人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ファシリティドッグ

日本にファシリティドッグ・ハンドラーはまだ2人しかいません。

あなたも、パイオニアとして活躍しませんか?

もっと患者さんが前向きに治療できるように
お手伝いしたい!という意欲のある方、大募集です。

単なる犬好きでは務まりません。既存2施設で行われている活動以外にも、導入施設のニーズに応じた活躍が求められるため、ファシリティドッグの新しい可能性を自ら切り開いて行ける方を探しています。小児医療に対して熱意を持ち、医療チームの一員として活動の質を高め、患者さんやご家族のために働きたい!という方をお待ちしています。

求めている人物像
  • 患者やご家族に寄り添う共感力がある方
  • 課題を見つけて自ら切り開く姿勢のある方
  • 安全第一に、医療者としての病棟内パフォーマンスと犬のハンドリングを両立するマルチタスク能力がある方
  • 多職種と連携するコミュニケーション力のある方
  • 犬を”ペット”ではなく大切な家族の一員として迎え、暮らして下さる方
  • 多様な職員の属するNPOの一員として、互いの強みを生かしながら補い合い、前に進める力のある方
ハンドラーの仕事では、ファシリティドッグとともに病院に毎日勤務します。単なる患者との触れ合い活動に留まらず、治療にも関わっていきます。骨髄穿刺に同席して子どもの心を落ち着かせたり、手術室まで付き添い、鎮静導入まで見守ったり、リハビリの手伝いをしたり…子どもたちとご家族、病院スタッフ皆さんを支えながら、治療に関わります。


↑ 小児病棟に医療スタッフとしてかかわる犬、が欧米では当たり前のようで
日本にはまだその文化がほぼない、

大人の心のケアにも役立ちそう・・・







by kenzaburou41 | 2019-04-29 07:31 | 緩和ケア | Comments(0)

甲状腺癌?

頸部リンパ節が晴れてて
下咽頭には病気がない。

CTで頸部食道がんかも

と他科より相談。

酒もあんまりのまないですし

頸がぽこっと腫れてて

食事は食べれるんです、体重も減ってないです。

食べられるんです。

ん?

進行食道がんというと
「食事がつかえる」「固形物は水で流さないと通らない」
に「体重も急に減りました」

などの食事に関する訴えが必ずあるけど、それには
合致しない。

頸部食道癌にしては合わないなあ、、、

と内視鏡やってみる。

Valsalvaでも下咽頭深部~食道入口部にはなにもない

食道も粘膜はきれい、、

これは食道じゃないです、おそらく甲状腺からきたものでしょう、、


あんまり経験しないですけど、そういうことも念頭に置いて・・・
























by kenzaburou41 | 2019-04-28 22:34 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

偶発症調査

2008~2012年内視鏡学会の偶発症調査
(古田隆久ら、内視鏡学会誌2016;58:1466-1491)

検査総数 544施設
15545115件(観察)
 1534202件(治療)
    7794件(腹腔鏡)
17087111件 

偶発症 
   12548件
うち 2132件(観察)
  10387件(治療)
      2件(腹腔鏡)

で前処置に関する偶発症は472件
うち死亡件数が9件

内容が鎮静、鎮痛にかんして219件でうち死亡例4件
(呼吸抑制75,呼吸停止24,低酸素脳症22,ショック12など)
腸管洗浄にかんして105件、うち死亡例3件
咽頭麻酔 39件 死亡0
鎮痙剤  31件 死亡0
(不整脈5,ショック4,皮疹2,血管炎2など)
鼻腔麻酔 29件 死亡0
抗血栓剤の休薬 26件 死亡1件
原因不明 18件 死亡1件。

観察のみの内視鏡検査の偶発症:死亡例48件あり
経口内視鏡、大腸内視鏡、ERCPの3つに集中。

経口内視鏡10299643件中 550件の偶発症(0.00%)
ありうち13件死亡(0.00013%)
最も多いのが189件の出血、169件のマロリーワイス、
26件の穿孔(うち3件死亡)
心肺停止8件(うち8件死亡)

経鼻内視鏡966041件中232件の偶発症(0.0024%)、
もっとも多い偶発症は鼻出血(111件)これ
偶発症といわれるとつらいが、、死亡例はなし

大腸内視鏡 438件の偶発症(0.011%)
穿孔200件に155件で手術、13件死亡、
そのほか併せて16例死亡(0.0004%)

ERCP  716件の偶発症(0.322%) 17例死亡(0.0076%)


