人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

バリウム検診から経鼻内視鏡検診へ

がんに関連した検査を受けて「問題ない」「陰性」という結果が出たとしても、それは必ずしも「がんではない」ことを意味しない。“見落とされた”というケースは、「例外」と済ませられないほど多いのだ。

 患者数2位の胃がんはI期の5年生存率は97.4%と非常に高く、早期発見が求められる。

 しかし、広く行なわれている胃がん検査にも“落とし穴”がある。ポイントとなるのは、近年、胃がんの原因として研究が進んでいるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)だ。

「胃の中に生息する細菌で、口から口への経口感染が主な感染ルートです。日本では高齢者ほど感染者が多く、70代の5割、60代の3割、40~50代の2割が感染しており、6000万人が感染していると推計されます」(宮崎善仁会病院消化器内科の押川勝太郎医師)

 ピロリ菌に感染すると、菌が発する毒素によって胃の粘膜が炎症(萎縮性胃炎)を起こし、それが長期化することで細胞ががん化する。

「世界各国の研究により、胃がんの原因は95%がピロリ菌だとされています」(押川医師)

 そのため、「ピロリ菌を除去すれば、胃がんにかからない」と言われているが、押川医師は「その考えは間違っています」と指摘する。

「除菌薬を用いて仮にピロリ菌を100%除菌できたとしても、それまでにピロリ菌によって受けたダメージが蓄積しており、萎縮性胃炎を経て胃がんを発症するケースがあります。また、除菌前から顕微鏡レベルでしか見えないがん細胞がすでに胃に存在していれば、そこから進行することもあります。

 除菌しない人と比べて、除菌した人の発症リスクは3割まで抑制されるとの研究結果があります(グラフ参照)。それは裏を返せば、『3割はリスクが残ってしまう』ということでもあるのです」(押川医師)

 自治体による胃がん検診や、人間ドックなどで一般的に行なわれる「バリウム検査」にも注意が必要だ。

 バリウムを飲んだ後に検査台に全身を固定され、ぐるぐると回転しながらX線撮影をする検査法だが、近年はその結果に疑問が呈されている。

 厚労省の「地域保健・健康推進事業報告」(2016年度)によると、1年間で13万人発生する新規の胃がん患者のうち、自治体のバリウム検査で見つかったのはわずか4500人だった。

「バリウム検査は、『手術可能な大きさまで進行した胃がん』を見つけるために開発されたもので、そもそも早期発見には向いていません」(押川医師)

 他にもリスクがある。押川医師が続ける。

「X線による被曝リスクのほか、排便が固まって便秘になったり、バリウムが体内に固着して腸などに穴が開く『穿孔(せんこう)』が起きるなど、リスクがメリットを上回ります。一般のドクターで、自らの胃がん検査をバリウムで行なっている人はいないでしょう」


 >>>

  バリウムで早期胃癌,食道癌のきれいな写真をとるのは芸術品でございます。

  バリウムできれいに病変を描出することも可能ではございます。

  達人しかできなくなってだんだん技術が衰退、というのも悲しいかな。。


ぽちっとな

  







by kenzaburou41 | 2019-01-31 20:59 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

当直明けは休み

厚生労働省は長時間労働が問題となっている医師を対象に、退勤から次の出勤まで一定の間隔を空ける「勤務間インターバル制度」を義務付ける方向で検討に入った。8~10時間を軸に具体的な条件を詰める。残業時間の上限規制をめぐり、医師については一般労働者より緩い規制とする一方で、確実な休息時間を確保する仕組みを整えて健康を守ることをめざす。

当直の次の日はゆっくりお風呂に入って昼寝して
カフェでお茶して映画館で寝る~

そんな食道外科医、、

時間ができたらどうしたらいいか
わからない。


by kenzaburou41 | 2019-01-29 22:27 | ひとり言 | Comments(0)

テロメライシン

岡山大大学院の藤原俊義教授(消化器外科)と黒田新士助教(同)の研究グループは、がん細胞を破壊するウイルス製剤「テロメライシン」と、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授の研究を基に開発されたがん免疫治療薬「抗PD1抗体(オプジーボ)」を組み合わせると、治療効果が高まることを動物実験で確認した。新たな複合免疫療法の開発につながると期待され、13、14日に東京で開かれる日本バイオセラピィ学会で発表する。

 テロメライシンは岡山大が独自に開発し、風邪ウイルスの一種・アデノウイルスを無害化して遺伝子を組み換え、がん細胞を選択的に破壊する特徴を持つ。抗PD1抗体は本庶特別教授が発見した免疫細胞の表面にあるタンパク質「PD1」を基に開発され、がん細胞とPD1が結合し免疫細胞の攻撃にブレーキをかける働きを阻止する。

