人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

治療すべきかどうか

Bさん(70歳・男性)は、この1カ月ほど少ない食事でもすぐに腹がいっぱいになり、へその上に何か瘤が触れる気がして、Aがん専門病院を受診しました。超音波検査の結果、進行した膵臓がんと診断され、手術は無理で抗がん剤治療を勧められました。

 その数日後、私の外来に「治療をやるべきかどうか」について相談に来られました。BさんはA病院の主治医からこう言われたそうです。

「抗がん剤治療は、効くかどうかやってみないと分かりませんが、統計上は延命効果があります。治療ガイドラインでも選択肢のひとつとして推奨しています。Bさんの今の状態なら外来で治療可能です。もちろん無治療の選択肢もあります。無治療の場合は余命6カ月、治療した場合は1年くらいと思ってください」

 さらにBさんは次のように話されました。

「抗がん剤治療は延命効果だけとなると、意味がないんじゃないかと思うのです。いずれまた悪くなるなら、治療を受けない方がいいのではと考えています。先生はやって何か意味があると思いますか? これまで70年間生きてきて、数カ月ほど長生きすることに意味があるのでしょうか」

 そんなBさんに私の考え方を伝えました。

「抗がん剤治療をやるかやらないかは、もちろん本人が決めることです。延命の意味があるかないか、これも本人の考え方次第と思います。結果はどうなるかは分かりませんが、私は抗がん剤治療を勧めます。あなたに本当に効くかは分かりません。でも、延命効果が科学的に証明されているのに、やらないのはもったいないと思います。70年間生きてきたと言われますが、これからの人生に何が待っているか分かりません。延命の意味は、たとえ1年でも生きていてこそ何かが出来る、何かを味わえるチャンスがあるのです。つらいこともあるでしょうが、楽しいこともきっとある。私なら、『生きていてよかったと思える時がある』と、そう希望を持って生きていたいと思います」

■生きていてこそ幸せを感じるチャンスがある

 これまで、たくさんの膵臓がん患者の診療を行ってきました。15年ほど前までは、膵臓がんに対して抗がん剤治療は延命効果もなく、つらさを軽減する緩和治療も今に比べれば貧弱な時代でした。当時、黄疸が出ている場合はこれを取るために肝臓に直接管を入れて胆汁を出すのがせいぜいの治療で、抗がん剤治療は勧めませんでした。

 しかし、今は違います。新しい治療薬が開発され、体のつらさを取る緩和医療も発達しました。確かに、今の抗がん剤治療では手術不能な膵臓がんは治せません。

 でも、この場合の「延命」とは、意識のない状態での延命とは違うのです。体が良い状態を保ちながら、治療で良くなって「生きている実感がある」と話される患者さんがたくさんいらっしゃいます。治療を受けないで死を待つような気持ちでいるよりも、ずっといいと思うのです。

 日本では、多くの方は宗教の信仰がありません。それでいて、科学的根拠に基づいた治療法があるのにそれを拒否して、短い余命を告げられ、死に向かってどう生きていこうというのでしょうか? 生きていてこそ、幸せを感じるチャンスがあるのです。

 場合によっては、まずは治療をやってみて、副作用などがつらくて無理だと思うようなら、そこでやめればいいのです。一度も治療を受けずに死んでしまうのは、本当にもったいない。

 医学の発達は明らかです。1年生きた後、そこに死があるのではなく、さらにまた余命1年を伝えられる、あるいは新薬でもっと生きられる――そのような時代なのです。生きていてこそ人生です。


とのこと。




by kenzaburou41 | 2019-04-20 20:10 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

ダビンチの練習

外科学会のブースに
ダビンチ手術の練習用のデモ機がおいてあったんで

業者さんに練習どうぞ
っていわれて
やってみた

椅子にすわり、めがねを覗くと、丸い球が
左右二個あって 

それを真ん中にある大きな玉
いろんな角度からその中心に持っていくというもの

左右の親指と人差し指でつかんだりはなしたりして

手首をぐいっと回して

いろんな角度に変えられる

おお、たしかにすごいな、細かい作業を座ってできるし
なれたら楽ちんだな。

欠点は触覚がないこと

ですが、たしかにこれは便利だなあ~
と実感

早く買ってもらった先生が偉くなる時代ですけど

やってみると確かに・・

毎月症例を重ねていけば
患者さんへのメリットも大きい

しかし金がかかる。


医療費大丈夫?

