人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

早期胃癌発見のコツ

胃癌は専門外、といっても経鼻内視鏡をやるからには胃癌も
当然しっておかなくてはならず

先日の中国講演でも[胃癌の拡大内視鏡診断を教えてほしい」
だったので

いや~まずい、勉強しないと。。。

と思って
先日スペシャリストの先生にいただいた 「早期胃癌発見のちょっとしたコツ」

1)微妙な色調の変化をとらえる。  ヘリコ未感染の褪色域==印鑑細胞癌

2)粘膜表面構造の変化  顆粒状の粘膜構造==分化型

3)血管透見の消失 ==癌の存在で背景の血管がみえなくなる

4)自然出血===癌は脆弱な組織なので出血しやすい

5)NBI非拡大で茶色の病変をさがす(除菌後胃癌)==背景はNBIで緑、胃癌は茶色

6)萎縮領域にはインジゴカルミンを散布する==インジゴで初めて気づく癌もある。


これを食道に置き換えますと。

1)色調::赤いもの、白いもの=あるある

2)粘膜の凹凸==あるある

3)血管が途切れる==あるある  血管が透けて見える時は問題ない、見えないときは危ない

4)自然出血==あるある

5)NBIでブラウニッシュエリア==なかにブラウンドットあり、  

6)困ったらヨード。(0.5%うすうすで)

7)微細な小白苔の付着や錯角化


特徴は似ておりますね・・

胃癌の拡大内視鏡も勉強しなきゃっ








by kenzaburou41 | 2018-12-29 23:50 | 胃がん撲滅運動 | Comments(0)

46

今年もあと1日で診療がおわります。

食道癌の内視鏡治療は例年通り90件くらい

咽頭癌の内視鏡治療はピークの2年前が65 去年は頭頸科の先生が退職されて39と激減

しかし今年はもちなおして46

30くらいは自前で発見していますが、近隣からの紹介も頂いて

有り難い限りです。

ケン三郎、ついに
甲状腺腫瘍の紹介も受けるようになりましたが、甲状腺のことは
分かりません(笑)

皆様にとってよい年でありますよう~  


by kenzaburou41 | 2018-12-27 22:21 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

早期食道癌診断勉強会 特別講演

今日の早期食道癌勉強会は
最終月ということもあって、東海大学の今井裕教授をお迎えしての特別講演

食道癌の食道造影検査っていう、むか~しからやられてきたバリウムをつかった
食道表在癌の精密診断のお話しでございました。

元々ケン三郎が2月にとある診断の勉強会でご一緒し
その内容のすばらしさに感銘をうけ

これは是非勉強会に参加している先生方にも是非、とおもって
年末の講演におこしいただこうということで始まったプロジェクトでございまして

仕事の合間を縫って講演を拝聴いたしました。

レントゲンの撮影

昔は背骨をずらして撮影していたけど
今は撮影装置のお陰で病変の正面像、側面像を正確にとらえることができ

なかなか0-Ⅱbや0-Ⅱcの浅いものは撮影が難しいのですが
今井教授いわく、
「しょうゆのしみ」のような淡い陰影斑
をとらえることで、ほぼ100%食道表在癌をレントゲンで撮影することが
可能という

深達度が深くなれば、顆粒や結節、細かい粒が大きな粒になり不整になり

正面像、側面像から深達度を推測する

伸展不良、硬化像

バリウムと空気で二重造影になった
美しい画像が病変の性格を捉え、その写真が物語る、病気の進み具合。

拡大内視鏡やNBIが持てはやされる時代ではありますが、
最初から手術を勧める症例にはケン三郎の施設でも、必ず造影検査を行っています。

デジタル画像で写真をとるときは
骨が白く映るネガと
骨が黒く映るボジ画像の2つがあり

表在癌を映し出す時には骨が黒くなる「ホネグロポジ」が見やすいのだそう。

バレット食道癌の造影は
頭をさげて、ねかせたあと、胃から造影剤が逆流してくるところをすこし
体を起こしながら捉えて写真をとるのがいいのだそう(おばあちゃんの知恵袋のようなもの)