 藤原教授らの先行研究では、大腸がんの培養細胞にテロメライシンを投与すると、がん細胞が破壊されるとともに、特定のタンパク質やエネルギー物質が増えていることが分かった。これらの現象は免疫反応が高まっていることを示しているため、抗PD1抗体と併用すれば効果が高まると仮定して実験した。

 マウス6匹の背中左右の皮下に大腸がん細胞を移植し、テロメライシンを片方に注入。その後、動物用の抗PD1抗体を全身投与する併用治療を3回繰り返したところ、2匹は左右のがん細胞が消え、別の2匹もテロメライシンを注入した細胞が消失した。6匹とは別のマウスに抗PD1抗体だけを投与した場合はがん細胞は消えなかった。藤原教授らはテロメライシンが抗PD1抗体の働きを増強したとみている。骨肉腫を対象とした動物実験でも同様の結果だった。

 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は昨年12月から、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)と共同で、進行した食道がんの患者らに同種の免疫治療薬(キイトルーダ)とテロメライシンを組み合わせた治験をスタートさせている。

 藤原教授は「免疫治療薬だけでは効きにくいとされているがんであっても、テロメライシンを併用することで有効な治療法になる可能性がある」と話している


手術、放射線、抗がん剤、免疫治療に緩和ケア+新規治療法

勉強せねばおいつかぬ。


by kenzaburou41 | 2019-01-28 08:57 | 新しい治療法 | Comments(0)

食道がんになったとき

病名は「食道がんです。」
と告げられた方が、この先どうなってしまうのだろう
と不安になった時。

まずは情報収集、どこにいったら専門的な治療を
受けられるか、誰に相談したらいいの・・

地方にいるけど、東京に行った方がいい医療が受けられる?

いろいろと気になるかと思います。

今日は金沢医科大学で講演をしてきたのですが。

金沢医大の1Fロビーには各種がんにかんする
冊子が置いてあり。

なんだろこれ、喉頭癌、上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、食道癌も胃癌ももちろんある

へえ、、と手に取ってみて。

どうやら国立がん研究センターの「がん情報サービス」
ganjoho.jp

が作成した
「がんの冊子」
各種がんシリーズって小冊子で、外来の待ち時間にちょっと
情報しりたいなあって時に役に立つ。

食道癌の冊子では
食道がんの病期が一つ前の第10版を(2015年10月より11版なのに
冊子は改訂されてない)使用している事

治療ガイドラインも2007年版でもう10年以上前の
ガイドラインを使用している事から

置いてあった冊子は改訂しなきゃいけないバージョン
(2012年3月第2版)だったのですが。

ネットでみてみると規約もガイドラインも最新版に
アップデートされています。

参考にしてみるのもいいかも。

「でんし冊子」PDFがあります。

冊子はネットから
閲覧できますし、印刷することも可能とのこと。



というわけで
北陸セミナー無事講演おわりまして

明日から、経鼻内視鏡やってみようかなって
先生が増えますように。


by kenzaburou41 | 2019-01-27 22:54 | がん患者学 | Comments(1)

外科学会





第119回定期学術集会
・ 会頭(Congress President):土岐 祐一郎 (大阪大学大学院消化器外科)
・ 会期:2019年4月18日(木)~20日(土)
・ 会場:大阪市(大阪国際会議場 他)
第120回定期学術集会
・ 次期会頭(Congress President-Elect):北川 雄光 (慶應義塾大学医学部外科)
・ 会期:2020年4月16日(木)~18日(土)
・ 会場:横浜市(パシフィコ横浜 他)
第121回定期学術集会
・ 次々期会頭:松原 久裕 (千葉大学大学院先端応用外科学)
・ 会期:2021年4月8日(木)~10日(土)
・ 会場:千葉市(幕張メッセ 他)


4月の外科学会の予定みてたら、今年、来年、再来年と
すべて食道外科の重鎮の先生方が会頭というなんとまあ、、、

あらゆる選択肢の中から
食道外科医を選ぶということ

たくさんのご苦労があって大変なお仕事ですが
やりがいもたくさん。

若い外科医が食道を専門にする

お手伝いをしっかりせねば。














by kenzaburou41 | 2019-01-26 10:43 | ひとり言 | Comments(0)

