の成績だったか。

あれから10年以上経過し。

ESDが主体の現在、この比率は大きく変化し、 

今や m3を最初から手術するのは 1割あるかどうか。

9:1がESDではないでしょうか。

とすると、 

LPMでちょっとMMにタッチくらいの転移心配ないMM

って症例が入ってきて

この転移率9.3%という数字は実は半分くらいに下がるのではないか?


というのがケン三郎の思惑で。


アンケート調査、外科にも内科にも声かけねば。。。。



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-07 00:47 | 食道色素研究会 | Comments(1)

陽子線後の手術

陽子線治療後の手術って
どんなもんだろう?

っていうけど

放射線治療後と違うんだろうか

陽子線だからピンポイントにあたっているので
さくさくはがれやすい

たぶんきっとそんなことはなく

PDTのあとの再手術はとても大変って
聞いたことがあるし


線維化で固くなっていて、境界がわかりにくく、、、
by kenzaburou41 | 2015-03-07 00:24 | サルベージ手術 | Comments(0)

サルベージリンパ節郭清

2012年に食道がんから復帰した直木賞作家で作詞家・なかにし礼氏(76)が6日、パーソナリティーを務める文化放送「明日への風」(金曜、後7・30)内で、がんが再発したことを明かした。2月25日に手術は成功したが現在も都内の病院に入院しており、当面休養することを発表した。

 先月20日に収録された番組の本編終了後、なかにし氏はボイスメッセージで「実は以前から恐れていたがんが再発しまして」と切り出し、「今回手術をいたしました。またどうなるかは分かりませんが、しばらく闘病生活を余儀なくされております」と明かした。

 復帰時期は未定といい、「手術はしましたけれど、生きて帰ってまいりましたので、少々休養させていただきながら、番組に一日も早く復帰していきたいと、そう思っております。どうぞ私の健闘を見守ってください。みなさまと、またちゃんとした形でお仕事がご一緒できることを楽しみにしております」と再起を誓った。

 関係者によると、なかにし氏は3カ月に1度、定期検診を受けていた。今年1月末に再発の疑いがあり、2月上旬の精密検査で食道横のリンパ節にがんが見つかり、同24日に入院。同25日に手術した。現在も入院している。

 メッセージは3月4日に病院内で録音したという。退院時期は担当医と協議して決める。

 なかにし氏は12年3月5日に食道がんであることを公表。病巣を狙い打ちできるという陽子線治療を受け、同年10月に復帰。執筆など仕事を再開していた。番組はなかにし氏の復帰まで、現出演者らで放送を続けていく。



3年経過して主病巣が治っていて
リンパ節が1個だけ腫れている

T0N1M0

時間が経ってからの再発だから、ここで
手術で綺麗に取りきっていれば
いい結果がでるんじゃないだろうか、

うまくいきますようにお祈り。
by kenzaburou41 | 2015-03-06 22:50 | がん患者学 | Comments(0)

痛恨

時々、学会とかで「なんでこの症例をESDしたんだろう、
どう見ても内視鏡治療の適応ないじゃない」

と思うほどの粘膜下層癌にぶちあたることがある

しかし、ずーっとその患者さんの担当で
内視鏡を担当していて

SM癌になるまで病変に気がつかず

あれ、癌かもしれないぞ
と思って緊密に見ていて

実際とってみたらSMに深く入っていた、

というのは起こり得る話で。

「諸事情をふまえ、どう見てもSm2で、最初から
手術すべき症例ですけどESDをやりました」

という。

その患者さんをずーっと見ていた医者からみると、
なんでもう少し早く
気がつかなかったか

「痛恨」であり

いくら診断技術が上がっても
素晴らしいESD技術、手術技術をもっていても

「痛恨」は医者をやっている以上、
つきまとう

この痛恨はなぜ起きたのか、、、と回顧して
次はこういうことを無くさなければ、、

というのが臨床医。


うまくいった症例はあまり覚えてないけど

うまくいかなかった症例は特によく覚えている

20年経ってもすこしも変わらない

まだまだ〜っ


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-06 00:40 | がん患者学 | Comments(0)