<   2017年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

咽頭食道接合部癌の治療

内視鏡的には食道と下咽頭の境が定められてないし

普通の内視鏡では食道入口部の正面視はできない

しかしケン三郎は2009年から正面視し続けていて

おそらく世界で一番食道入口部を正面から見て挿入している外科医。

世界一。

ギネスに申請。

そのケン三郎が、食道と咽頭の境は、柵状血管のあたりにあるだろうけど、この辺は
緩衝地帯でまだ誰も食道か、下咽頭かを定めていないので

「バルサルバ法によって観察できる、正面から見た柵状血管の広がりの部分を咽頭食道接合部と定義する」

ことにして

その接合部にまたがる表在癌11例の治療成績を調べて見た。

うち10例は上皮下浸潤癌で、大きさの中央値は3cm、厚みの中央値が約2mm

食道でいうsm深部浸潤癌だ。

10例の上皮下浸潤癌のうち、2例に頸部リンパ節再発があったけど
再発して即、頸部郭清したらその後は再発なく、皆喉頭取らずに元気に生きてる(観察期間中央値2年3ヶ月)

ってことが判明。

おおっ〜これは患者さんにとって大きな前進ではないか

今までなら下咽頭がんの食道浸潤は 多くの場合進行癌で見つかり、声を取るのが通常だった
あるいは、喉頭温存を希望して抗がん剤や放射線治療を行うのが普通だった

それが内視鏡を使った治療で喉頭が残せるなんて。。。

アンビリーバブル

自信を持ってお勧めするこの治療

まとめて発表するぞ〜












[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-29 23:02 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

咽頭食道接合部癌の治療

内視鏡的には食道と下咽頭の境が定められてないし

普通の内視鏡では食道入口部の正面視はできない

しかしケン三郎は2009年から正面視し続けていて

おそらく世界で一番食道入口部を正面から見て挿入している外科医。

世界一。

ギネスに申請。

そのケン三郎が、食道と咽頭の境は、柵状血管のあたりにあるだろうけど、この辺は
緩衝地帯でまだ誰も食道か、下咽頭かを定めていないので

「バルサルバ法によって観察できる、正面から見た柵状血管の広がりの部分を咽頭食道接合部と定義する」

ことにして

その接合部にまたがる表在癌11例の治療成績を調べて見た。

うち10例は上皮下浸潤癌で、大きさの中央値は3cm、厚みの中央値が約2mm

食道でいうsm深部浸潤癌だ。

10例の上皮下浸潤癌のうち、2例に頸部リンパ節再発があったけど
再発して即、頸部郭清したらその後は再発なく、皆喉頭取らずに元気に生きてる(観察期間中央値2年3ヶ月)

ってことが判明。

おおっ〜これは患者さんにとって大きな前進ではないか

今までなら下咽頭がんの食道浸潤は 多くの場合進行癌で見つかり、声を取るのが通常だった
あるいは、喉頭温存を希望して抗がん剤や放射線治療を行うのが普通だった

それが内視鏡を使った治療で喉頭が残せるなんて。。。

アンビリーバブル

自信を持ってお勧めするこの治療

まとめて発表するぞ〜












[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-29 23:01 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

明日の講演

●平成29年6月30日(金) 第27回中越消化器内視鏡手技研究会(同研究会・エーザイ・EAファーマ共催、医師会後援)18時45分 パストラル長岡
 「頭頸部・食道領域における経鼻内視鏡活用術」東京ほにゃらら大学 食道外科 古畑ケン三郎
  座長:竹内学先生(長岡赤十字病院)



明日は長岡で講演です〜


お近くの先生 パストラル長岡へお越しください〜



ポチッとな



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-29 21:35 | 講演録 | Comments(0)

S-O クリップ

食道のESDでやってみたんですわ~

好印象ですわ~

ぽちっとな


b0180148_12581846.jpg

[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-28 13:00 | 内視鏡治療 | Comments(0)