都道府県別

2016年の都道府県別
食道癌患者さんの年齢調整罹患率 

男性部門

第一位  秋田県 27.6

第二位  高知県 23.2

第三位  新潟県 22.7

第四位  島根県 22.1

第五位  東京都 21.7

第六位  大阪府 21.0

第七位  神奈川県 20.6

第八位  鹿児島県 20.5

第九位  長崎県 20.0

第九位  宮城県 20.0

でございました。

ちなみに 最下位は沖縄県の11.5でした。

女性

第一位  東京都 4.7

第二位  高知県 4.4

第三位  大阪府 4.3

第四位  山梨県 4.1

第五位  北海道、石川、京都 4.0

ちなみに 最下位は三重県の1.8

大都市が多いのですが
高知県は男性、女性とも上位に。

口腔・咽頭癌はというと

男性部門

第一位  沖縄県、高知県 17.5

第三位  山口県 17.4

第四位  東京都、愛媛県 17.2

となぜか沖縄は食道癌がもっとも少なく、
口腔咽頭癌がもっとも多い、という結果。


都道府県によって多い癌、少ない癌
があるようで

土地土地の習慣に基づいた重点的な検診が
必要、、

この先はAIも活用でしょう







by kenzaburou41 | 2019-01-18 17:26 | がん患者学 | Comments(0)

また伸びた

食道学会の締め切りが28日まで延長

しましたが

今回のテーマ、なかなか難しいようで・・

倫理委員会しばりもあたったりで・・

おそらくどの学会にも共通して、発表ネタはあるけども、
発表へのハードルは以前にも増して高くなっていて

「倫理審査のいらない9例以下の症例報告」

だったらだせるか、、稀少症例を調べるか

なんとか食道学会を盛り上げたいものです。


by kenzaburou41 | 2019-01-16 20:05 | 日本食道学会 | Comments(0)

食道学会2019

食道学会の演題締め切りはあす16日までに延長しましたが

さて今年の食道学会何が話し合われるでしょう

今年は6月6日(木曜)と7日(金曜)に福岡で開催。

シンポジウムは
「食道癌サルベージ手術の適応と術式の工夫」
~特に高度局所進行症例への対応とリンパ節郭清の範囲について~

「根治を目指した食道癌の再発に対する集学的治療」
~外科、内科、放射線科の立場から

パネルディスカッションは
「食道癌に対するゲノム医療の可能性と方向性」
「食道癌の緩和ケア・支持療法
~病む人の気持ちをそして家族の気持ちを支えるために~」
「最新の放射線治療技術は食道癌の治療成績改善に寄与しているか?」
「機能性食道疾患の最新の知見~病態から診断治療まで~」

ワークショップ
「食道癌にたいするロボット支援手術の現状と課題~1年間の経験にもとづいて~」
「内視鏡診断・治療の新しい展開と検証」
「食道診療におけるメディカルスタッフの役割
~食道癌サバイバーへのチーム医療のあり方~」

などなどでございます。

診断、治療、再発、緩和ケアと食道癌に関することと
良性食道疾患に関すること
新しい治療法etc

締め切りまであと2日でございます。

福岡行きたいなあ~勉強しに

すでにケン三郎抄録出来上がりまして
テンションも上がってまいりました。

6月はぜひ食道の勉強がしたい。
福岡の学会に出席したい

そしてもっと深く勉強したい・・

食道学会に入会したい
ってかたはこちらから→ https://www.esophagus.jp/private/register/guest










by kenzaburou41 | 2019-01-15 14:24 | 日本食道学会 | Comments(2)

予約の取れない内視鏡医

今、最も予約のとれない●●~

ってのがありますけども

ケン三郎もそろそろ、この業界から店じまいをする
にあたり

第二の人生を考える

付加価値をつけて
お客さんに喜んでもらう

っつ~ことで

「今、都内で最も予約がとれない内視鏡医」

なんてのはどうかな、ワトソン君。










by kenzaburou41 | 2019-01-11 21:28 | ひとり言 | Comments(1)

食道学会ネタ

今年の食道学会、何だそっかな~

九州福岡だし、ぜったいいかねば。。。

と考えてて

やっぱり重複癌のセッションでしょう

と食道と下咽頭の重複癌を調べることに。。

下咽頭癌患者の3人に2人が食道癌。

食道癌患者の4人に1人は下咽頭癌。

その高い重複率からしてこの2つの疾患を同時に罹患した場合

ともに進行してみつかるとえらく大変だし

どっちか一つ進行でどっちかは表在がまだ理想

どっちも表在、これがベスト。

「食道癌はお酒が大きな要因である」

そんなわかってるやん

わかってるからこそ、早くみつけつつ、酒とともに人生を歩める

何回内視鏡治療をうけても酒を辞めない患者さんを

まあしょうがないなあ、、と大目にみつつ、ともに診療を続ける

それこそ理想

食道を労わりながら








by kenzaburou41 | 2019-01-10 22:32 | 他臓器重複癌 | Comments(0)