<   2017年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

食談会

今日は日本橋で食道癌の頸部領域の外科解剖、画像解剖、臨床解剖ってことで
3時間のみっちりお勉強。

当日懇親会なし、ながらも三千円の会費を払って

今をときめく豪華な座長と演者の4✖️2の8名の組み合わせ


頸部郭清の要点

右は反回神経の背側にリンパ節転移が多く

左は反回神経の腹側に多い

104領域は圧倒的に内頸静脈の背側で内側に多く、

外腹斜筋のレベルの外にはほとんどない

副神経あたりまで追いかける必要はなさそう

最初、胸さ乳突筋の背側を剥離しておく

外は外頸静脈もしくは鎖骨上神経までをメルクマールとする

筋肉の裏を十分に剥がしておくと、郭清の腹側と外側の境界が決められる。

右の反回神経は気管に斜めに入ってくる、左は気管に沿って上がってくる

前頸筋群はできるだけ1mmでも尾側で離断しておく

甲状腺は上甲状腺動脈が本流で下甲状腺静脈は結紮しても問題ない

甲状腺をコッヘルで把持して牽引すると、テンションがかかって反回神経の走行を認識しやすくなる

背側のメルクマールは頸横動脈。リンパ流は静脈角に集まる

肩甲舌骨筋の尾側、内頸静脈の背側のリンパ節に注意。

左は胸管を取らないと十分な郭清はできない。

ベッセルシーリングシステムを使うとリンパろうになりにくい

106rに転移がなくても、頸部転移が15%くらいある

106rに転移があると頸部転移は3割に及ぶ

食道癌取り扱い規約が変わってMtで104、101は2群リンパ節に格上げ

Ltでも104は3群に 101は2群リンパ節に

つまりは頸部郭清に食道外科医は精通しなくてはならない

食道外科医は胸部外科医であり腹部外科医であり、頭頸部外科医である

若者よ、目指せ食道外科医。















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-28 20:59 | 食道の解剖 | Comments(0)

十二指腸腺腫

十二指腸の話してたらいきなり
カンファランスで十二指腸腫瘍が。。

これ生検する?

真ん中赤くて辺縁が白い

十二指腸の絨毛構造が乱れる

おおっ

これか?


「内視鏡所見で良悪性を判断」

となると、生検せずに拡大の所見があてになる


こういうのを見るのは拡大やなあ


生検3つとるとESDしにくくなるって言うので
この領域の生検はよく考えてやらなきゃならないとか


やっぱり広く知識を得ることは大事ッスね~


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-26 18:28 | 診断の達人たち | Comments(0)

十二指腸腫瘍

食道がん専門にやっていると口腔咽頭がんに注目がいき

食道癌に十二指腸がんの重複なんてごくまれ(1000例中2例)だから

あんまり頑張って治療しなくても・・・

と思ってて

こないだセミナーで「十二指腸腫瘍の診断」つう講演を聴きまして。

十二指腸腫瘍

7割が隆起型で下行脚に多く。

絨毛の白色化、ホワイトミルクサインで診断する

生検しても6割しかあたらないので、バシバシ生検して瘢痕化すると
ESDもしにくくなるのでなるべく生検をしないで癌と思ったら
専門医に送るよう。


白くて均一な粘膜模様 10mm未満、十二指腸の球部、口側にある==低異型がおおい

白いのに赤いのがまじる>>高異型度腺腫が多い

2cm以上の陥凹型は注意。

辺縁がしろく、真ん中が真っ赤==腺癌、

ひだにのったもの、形が不整、陥凹のあるもの==危ない。

十二指腸の深い所へいくと癌化率がたかくなる


精密診断にはNBI拡大。
大小不同、周囲より小型、模様の消失で癌の診断。

EMRの穿孔率1.6%  ESD 12%  壁がうすく、十二指腸液の刺激で
大穴があく。 EMRは簡便で穿孔率も低いが、局所に遺残する可能性もある。

腹腔鏡手術とESDを組み合わせる治療を進めている施設もある

危険を伴うのでがん専門施設に送った方がいいこともある


なるほど~


食道のESDはたとえ穿孔しても2週間以上の絶飲食でおおむね対応できるけど

十二指腸の穿孔は、腹膜炎に直結するので安全性に相当気を付けて治療
しなくてはならぬ。


生検ばしばし取ると、治療の時に困るから「これは」とおもう
病変は触らずに専門医へ。

とのこと。



他流試合は勉強になります。


ぽちっとな



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-25 16:07 | 学会奮闘記 | Comments(0)

シャドーイング

医学部に入ったばかりの18歳、大学1年目の学生が
半日医者ってどういう仕事?