バレット粘膜は、扁平上皮と違い、網の目の像がでてまいります

さて、食道癌には扁平上皮癌だけでなく、
腺扁平上皮癌、腺様嚢胞癌、類基底細胞癌、神経内分泌細胞癌、癌肉腫、など特殊型の食道癌も
ございます。

これを造影検査の画像で一遍にみることはそうございません。

「かなり数が少ない」+「きちんと食道造影検査を取って記録している」必要があり
長年にわたる、症例のつみかさね、まさに「東海大ならでは」の画像集

「腺様嚢胞癌はうちでも2例しかありません」
貴重すぎます、つるっとした円形隆起で中心に浅いバリウムの貯まり Delleがあります
こういう写真なんだなあ

「バザロイド」
ちいさくて、たちあがりはなだらかで、ごつごつとした塊状のものが表面を形成

「小細胞癌」
たちあがり急峻、辺縁はつるっつ、真ん中に陥凹

「癌肉腫」と「メラノーマ」は内腔に発育する形状をとります。

メラノーマ:亜有茎性の隆起
癌肉腫 :ヘッドのでかい0-1p


と次々に写真がでてきて、、、一気に勉強。

CTでの大動脈浸潤の有無の話に

最後はAIの話。

放射線科でももちろん、これを取り組む試みがスタートしているとのことで

CTとかMRI、病理とか、人間がよむと時間がかかるけどもAIならあっというま。

AI:回答が単純、客観的、つかれない、時にとんでもないまちがいをする、思考回路を解説できない
人間:回答が複雑、主観的、つかれる、ヒューマンエラーがある、思考回路を解説できる

という違いがあり

おそらく、医師の寿命を延ばすことができるだろう

しかし、それだけにたよるわけにもいかないので

人間は人間で、経験をつみ、なぜそうなのかを考える、あるいはほかの言葉で置き換える、などして
修練は必要

重みのあるお言葉を頂いて
大変勉強になりました。

若い先生も是非また来年、早期食道癌診断勉強会へお越しください。





by kenzaburou41 | 2018-12-24 15:39 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

胃癌を見落とさないために

ケン三郎と富山で共演したのは、とあるがんハイボリュームセンター
の若き胃癌のスペシャリスト

これまでたくさんの論文執筆や教科書を書いてて、さらには
胃癌の勉強会メーリングリストをもち、症例を配信しているという
匠中の匠 平成11年卒といいますからわたしよりも4つ若いけど

さらには最近はあのAIでもご活躍。

まあよく、これだけの内視鏡画像をお持ちで、、という濃密な
かつわかりやすい講演でございました。

食道癌は酒の病気である程度、なりやすい人ってのはわかってますが

胃癌は感染症、なのでどういう人がなる、というものなく

ピロリ感染>胃癌
というのが大きな発がんのルートでございます。

ですので、まずはピロリに感染していない胃と、今感染している真っ最中の胃と、除菌した後の胃と
どういう状態か、というのを内視鏡で確認し

そこから内視鏡をじっくり観察していく、という行程でございます。

いやいやその前に準備が大事でございます。

機器の確認、スコープがちゃんと接続されているか、送気送水ボタン、
アングルがちゃんとかかるか、上下左右のチャンネルに異常はないか、
さらには画像強調、色彩強調の設定はどうか、ちゃんと送気ができない
まま観察を行って

胃が全然広がって無くて「あなたはスキルス胃癌かもしれない」といって
紹介されてくるのが年に1例くらいあって、検査してみるとなんもない。

う~ん、機器をまずちゃんと動作するか指さし確認しましょう

さらには前処置。ガスコン水にプロナーゼ、粘液をよく洗うにはウオータープリーズ
うちは内視鏡の部屋全室にこの洗う機器を置いています、さっすが~

鎮痙剤ブスコパンにグルカゴン いりません
ミンクリア。前庭部が収縮してひだのうらを観察しにくいことがあります
でもそういう方は3人に1人です。ミンクリアを前庭部大わんにまくとそれが全体に
広がって見やすくなります。ミンクリアは使用禁忌がない、という利点もございます。

