<   2018年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

術後透視

「食道がんの術後1日目、内視鏡やってます」

声帯が動くか、吻合部の具合、胃管の色調、蒼白やうっ血はないか、血流は問題ないか

問題がなければ3日目から氷なめを開始

8日目にまた内視鏡で縫合不全の有無を確認

というように、主に内視鏡の所見を参考にして術後の具合を見て行きますが

そうなったのも約10年前

それまでは造影剤を飲んでもらって、縫合不全はないか、流れはどうか
などをやってました。

今でもそういう施設は少なくないと思います。

患者さんに、術後食べるとどうしてもみぞおちあたりがキュッと痛くなる
どういう状態が知りたいんでどうしてもバリウムで流れを見たい、

って言われて

ああ、そういえばしばらくバリウムで術後の画像見てないわなあ

10年前は皆こうやってたっけな

と思いながらバリウムやって見た。

そうっとバリウムが胃の前庭部にキューっと溜まって
そこが大きく拡張する

もともと胃があれば大きく広がるのだろうけど

細くなった胃はそこまで広がらない

ああそうだなあ、こうやって目で見ると確かに胃が小さくなって
大食いや早食いすると体調がすぐ悪くなるってのが
わかるなあ、、、

と実感。

ダンピングを繰り返す方には、どうしてそうなってるのかを
見せて、実感してもらうのがいいのか、
と納得しまして。

まだまだ患者さんへの「痒いところに手が届く」サポート
は足りんのじゃ。


















[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-31 07:43 | 手術後のアフターケア | Comments(1)

第19回頭頸部表在癌研究会 

ついに7月7日の頭頸部表在癌研究会の募集が始まったんですわ。


頭頸部表在癌研究会 会員各位

会告      第19回頭頸部表在癌研究会(201877日開催)演題募集

主題 「頭頸部表在癌 経口的手術の適応と限界」

頭頸部表在癌は癌の浸潤が上皮下層にとどまり、固有筋層に及ばないもの,リンパ節転移の有無を問わないと定義されている。食道表在癌においては深達度によってリンパ節転移頻度が異なるため,T1a-EP/LPM癌は内視鏡治療の絶対的適応,T1a-MM,SM1は相対的適応,SM2は研究的適応と定義されるが,頭頸部表在癌においては経口的手術,内視鏡治療の適応は厳密に定まっていない。今回は「治療適応は?またその限界は?」について検討したい。大きさはどこまで可能か,腫瘍の厚みはどこまで可能か,一度に何か所まで切除可能か,治療困難部位はどこか,同時多発例への二期分割治療はどうか,異時多発癌に何回まで治療可能か,切除は出来たが,合併症や後遺症に難渋した症例・最終的には喉頭摘出となった症例,N+症例への適応はどうか,どのような症例は放射線治療に回すのか, など様々な切り口から各施設でどのような基準で治療適応としているか,あるいは病変によって治療手技を使い分けているのか等,経口的手術および内視鏡治療の治療適応と限界について演題を募集します。なお,原病への放射線照射後のサルベージ症例は今回の検討からは外して頂きます。症例報告を含め,多くの施設からの応募をお待ちしております。

演題募集要項:演題名,所属,演者名,抄録(800字以内)を記載したword fileを添付し下記演題申し込み先にメールにてご送付下さい。

演題募集締め切り日:2018525日(金)

演題申し込み先:東京医科歯科大学 消化管外科 川田研郎

         113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

Tel 03-5803-5254 FAX 03-3817-4126

kawada.srg1@tmd.ac.jp

           (srgのあとは,数字の1です)



ぽちっとな


[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-29 19:30 | 頭頸部表在癌研究会 | Comments(0)

ダンピング症候群

胃切除後の血糖値の推移

食べ物を貯める能力がへる

一度に大量の糖が小腸に流入

急激な糖吸収が生じ、急激な血糖上昇をきたす。(早期ダンピング)
高張な内容物の小腸流入により高張性脱水
急激な小腸拡張による血管運動神経反射
腸管刺激に張消化管ホルモンの過剰分泌
腸管粘膜の血流増加と脳血流低下
などが食後20分以内に生じる。

これに対しインクレチンと言われるGLP-1(小腸L細胞より),GIP(小腸、十二指腸K細胞)
などの消化管ホルモンが
分泌、インスリンが大量に出てグルカゴンが分泌抑制

そのおかげで今度は2−3時間たってから急激な血糖の低下をきたす。(晩期ダンピング)

RY再建の方がB1再建よりもダンピングが少ない

胃切後の高血糖を鋭敏に反映する指標は1, 5AGで2−3日前の高血糖を示唆する。






[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-24 21:33 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

腫瘍マーカー

消化器外科専門医試験

受けるつもりで教科書買って見た。

一度学びなおすのはいい機会である。

食道癌の腫瘍マーカー

SCC
CYFRA
CEAにP53抗体

短時間にべらぼうに上がったとなるとかなり心配な指標

とはいえ、治療前から上がってる、という人は2割〜3割にすぎない

CEAもSCCも上がっている=リンパ節再発の予測因子だという。

あとはP53抗体。

手術前と手術後 この変化が予後に関わる

とも言われています。

外来で少し上がった、下がった、
は大きな問題はありませんが

全く気づかないけども血液検査でアラームが鳴った

以前と違う動きで上昇している、、

これは??と

早く気づいて検査を予定する。

大人の仕事ですわ〜








[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-23 00:17 | 再発したらどうするか? | Comments(0)