アンケート調査ですので、これで全てというわけではなく
実際にはもっと多いであろう、怖い偶発症。

昭和平成は「鎮静、鎮痙剤の使用下、経口内視鏡」

令和時代は「鎮静しない、鎮痙剤使わない、経鼻内視鏡」

鎮静剤、鎮痙剤を使う場合は十分な問診と、リスクについて
説明が必要、

使わないときにはそのリスクはうんと減ることが確実。

患者さんに十分説明して経鼻内視鏡を勧めましょう







by kenzaburou41 | 2019-04-27 16:27 | 内視鏡鎮静 | Comments(0)

食道癌見落としやすい場所

1年後に大学をやめてフリーランスの食道外科医として
全国行脚を考える日々。

全国行脚するにはなんか[ひな形」的な配布資料がないと・・

と思って、経鼻内視鏡マニュアル~咽頭・食道編を作成中。

ああ医学書院とかが声かけてくれてば教科書かけるのに。。

とおもいつつ、

「食道」はどこが見落としやすいか。

もちろん食道入口部はValsalvaやってる施設とやってない施設では
視野が全然違いますので、やってない>見落とす>ある程度必然

でございます。今のとこ、「やってないのが当たり前」ですのでこれはさておき

頸部食道、左主気管支の影のとこ、心嚢と大動脈の圧排の左壁の水たまるとこ、
そして下部食道の前壁、食道胃接合部

などが候補です。

あとは「Brownish areaの釣り」

便利なもので「NBIBLI」で赤いがんが茶色に強調されて見やすくなる
というのがある程度普及し

食道はブラウニッシュエリアを探せ

で、大変役に立つのですが

ブラウニッシュに気を取られると、その方向に目が行って
対側は盲目となり、

反対側に大きな癌が隠れていた

ということもよくあります。

ですから1個みつけたら反対側にないかを見てみる。

ってのも重要です。

特に下部食道前壁、心嚢でぱかぱか動いて接線になるところ

要注意です。

前壁で異常をみつけたら、内視鏡を180°とまわして
6時方向に病変をもってくると見やすくなります。


てことで今日も一日内視鏡

明日も食道癌みつけますよ~




by kenzaburou41 | 2019-04-24 16:29 | 診断の達人たち | Comments(0)

FOLFOX

「食道癌」に対し、抗がん剤「オキサリプラチン」(一般名)、「レボホリナートカルシウム」(一般名)、

「フルオロウラシル」(一般名)の3剤を併用する「FOLFOX療法」を実施することについて、

「使用事例を審査上認める」との見解を公表。適応外使用でも審査上容認する。



↑  上記のお薬が食道癌でも 2019年4月22日つけで採用されました!


どのタイミングで使うのがいいんでしょう・・・・


文献しらべなきゃ


ぽちっとな




by kenzaburou41 | 2019-04-24 07:08 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

Web講演の質問

Web講演を見ていた先生から質問がきました! 結構全国ご覧になった先生いらしててビックリです。

Q1)Valsalva法で経鼻内視鏡を行う時は、長くて1症例あたり何分時間をかけるのでしょうか?

上咽頭や中咽頭、食道、胃と全て隈なく確認を行う場合、相当な時間がかかるのではないでしょうか?


A)うちはほぼ全例、内視鏡検査を受ける方が食道癌・咽頭癌のハイリスク患者という特殊な環境ですので
検査に10分くらいはかかっています。口腔咽喉頭観察はそのうち1分半くらいです。
食道癌患者じゃなくても、酒のみ毎日二合以上+酒やめろときつく指導しても辞めない+フラッシャー(赤くなる方)
+55歳以上男性は特に入念に観察しています。
ピロリ菌未感染の方は胃にあまり時間をかけずに咽頭に時間をかけるのが効率的だと思います。

外勤先で一般の方をスクリーニングする場合は酒飲みのハイリスクには時間をかけて、
リスクのない人には手短に行っています。3時間で12~3人くらいをこなせるので
検査、麻酔、入れ替え含めて一人約15分です。鼻腔麻酔も3分程度に短縮して行っています。

Q2  経鼻で鎮静なしのValsalva法は相当苦しいのでは?