ってのを体験するシステム

医者のあとをおいかけていくってんで[シャドーイング」

というシステム。

いつもは食道の手術場につれてって
外科手術ってこういうんだよ
ってお茶を濁すんですが

学生が「外来を見たい」

ってんで外来の患者さんとどう応対するかを勉強してもらうことに。

比較的空いてる日だったので、他の科の先生が
どれくらい患者さんみてるかをのぞき見ると

1日50人くらい外来診てる先生とか結構いたりして

いや~そんなに診察とか話したり無理だよなあ、、、

と感心。

とくに慢性疾患や時間がかかる病状だと尚のこと、、

学生よ、せっかく医者になるんだから天才外科医を目指しなさい

夢がかなわなくても、きっとその先に自分の興味をもつ分野が
かならずでてくるから大丈夫

とちょいと背中を押しまして

18歳かあ、、、18歳かあ、、、あ~~

これからいいことばっかりやないかあ~

年取ったなあ~


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-24 19:22 | 教育 | Comments(0)

重点セミナーの講師

内視鏡学会の重点セミナーの講師に選ばれて

上部消化管疾患の咽頭領域のスペシャリストとして登壇。

この領域といえば、、慶應のO先生が永らくひっぱってきた領域で

この世界に経鼻内視鏡の観察法を導入したのがえっへん、われらがケン三郎先生。

他の講師陣も 京大の教授に、昭和大豊洲の講師、情熱大陸ESD屋、十二指腸、胃のスペシャリスト
とそうそうたる面々に

たいして業績もなく

エビデンスよりエキスペリエンスでしょ

外科医だもん

いいものはいい

「どっちがいいかを前向きに比較検討」

しない。

経口と経鼻?

くらべるまでもなく経鼻でしょう~

しっかしこの台風がきて選挙もあるってのに

会場に600人以上の会員の先生方があつまり

なんとそのなかには 食道拡大内視鏡の大家の先生やら、ケン三郎の内視鏡の
師匠までが講習を受けに来ていて

あるまじき境遇


40分という短い時間ですが、多分人生最大の
晴れの舞台を無事に乗り切りました。

いや~もうこれ以上はないでしょう。


この経験が、おっ、すげえ
と思った先生に伝わって

インフルエンサーになれればっ


多くの食道がん患者が救われるかもっ


ぶれずに経鼻の普及にがんばろう

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-23 17:55 | 講演録 | Comments(0)

郵送型検査群

本研究は、米国において大腸がん検診の完遂率を高める方法を比較検討したものである。50~64歳の検診未受診者を、検便キット郵送群(便潜血検査キットと返送用封筒を郵送し、2週以内に返送がなければスタッフが電話する方法)、郵送型大腸内視鏡検査群(大腸内視鏡検査の予約電話番号を記載した案内状を郵送し、2週以内に電話がなければスタッフが直接電話する方法)、および通常ケア群(外来受診時に推奨された検査を受ける方法)の3群に無作為に割り付け、3年間追跡した結果、検診の完遂率は、通常ケア群(10.7%)、検便キット郵送群(28.0%)、郵送型内視鏡検査群(38.4%)の順に高率であり、病変の発見率も同様であった。すなわち、内視鏡検査の案内状の郵送が検診の完遂率や病変の発見に寄与する結果であった。