除菌後胃癌

こないだの学会講演で

胃がんの内視鏡診断のその道の達人の先生方のご講演を拝聴する機会があり

普段あまり詳しくない「ピロリ除菌した後の胃癌」症例を見ることに。

除菌したら胃癌のリスクが3分の1に減りますよ

という、通説も

「いやいやあれはもともと胃癌があった人で絞られているわけで、全体を含めてのデータじゃないです」

だったり

「アレルギーなどで副作用で中止になる人もいます」

「除菌しようが、しまいが、年に1度は検査受けてもらいます」

「除菌すると、表面が平坦化して分かりにくくなります」

だったりで、除菌に慎重な先生も中にはいて

「私は、個人の判断に任しています、
除菌治療、受けるのは半分くらいですよ」

という。

え?だって国が除菌進めてるんでしょ??

と困惑。

確かに除菌すると、がんができそうな部分がフラットに見えて、
「ほらほら拡大内視鏡で見てもわからないでしょ」

おーっ、ほんとだ全然わかんない

拡大で見てもよくわかんないなら
経鼻だともっとわかんないか。。

う〜ん、、

なるほど胃癌の専門家が
「拡大内視鏡を使わねばならぬ、経鼻なんてとんでもない」
っていう理由がよくわかる

ああそういうことか、、

食道扁平上皮癌の患者さんばかり見てると
下咽頭癌2、5割>胃癌1.5割>中咽頭癌1割
だから経鼻の方が大事と思うけど

世の中の大半の先生は胃癌中心に見ている。

こっちが主流かあ、、、、

「今、問題となっている除菌後胃癌が分かりにくい」

その背景、ここにあり。

経鼻LCIでどこまでいけるか、頑張って見て見ましょう




[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-26 23:07 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

まさか自分が

バレット食道がん、自験例を調べてみた

58例60病変

このうち表在癌は51病変。進行癌が9病変。

m癌が27、sm癌が24。

sm1を500マイクロまでの浸潤として。

m〜sm1、脈管陰性、por成分なしの28病変に転移なし

どうやらそこまではESDの適応ができそう

しかし、

進行するにつれてpor成分が増え、脈管にも入り、転移も増える。

smがんへのESDは慎重に。

sm癌では転移リンパ節は下縦隔〜腹部に止まる一方、

mpより深いと 頸部上縦隔にも転移がしょうじ
しかも転移個数が4個以上がほとんどで、中央値が7個!。

バレット食道腺進行がんは食道扁平上皮癌と同じように上縦隔郭清が必要。

もっとも若いかたで35歳。

同級生も癌になる時代である

日本人の2人に1人が癌になる時代。

せっかく癌になるなら食道癌になって

「食道癌のブログ」を書いてた管理人、食道癌になる

きっと大変な思いをするだろうし

色々なんやかんや、
外野に言われるだろうけども

生きた証を誰かに伝えたくて。

きっと子供が大きくなった時に、自分の思いを
覚えていてもらえるよう

壮絶な戦いを記録する。


合掌。


[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-23 23:12 | ひとり言 | Comments(0)

頭頸部表在癌研究会 サテライトシンポジウム

会 期:2017 年 7 月 1 日(土) 16:00〜18:00 頃(予定)
※ 第 18 回頭頸部表在癌研究会終了後に行います。
研究会プログラムの最終的な Timetable により、上記時間帯は早まる可能性があります。

会 場:国立がん研究センター築地キャンパス内 国際研究交流会館 3F 国際会議室

〒104-0045 東京都中央区築地 5-1-1 URL http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/access.html
※ 第 18 回頭頸部表在癌研究会と同じ会場です。

参加費:第 18 回頭頸部表在癌研究会参加者は無料(再度の受付も不要です)。
サテライトシンポジウムのみ参加される方: 3,000 円(受付でお支払い下さい)。

サテライトシンポジウムプログラム:(招聘講演者と仮演題名)
1) CO2 レーザによる咽喉頭癌の経口的切除術 (Kosin 大学 Kang-Dae Lee 教授)
2) ロボットによる咽喉頭癌の経口的切除術 (Yonsei 大学 Se-Heon Kim 教授)
3) CO2 レーザによる経口的輪状咽頭筋切断術(久留米大学 千年俊一准教授)
4) ロボットによる頸部郭清術・甲状腺手術 (Yonsei 大学 Yoon Woo Koh 教授)