そして検査には当然気合い、この内視鏡は検査医にとっては大勢の中の1人
だけど患者さんにとっては1分の1.一期一会の気持ちをもってスコープを握りましょう

その病院では若い先生方が年間、早期癌をどれくらい見つけたかを
競い合い、忘年会でその結果が公表され、1位は金一封
びりっけつはハズキルーペが贈られるといいます

競うことで、見落としを防ぎ,次につなげていく、これも大きな教育法
かもしれません。

画像強調 便利な世の中になりました。

NBIだとAモード Bモード
Aは荒いところを強調します
Bは細かいところを強調するモードです。

よって白色光は A5を
NBIはB8を用います この設定もきちんと確認しましょう

しかし網羅的に観察しなくては見落としが起こります。

見落としやすい場所
噴門小わん スコープに隠れることがありますのでぐるりと回して観察しましょう
体下部後壁 接線になります。アングルを使って正面にみる努力をしましょう
体部大わん 十分送気していないとひだとひだの間に簡単に隠れますので十分送気しましょう
前庭部大わん 収縮のやまを超えたところを見落とすことがあります、注意しましょう

胃癌をみつけるには胃癌の特徴をしることが重要

つづく・・メモメモ




by kenzaburou41 | 2018-12-22 14:07 | 講演録 | Comments(0)

富山講演

昨日、生まれて初めての富山県での講演。

近いんです、富山。

東京から新幹線で2時間15分くらいですか

え、それくらいでつくの?

というくらいの近さでございます。

仕事をきりあげて14時半の新幹線にのって富山へ。

17時くらいにつきました。

でもって、翌日は朝6時19分の電車で東京にもどる予定なんで
お土産買っとかないとと思い、

駅の周りのお土産屋さん巡りをしまして

かったのは富山名物のお麩のお吸い物、しらエビせんべいに、
ノドグロせんべい、お茶漬け、ラムネ、

いろいろ買いました。買ってるうちに時間なくなって
タクシーのってホテルに向かったんですが
ついたときには担当のかたがまだこねえ、まだこねえ
ケン三郎どうなってんの?

みたいな雰囲気でございました。

いやいや、打ち合わせ18時20分だし、19時講演開始です

この30分が私にとっては唯一富山で得られた自由時間でございます。

土地土地のお土産、なぜそれが流行ったのか、その歴史をきけばまた
そこにいることが楽しくなる

お土産山ほど買って、ホテルに着いて
そこからは、事前打ち合わせ、講演、もう一人の先生の講演、
打ち上げ、〆の富山ブラックラーメン
と続き。

朝は5時半おきで
6時19分の新幹線

タクシーたのめば良かったんですが
、あいにくその時間タクシー全然流しで見つからない

キャリーバッグもって大急ぎで走りましたよ
ANAホテルから富山駅まで

15分くらいでしょうか

あせだっくだく。

無事まにあって東京に帰ってきました。

富山講演、なんと80名の先生方がお越し頂いて
満員御礼

一期一会

経鼻内視鏡 画質が悪いとかいわれるけど
こういう使い方すればよく見えますよ

この一点をアピール

全国にアイーン&ダッフンダ

広まるといいなあ













by kenzaburou41 | 2018-12-22 00:13 | 講演録 | Comments(0)

ところ変われば・・・

中国の医療事情

とにかく患者さんの数が多い

それに比して医師の数が圧倒的に少ない

なので

とにかく数をこなす、ことが必要になり

内視鏡で患者さんがオエッとえずくようものなら

「静かにしなさい」

と患者さんは怒られるそうなのである。

ひえ~っ

病気が心配で検査うけるのに怒られるなんて・・・

日本だとせなかをさすってもらったり

鼻からの内視鏡が普及しつつあるので、検査も比較的楽で

かつ時間をかけて内視鏡してもらえるので、早期癌の見落としも
少ない、

が見落としがないとも言えず。

日本も、昔はどうだっただろう

「静かにしなさい」「ちゃんとカメラのみなさい」「我慢しなさい」

そういう時代もあったかも。

「短時間で」「癌が早く見つかり」「鎮静いらず」「性能がいい」「検査が楽」


12月20日は富山に初めて伺います

座長の先生がこのブログを見てくださっててビックリです!