 欧米では、1回の内視鏡検査で大腸がんの死亡率が大幅に減少すること1)がすでに報告されており、便潜血検査を用いた検診や内視鏡検診による内視鏡検査の機会を増やすことが重要との認識が一般常識である。わが国でも大腸がんによる死亡者数が初めて5万人を超えて、肺がんに次いで2番目となっており、住民検診ないしは職場検診の受診率および完遂率の向上が重要な課題となっている。わが国の大腸がん検診は1次検診に便潜血反応を用いて、潜血陽性者に対する精密検査として大腸内視鏡検査を行う方式であるが、精検受診率の低さが大きな課題であり、やはり今回報告されたような具体的な検診の完遂率向上策を模索する活動が必要であろう。一方、検診のみでなく便の潜血反応を簡便に調べることができる方策として便潜血キットのOTC化も模索されている。

 消化器専門医のみでなく、一般医家や住民・患者自身が、「大腸がんは早期発見により完治する病気であること」、「10年に1度の大腸内視鏡検査で、大腸がんで死亡するリスクが大幅に低下すること」をよく知ることが大腸がん死亡者を減少させるために重要である。



「国民、都民、区民の健康を守る」には積極的介入か。

明後日は選挙ですね~

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-20 17:23 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

JDDW2018

1年後のJDDW2018神戸の主題が発表され

出せるとすると
上部消化管早期癌に対する治療戦略

バレット食道、食道癌の診療と研究の最前線 欧米との違いを含めて

PPIが効かない胸焼けの対策

胃食道逆流症の診療に置ける内視鏡の役割

上部消化管腫瘍に対する内視鏡治療の新展開

内視鏡診断と治療の新潮流〜粘膜から筋層の時代へ

高齢者の消化器疾患への対応

ってこのくらいしかないっつ。


う〜ん、筋層の時代かあ、、、

固有筋層浸潤食道癌へのsalvageESD+APC??

年に1例あるかないかですし、、、

来年はお留守番ですわ








[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-15 22:31 | ひとり言 | Comments(0)

縦隔鏡手術時の反回神経麻痺

縦隔鏡手術、いまや開胸しなくて食道の手術ができるってんで

トピックとなってる手術

頸から縦隔を上から攻めていく

入り口がせまいところから、なが~い鉗子を使って奥を剥離していくもんだから

反回神経麻痺、どこでおきるか?

神経を剥離しているとき

で起きるのもありだけど

奥を操作しているときに、入り口で神経を気づかないうちに痛めていることがあるとか。

テープで牽引するくらいではおきなくて

視野にはいってこない場所での神経障害。

そうかあ、、、

学会勉強なるっ




[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-14 22:42 | 手術の合併症の話 | Comments(0)

LCIとAIM

昨日福岡ではじまったJDDW2017

エンドサイトの発売が実現し

オリンパスのブースに
新型経鼻内視鏡の ケン三郎の動画が流れ

フジッこ、でありながら 経鼻内視鏡の普及に一役かえた、
のをうれしく思うわけで。

午後はESDの師匠
早期胃癌のLCI+酢酸+インジゴ(AIM)の
有用性についての発表を拝聴。

従来のNBIやBLIの画像に
インジゴが深いところにたまり
微妙な凹凸が3次元画像かのように立体的な画像に。。。

うつくしや~

その前に人工知能でICに内視鏡画像を覚えこませて
ピロリ感染の有無を調べる、といった発表を聞き

時代はどんどん進歩やわ~

宝石箱やわ~

明日は座長でがんばろ。















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-13 02:54 | 診断の達人たち | Comments(0)

ようやくでけた

拡大内視鏡画像強調内視鏡

どう使うかってことで

今度の土曜日にシンポジウムがあって発表。

せっかく研究したのだから
何か成果を出さなきゃ申し訳ない

って色々データをあれこれチェックして

たどり着いた結論。

癌の大きさの中央値15mm

癌でないけどなんか異常、の大きさの中央値5mm

5mm以下で拡大A血管なら58例中1例しか癌がなく。

ヨードかけて5mm以下ならつまむ必要なし

しかし5mm以下でもB1だったら要注意。

5mmを超えてB1だったらかなりの確率で癌。

この結果はおそらく経鼻でも使えるんですわ

拡大よりも画質が悪いとされる、経鼻内視鏡でわかるような5mm以上の変化は注意。

5mm以下ならスルーでよし。








[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-11 01:20 | 拡大内視鏡 | Comments(0)