学位授与式

うちの若者が、学位授与式に出席

無事に学位をとれて医学博士の称号を手にしました。

おめでたいっ。

基礎研究、臨床研究

各自テーマをもらって、世に役立つことを紙にかいて形にする

おお、言いことを言ってるねえとそれが世に広まり

ブラッシュアップされていく

博士になってからがまた今後どういう道を歩むのか

みなさんの活躍が楽しみです。


ぽちっとな






[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-22 17:47 | ひとり言 | Comments(0)

手術前の心得

先生 食道癌ていわれちゃったよ

はやくすぱっと切ってくれよ

と手術をご希望でいらしたかたも。

いろいろ手術前に話をききますと

うーん、内視鏡ではとれないんでしょうか

あるいは内視鏡後に放射線でどうなんでしょうか

といろいろ迷い道に入り込み

いろいろ考えてまた手術をしよう、手術にきめたっと
帰ってきます

「何に注意したらいいんでしょう」

まず、いろいろ聞いた怖い合併症の話は忘れる事です。

患者さんの頑張りでなんとかなるもの>>肺炎

いくらがんばってもある頻度でおきるもので
ある程度時間が解決するもの>>嗄声、縫合不全、せん妄、頻脈

もしかすると1週間以内にもう一回手術する可能性があるもの
出血、乳び胸、胃管壊死

頻度がすくないけど怖いもの
肺捻転、肺梗塞、脳梗塞、心筋梗塞

あまり気にしなくていい事
創感染

というふうに、いろいろあるけどほとんどは経験のある医師に
お任せで1週間のりきればあとは大丈夫、というのがほとんど。

だいたい半分くらいの人になんらかの問題が起きるのが
普通です。

このうち肺炎だけは、本人の頑張りで予防できる合併症です。

すべてのことを忘れ、深呼吸、歯磨きうがい、痰きり、早く体を動かす
このことに集中しましょう

後は、もし万が一病状が悪化した時のことが起きたことを考えて、家族のなかでの
大事な決まり事、は文章に書いて残しておくか、近い人だけに
伝えておいた方がいいでしょう。

1週間後に手術です、というかたは

気持ちをピークにそこにもっていくよう

金メダルを取るつもりでモチベーションをそこに
あげていきましょう

この時点でタバコを吸ってる方はアウトです。
































[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-20 18:09 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

濃厚な飲酒歴のESD

濃厚な飲酒歴がある方で

食道癌のESD

ものすご~く粘膜下層が浮かなくって

層がどこ切っていいかわかんないことも・・・

あるよねえ~

だよね~

そだね~

[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-19 22:02 | ひとり言 | Comments(0)

第19回頭頸部表在癌研究会のお知らせ

第19回の当番世話人のケン三郎です。

日程、場所が決まりました。

今年7月7日(土曜日)

場所は東京医科歯科大学 1号館 9階の特別講堂でございます。

テーマは、、、いま まさに 考え中です。

予定あけておいてくださいね~


[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-16 23:23 | 頭頸部表在癌研究会 | Comments(0)

縦隔鏡手術研究会

今日は近隣の3施設合同の縦隔鏡研究会

ダビンチ使わなくてもここまで中下縦隔の郭清ができるって
いう手技を動画でじっくり拝見しました。

昔はお腹から長い鉗子や電気メスの長いの
細い腸ベラをつかって剥離してたのが

今やきれいな画像で膜を診ながら残すもの
とるもの、危ない所、危なくない所
を拡大視しながら郭清していく時代

隔世の感があります

ここまできれいに取れるならいいねえ、、

とダビンチ師匠にもお墨付きを頂きまして

今度見学に行ってもよかでしょうか?

そこまで言われると外科医冥利につきますねえ

中下縦隔の縦隔鏡の視野はCTを下から上にずっとおいかけて
いくようなもので

それをイメージしながら手術を進めていくと
いいんだろうか

次に何が出てきて、何にケアするか

道具は何を使うか

大胆にいけるところと

繊細に行くところ

手術はメリハリだ、と昔大ボスがよく言ってたけども









[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-16 23:19 | 手術メモ | Comments(0)

大橋純子さん

歌手・大橋純子(67)が15日、都内で会見し、定期検診で早期の食道がんがみつかったことを明かした。「ステージ1ぐらい」という。これまで食欲が落ちるなど、自覚症状はなかったという。手術するか、抗がん剤で治療するかは今後決めていく。治療に専念するため、4月以降の仕事をキャンセルすることも明かした。

 大橋は「わたしにとってつらいご報告をしなければならない」と切り出した。がんと宣告された時の心境について「本当か、というのが正直な気持ちです。正直、まだ今も実感がない」と吐露した。

 がん宣告から2、3日たって「これはしょうがない。前向きに考えていくしかないのかな、と覚悟ができました」と伝えた。

 4月18日からの全国ツアーなど、今後予定していた仕事を全てキャンセルし、年内は治療に専念するが、「できれば早い復帰を」「私を応援していただければ」と復帰への強い思いを伝えた。

 定期検診の胃カメラで異常がみつかり、2月27日の再検査で、食道がんと宣告された。詳細な検査の結果はまだ出ていないというが、現時点で「ステージ1ぐらい」で、がんが見つかったのは食道の中間部分であることも明かした。


治療法を選べるステージⅠ、早くみつかってよかったと考えて・・

[PR]
by kenzaburou41 | 2018-03-15 15:53 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)