経鼻内視鏡の講演 今年最後の講演です

がんばるぞ~っ





by kenzaburou41 | 2018-12-17 21:39 | 講演録 | Comments(0)

一日300件

中国宜春での講演とハンズオンが無事終わり

その宴会での席。

一日先生は何件くらい内視鏡していますか?

ええ、うちはそんなに多くありません、、、

中国ではどうですか?

ときくと

日に300件、多い時は500件です、

という。

日に300件??

8部屋あって、1部屋あたり40件?

へーっ

一日40件も内視鏡できないでしょ

朝から昼飯無しでぶっ続けで内視鏡です、という。

一人当たり3分から5分

それじゃあ、早期癌の発見は難しいですね

というのと

でも患者さんがたくさん来るのでそれをこなさないと
どうにもならないという環境で

日本はそういう意味でもかなり恵まれた環境

AIでしょうこういうところでは、、

人間の処理能力をはるかに超えてる状況で

人工知能がきっと役に立つだろう世界。

ファーウェイのこともあるし、この先きっとあっというまに開発が進み

そのうち医者いらずな世界に・・・


ということを考えされた中国でした。



























by kenzaburou41 | 2018-12-17 00:43 | 講演録 | Comments(0)

宜春講演

昆山での講演とハンズオンを終えて
上海にもどり

上海から高速鉄道で4時間、宜春という地方都市に
来ましたが

上海虹橋駅、ホームがなんと26個

中国の方は新幹線の中でも
大音量で映画見たり、音楽聴いたり

イヤホンの文化がないそうです。

しかしゆったりのんびりの鉄道旅。

着いてみると

市役所がまるでラスベガスのホテルのようにでかくて
びっくりです

明日また講演とハンズオンでございます。

明日もやりきるだけっ









by kenzaburou41 | 2018-12-15 22:52 | 講演録 | Comments(0)

中国講演

上海から西に車で1時間
蘇州の昆山という町にやってまいりました。

上海ガニの本場だそうで、上海の人がわざわざここまで上海ガニだけを食べに
この時期やってくるそうです。

明日は経鼻内視鏡の講演とハンズオンでございます

精一杯やりきるだけでございます。







by kenzaburou41 | 2018-12-15 00:55 | 講演録 | Comments(0)

次の年号

胃癌の手術
昔は開腹手術でぜーんぶやってたのを

今は腹腔鏡が中心になり

あとはESDが普及

切除可能胃癌の 内視鏡治療、手術の割合

胃癌の40%がESD, ラパロが30%,開腹が30%

日本は検診やら人間ドックやら普及しているので
早く見つかる胃癌も多いし

ピロリ菌がその原因の大元だから

若いうちに、まだ慢性胃炎が完成する前に、ピロリ菌をしらべて、
除菌すれば胃癌になるリスクは押さえられるはず

え、ピロリ菌が胃がんの原因なの?

知らない患者さんも多い

え?お酒を飲んで赤くなる人がお酒を飲み続けると食道癌になりやすいの?

これも知らない患者さんが多い

というわけで、市民講座とか

健康に気を遣う方にまずアピールしてそれを伝える

ブログに書く

しかし、、見ないでしょ そんな記事。

伝わるのに時間がかかる気がする

ピコ太郎のように一瞬でSNSで全世界に発信して

そういう市民講座とか絶対来ない人に伝える方法がないものか

来年4月

次の年号が決まりました、

次の年号は

「ピロリ菌」です

とかにしたら

何だピロリ菌って??

どうも胃癌の原因らしいよ

若いうちに除菌したほうがいいよ

なんて胃癌撲滅に一役買ったりして。











by kenzaburou41 | 2018-12-07 00:57 | ひとり言 | Comments(0)