上記研究会が7月1日
今話題の築地 国立がん中央の国際研究交流会館で開かれます。

朝から研究会で、その最後に基調講演の嵐っ

ふるってご参加ください〜






[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-20 23:10 | 頭頸部表在癌研究会 | Comments(0)

ロボット手術

学会に行って来たおさらい。

頭頸部外科領域の経口的切除といえばロボットを使ったTORS

今話題のダビンチを使った手術で、術者は患者さんから離れたところで操作し
ロボットがその動きを真似て口腔内で手を自在に動かし、癌を切除する。

食道のような広い範囲の手術には全然向かないし、コストの無駄だと思うけど

咽頭や前立腺などの狭い範囲では役に立つ

特に欧米ではHPV感染を原因とした頭頸部癌が多く、その治療法も
ロボット手術がかなり普及しているという。

さらにはアメリカでは睡眠時無呼吸症候群への舌根切除術などが適応となっているとか。

最新のガイドラインではT3,T4といった進行癌にも適応されてるっていうから
消化器内視鏡医が「内視鏡治療の適応は、、」なんて言ってるのをあざ笑うかの
ように適応がドンドン拡がってます。

拡大内視鏡で深達度診断しててもな〜んの意味もない。

海外で内視鏡治療といえばTORSのことを指し、

昔T1T2は6割手術、4割放射線治療だったのが今8割が手術、2割が放射線へと
治療がシフトして来ているという。

しかし日本ではまだダビンチ手術は試験段階の治療であり

ESDやELPS,TOVSなど日本独自の負担の軽い治療が普及している中で
TORSが入り込める余地があるかどうか、、、

さらに新しいダビンチシステムが入って、かなり狭い部分でも
取りに行けることがわかって来ると

「消化器内視鏡医の助けなんかいらないもん、俺たちだけで十分だもんね〜」

っていう頭頸部外科医がたくさん出て来てしまうかも。。。

いやいや、この領域、やっぱり消化器の先生を味方につけていた
方が絶対いいって。

食道に病変が浸潤している部分を切るのは消化器内視鏡が得意だし
簡単だもの

臨機応変に使ってもらわないと患者さんに迷惑っ!

てな訳で、robot手術かあ

ケン三郎もかじって見たいわ〜


















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-19 23:50 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

術後1日目の内視鏡

昔は術後7日目に造影検査して、リークないことを確認して食事開始
だったけども

今は術後早期に内視鏡で胃管の色調みて考える

色が悪ければ慎重に見るし

よければパス通り

そもそも、リーク自体がほとんどないのがウリではあるものの。


危ない症例は未然にチェック



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-18 23:41 | 手術の合併症の話 | Comments(0)

第17回実地医科内視鏡研究会

今度の日曜日、6月25日(日曜)は↓

見たことも聞いたこともない研究会なんですが↓
にて、講演を行います。 今日、そのスライドがだいたい完成。 

ふ〜 父の日 忙しいぜよ


第17回 日本実地医家消化器内視鏡研究会

テーマ:

  • 実地医家がなすべきこと求められること

代表幹事:

  • 神保 勝一(神保消化器内科医院)

当番幹事:

  • 大滝 美恵(大滝病院)

会 期:

  • 2017年(平成29年)6月25日(日) 8:55~15:05

会 場:

  • JA共済ビル カンファレンスホール
    東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1F

共 催:

  • 日本実地医家消化器内視鏡研究会
    EAファーマ株式会社

参加費:

  • 医師 3,000円、医師外 500円

取得可能単位:

  • 日本消化器内視鏡学会研修単位
    日本医師会生涯教育研修単位

その他:

  • お弁当をご用意しております。

[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-18 22:01 | Comments(0)