<   2017年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ハンドブック

先日発売された、内視鏡ハンドブック第2版には

第1版の発行から時間が経っているにも関わらず

バルサルバ法は下咽頭観察時に「息をウッとこらえる」
と書いてありますがこれは間違いです。

正しくは経口的にバルサマウスを装着し、おおきく息すったあとに、
一気に息を吐いて、口を結んで息が外にもれないようにして
頬をできるだけ膨らませ続ける(約10秒)

あるいはバルサマウスを使わずに鼻から内視鏡を挿入して
上のような手技を行う、が正しいです。

咽頭部の観察は、経鼻ならいくらでも時間がかけられますが
苦痛を減らすためにはささっと舐めるように観察するのが
大事です。

時々患者さんが「ふー」と息をそとに漏らすことがありますが
これでは十分な喉頭展開が得られません

事前によく練習して臨みましょう

高齢者では下顎を前方に引っ張るだけでよく上がることがあります。

明日からぜひお試しください。





[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-17 23:55 | ひとり言 | Comments(0)

第18回頭頸部表在癌研究会

b0180148_1750737.jpg



告知です。

7月1日土曜日 10時から

国立がんセンター中央病院 築地キャンパス
国際研究交流会館3階 国際会議場にて

[第18回頭頸部表在癌研究会」
がひらかれます。

5月31日締め切りですが
演題募集中です。
演題、所属、演者 抄録800字以内で 

都立駒込病院 耳鼻咽喉科頭頸部腫瘍外科
杉本太郎 先生
sugimoto.otohns@cick.jp まで

ふるってご応募ください
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-17 17:54 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

高齢者に手術

高齢者だから手術無理だろう、
ってことはなくって

食道癌が進行してせまくなって食べられない

ここからケモラジをやって

完全によくなって食べられるようになる、までかなり時間が
かかり

しかも完全奏効にいたるか予想がつかない

だったら手術を頑張ってやって
ものの6~7時間で開胸開腹で手術して

あとは肺炎に注意

低肺機能だったら気管開窓をおいていつでも人工呼吸器
につなげるようにしておいて


最新の注意を払って術後管理していけば。。。

ケモラジが効かなくてサルベージ手術にまわるよりは
よっぽどマシ。


ですけど、高齢者、いろんな意見があったり

素人判断で、[手術はきっとあぶない、危険だ」
という都市伝説があったりで


なるべく不安を和らげてあげられるように

腕を、チーム力を、何か起きたときの瞬時の対応力を 磨くべし


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-16 20:37 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

セミナー講師依頼

セミナー講師の記事書いた途端に

セミナー講師の依頼来る!

うっそー

そんなばかな〜

偉い先生がまさかこのブログみてはるんやなかろか〜

でも食道外科医っつうベースがあってのこのお仕事依頼。

食道癌のブログを書き続けてきたからこそのオファー

有難い話ですわ


[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-16 06:17 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

セミナー講師

毎年、内視鏡学会主催のセミナーがあって

いつかケン三郎にもお声がかからんかなあと
期待しているけど

今回もお声がかからず

咽頭領域での「経口NBIの有用性」がおそらくはセミナーで話され

全国にああ、こういうやり方でいいんだなと持ち帰り

そして経鼻内視鏡の普及が閉ざされるのを繰り返す

やっぱりアウトローではいかんのです

たくさん論文書いて、業績作って
評議員になって、理事になって、という段階を踏まないと
そう簡単には認められんのです

段取りを踏んだ人だけに認められる特権。

セミナーの講師。

今回、ある超有名雑誌に経鼻の有用性を書く機会をいただいたので
思いの丈を十分に書いてアピールするんですわ

経鼻が普及すれば、声を失う機会を確実に減らせるはず

地道に活動すればいつか道がひらけるはずぜよ













[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-15 23:13 | ひとり言 | Comments(0)

第一回東京内視鏡学術セミナー

告知です。

5月25日(木曜日)19時〜21時

富士フイルム主催の学術セミナーが東京日本橋 コングレスクエア日本橋 コンベンションホールA/Bで
ひらかれ

消化器部門で

あの後藤田卓志教授がレザリオの紹介

そしてミスターバルサルバこと、ケン三郎

大腸は日本医大の田中周先生

胆膵は 順天堂の伊佐山浩通先生、東大の中井陽介先生とそれはそれは
豪華なラインナップで

「がん専門病院施設の先生を対象としての研究会」が開かれます。

場所は銀座線日本橋駅 B9直結
半蔵門線 三越前 駅 B5より徒歩3分、コレド日本橋の対面の東京建物日本橋ビル2Fです。

なかなか経鼻内視鏡が普及しない都内の先生に
ぜひ、このLCI経鼻のよさをアピールしたいとおもいます。

お待ちしております〜






[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-15 06:24 | 講演録 | Comments(0)

ミスターバルサルバ

こないだの学会、サテライトで講演してきたんですわ

さすがにもうなんども講演したんで

もうそろそろ、飽きられて講演にもお呼ばれされなくなるだろうので

路線を外科医に戻そうと思ってたところ。

20分の持ち時間を無事終了。

座長のえらーい先生から

「ケン三郎先生といえば、ミスターバルサルバですよね
食道癌ハイリスク患者さんの経過観察法を大きく変えましたよ」

的なお褒めの言葉をいただきました。

一方でバルサマウスを使った拡大内視鏡+経口で
バルサルバやってる先生が、9割ちかく喉頭よく持ち上がって
見えましたと発表があり

す、、、すごい執念っ

確かに食道にはいっちゃうと
拡大内視鏡のほうがその場で精密な診断できるしなあ

どっちとるか悩ましいとこ

でもきっとそのうちすこ〜し拡大できる経鼻がでてきて
2020年には大きく経口内視鏡が衰退

いまは「口からだけでなく鼻からもできるんです」だけど

あと何年か後には「口から希望のかたは口からもできます」の時代に。

地域によって、鼻からできますよ、と勧めても
患者さんが鎮静して口からを希望する地域もあるというし

常識、というのはなかなか
変えるのが難しい

でも。

一人づつ仲間を増やして
経鼻内視鏡を全国津々浦々にひろめたいっ。







[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-14 21:03 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