うちは10年前から咽頭~食道入口部が十分見えないこと、咽頭癌の見落としを経験したという理由で
鎮静経口(拡大含む)でのスクリーニングは辞めました。
ほぼ全例高画質のレーザーもしくはNBI経鼻でスクリーニングし、鎮静もしていません。
おかげでバックベッドもいらなくなりました。

Valsalva法も患者さんは慣れたもので毎回当たり前のようにやっており、「のどを診る都合上協力してもらわないと
見えません」「経鼻内視鏡だと、のどがものすごくよく見えるんです」「食道癌の治療後に下咽頭癌はよくでてきます、
そこをしっかり見る必要があるんです」と説明すれば、文句を言ってくる患者さんは皆無です。
どうしても寝かせてほしいという人には食道に入ってから寝てもらいますが
経鼻だと、食道に入って鎮静かけずに観察してもそれほど苦痛なく検査が可能です。
検査中余裕があれば患者さんと画面をみながら説明し、会話をしながら
節酒教育ができるのも大きなメリットです。

とお答えしました。どしどし質問お待ちしております~



by kenzaburou41 | 2019-04-23 19:46 | 講演録 | Comments(0)

絶対に穴をあけたくないとき

内視鏡治療の説明

ごくまれに穿孔することがあります

ほとんどないですけど

100%穴が開かないとは言い切れません

っていったら

絶対嫌です、あなをあけないで上手にとってください

っていう、、

おっと~

もちろんそのつもりですが~

ESD

それとも

EMR?

小さい病気なんです

EMRであっというまにとれちゃうくらい

やっぱり今の時代はESDですかね

孔を絶対にあけないなら

ムコゼクトームでしょうか??

なやますい・・・




by kenzaburou41 | 2019-04-23 19:29 | 内視鏡治療 | Comments(0)

MucosectomでESD困難例に立ち向かう

秋の講演にむけて症例さがしの日々ですわ

若返り政策もあって

あと1年以内にケン三郎も大学をクビになる可能性が十分あるんで

一例一例が大事ですわ

プライマリー症例で困難例ってそうないので

ESD後の瘢痕とか

APCで焼いた後の瘢痕とか

CRT後の再燃でSM2-3とか

そういう所の強固な瘢痕を克服した、

っていう症例でしょうか、、、

おかげさまで近隣の病院から「うちじゃ危険だから
できない」っていうESD困難例も紹介をいただいて
有り難い話でございます。

筋肉にむかっていかず
筋肉に沿って切れる、しかも沢山一気に進められる

というのがこのナイフのいいところ。  

アピールできるよう準備進めるんですわ




by kenzaburou41 | 2019-04-22 20:54 | 講演録 | Comments(0)

0.000024%

内視鏡は寝かせてほしいという患者さんの希望と

はいはい、うちはどっぷり寝てやりますよ、苦しくないですよ
を売りにする医師

内視鏡学会の鎮静ガイドライン2013年では

鎮静にまつわる死亡事故も報告され

その比率0.000024%

なのでめったには起きません

しかしこの先迎えるのは高齢化社会

自分が鎮静で被害をこうむる可能性と
他人に迷惑をかける可能性。

あるところでは付き添いがいない限りは
「鎮静しない」という病院もあるそうです。

つい先日も87歳の高齢者が運転を誤り小さな子供が亡くなった
という痛ましい事例もございます。

地方では車じゃないと病院に行けないってこともあるんじゃないでしょうか

医師や看護師には車で来たことを隠して

内視鏡で鎮静

少し休んだけど、もう大丈夫だよといって車にのり

そして病院をでてから事故を起こす

そんなことも実際は水面下で起きているのでは???


っていうことでお休みの日を利用して

「医療事故裁判判例集」をネットサーフィンしておりました。


ぱらぱらみてて、、0.000024%だけど
その1人になったら、、、と考えると

鎮静しなくて済むならその方が。

ちと社会勉強しようっと










by kenzaburou41 | 2019-04-21 19:39 | 医療訴訟 | Comments(0)

遠方より患者さん来る!

このブログをみて、
「食道癌の手術をうけた、ケモラジをうけた」そしたら数年後に下咽頭癌が
みつかった、

放射線治療か、声をとる手術か、いろいろ不安なことを言われて

じゃあ、その道では明るいケン三郎先生に聞いてみようっ

とメールでおたずね。

一度見てみないとなんともいえませんね、、で

そこから 外来予約をとり

その日に内視鏡やって

「私の経験上これは、ELPSでいけますよ」

でその外来から約2週間後には治療が終わって無事退院。

「おかげ様で有難うございました」

帰ってからも何事もなく過ごせるとよいのですが・・・

しかし、まさかブログを始めた時には、遠方から患者さんが
お越しになって、頼りにされる。
そんなつながりができる
とは夢にも思わなんだ、です。

続けてきてよかった~







by kenzaburou41 | 2019-04-20 22:05 | ELPSでのどを守る | Comments(0)