吻合部狭窄の治療

食道癌術後の狭窄
ときどきございますが

その吻合部狭窄をへらすというより

吻合部狭窄になった人の拡張回数を減らす試みとして
ランダム化比較試験が行われ

15mmのバルン拡張+プラセボ

15mmのバルン拡張+ステロイド局注

の2群での前向きランダム化試験

結果 プラセボ群の拡張回数4回、ステロイド群2回で
有意に回数を減らせたとのこと。

ステロイドを深くうつと穿孔する可能性があるので拡張し、
裂けた裂傷部分の近傍に打っています、胸壁前再建例は注意してます、とのこと。

とは言ってもステロイドを打たなくても、
拡張回数4回ですんでるならば概ね許容範囲かも。

こつは初回狭窄の時からステロイドを打つ

何十回と狭窄、拡張を繰り返す
難知性狭窄になるまえに手を打つということか


覚えて置かねば〜

ステロイドが効果があるということは明白

狭窄の予防という点では
術後1ヶ月目くらいにステロイド打っておけば
狭窄しないのだろうか。









[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-14 06:23 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

頭頸部表在癌の追加治療

長期経過のおえた、頭頸部表在癌の治療成績について
発表してきたんですわ

ケン三郎の施設で経験した頭頸部表在癌約350例のうち
内視鏡治療を行い2年以上経過観察が終えた215例、
でケモ先行、ケモラジ後のサルベージをのぞく166例の
検討。

上皮下浸潤癌のうち再発したのは
厚みが1500μm以上の31例に限り、うち13例が転移陽性

脈管侵襲陽性例21例中11例に転移陽性

この厚みと脈管侵襲陽性例にご注意。

その13例も みつかってすぐ頸部郭清、頸部郭清+ケモラジ、ケモラジを
加えて9例はその後制御(約7割)
4例が制御不良

ってことで、全体から見るとかなり成績がいいことがわかり
ほぼほぼ声も残せるってことがある程度わかってきまして

5年生存オーバーオールでEP癌は90%、Sepで75%
cause specificでSepでも93%。EPは100%

食道癌より断然成績がいいっ。

喉頭温存かつ、がんも治せる

頭頸部がんに後から罹患した食道がん患者さん
にとっては大きなアドバンテージです。

内視鏡をうけていればある程度早期に
みつけられますが

口からの内視鏡では非常に見つけにくい
中咽頭癌を発症するかたもいるので

丁寧に丁寧に
後壁だけでなく前壁もみなきゃいかんです。









[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-13 23:25 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

大腸検査の前処置

大阪の内視鏡学会にでかけてきたんですわ

世間をお騒がせしてすみません、、

先生かとおもいました、大丈夫でしたか?

いろいろ言われつつ。

ケン三郎ここに立つ。

で、いろいろ役立つ情報入手。

食道癌の術前、大腸内視鏡やります。

なぜ?

せっかくお腹切るのに、大腸になんかあったら、また切らなきゃいかんでしょ、
そんなむだを防ぐために食道の手術前は大腸検査しておくんです

とはいえ、食道に狭窄があるとなかなか前処置も大変

なにせ大腸をきれいにしておかないと病気があるかどうか
がわかりません

検査前に下剤(腸管洗浄液)を飲むんですが

今までのニフレック、モビピレップに変わる新しい
腸管洗浄剤、その名もピコプレップ


ピコプレップ配合内用剤は、ピコスルファートナトリウム水和物、酸化マグネシウム及び無水クエン酸で構成されています。
酸化マグネシウム及び無水クエン酸は水に溶かすと、反応してクエン酸マグネシウムとなり薬効を示します。

ピコスルファートナトリウム水和物は、大腸内の細菌より分泌される酵素により分解され、BHPMに代謝されます。
BHPM は腸管運動を活発にし、水分の吸収を阻害することでビチョビチョの下痢便を作り出します。

クエン酸マグネシウムは、腸管内を水浸しにするとともに水分の吸収を抑制して腸内容積を増大させることにより腸管運動を活発にして、下痢を促します。
また、コレシストキニンの遊離を刺激し、腸管内を水浸しにするとともに水分の吸収を抑制して腸内容積を増大させることにより腸管運動を活発にして、下痢を促します。


ぴ、ぴこ、ピコタロオ〜っ

で覚えるピコプレップ。

パッケージちっさ。

水に溶かしてのんで、前日夜はスープのみ

午後7時くらいから1P水150にといてのみ
そのごお茶でも炭酸でもジュースでもなんでもいいので
250mlのものを5杯以上のむ 

そんである程度便がでたら寝る。

早朝からピコプレップ1P水150mlと
あとは250mlかける3杯以上の水お茶ジュースなんでも、
を飲む

そんでおしまい。

味が今までに比べて美味しい

ってことで今後腸管洗浄液の主流になりそうなお薬のようで。


日々情報を得るってことは大事やなあ〜


















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-13 22:53 | 学会奮闘記 | Comments(0)