僕らの時代はいいかもしれんけども

次の世代に負担負わせてない??





by kenzaburou41 | 2019-04-19 19:53 | 胸腔鏡手術 | Comments(0)

ステージⅣ大腸癌

ステージ4っていうと
どのステージでも、ああ残念だけどたぶん治らないな
数年後にはこの患者さんは・・・

と想像してしまう進行度。

しかし病気の種類によっては、治るものもあって。

外科学会のポスターで

大腸癌は規約の改訂があって、ステージ4はabcの三つに分けられ

4aと4bと4cの予後を比較

なんて発表がありまして。

分けるという事は差があるだろう、ってことですので。

きっと食道がんのステージⅣよりは成績いいんだろうな、ってのが
想像がつきます。

かたやステージⅣの食道癌をどうにかして手術にもってって
ひやひやしながら、気管や大動脈の壁を削る、なんて手術報告もありまして。

予後が悪いといわれるステージの生率を1%でもアップしたい
という願い

これなら手術でとれるだろう、
これはちょっと厳しそうだけどなんとかとれるだろう、
うーんこれは残念だけど手術は無理

患者さん一人ひとり個別な事情もあるから

初めから正解はない

ただ、手術したほうがいいと信じてやるだけ

なんです。食道外科医。



by kenzaburou41 | 2019-04-18 22:07 | ひとり言 | Comments(0)

Web講演

今日は神保町のスタジオで、ウェブ講演。

カメラの前で喋って

モニターの向こうの先生にお届けする、というスタイル。

観客がいないので

「おお~っ」とか「ややうけ~」とか[大爆笑」

の反応が分からず

ペースうまくつかめずでございましたが
無事に?のりきりました。

こういう機会をいただけてお話しできるのも
先代からのDNAを受け継いできたからこそ。

手術ができる、鏡視下ができる、ロボット手術ができる

ただそれだけでポーンとトップをすげかえたのとは大違い。

どうしてそうなったのか、今なぜそういうことをしているのか、
の理由が脈々と受け継がれているわけでございます。

一人でも多くの医師に食道入口部観察の重要性がとどくといいのにな

と思いつつ

今後も情報発信を続けたいと思います。







by kenzaburou41 | 2019-04-17 23:40 | 講演録 | Comments(0)

遺伝子検査

堀ちえみさん(52)の食道がんがニュースになっている。

 堀さんは2月にステージ4の舌癌であることを公表。11時間におよぶ手術を受けて3月末に退院した。そこに今度は食道がんである。

 幸い、食道がんはステージ1の早期発見で、内視鏡を使った30分から1時間の手術で済むという。堀によると、前回の入院中に胃カメラ検査を受けて発見された。また、舌がんからの転移ではないそうだ。

 舌がんと食道がん。両者はどんな因果関係があるのか。医学博士に聞いた。

「堀さんが言うように転移ではないと考えられます。実は舌がんや咽頭がん、喉頭がんなど口腔内のがんを発症した場合、食道がんや胃がんなどを併発しやすいのです。これを『多重がん』と呼びます。堀さんの医師は多重がんを心配して胃カメラ検査をしたのでしょう。同じように、肺がんの人が咽頭がんや食道がんを併発しやすいことも分かっています」

 よく「がん家系」とか「がん体質」という言葉を耳にする。両者は遺伝子によってがんを発症しやすいという意味の同義語だ。米山氏によると、がんの一部は遺伝子が関係し、病名として家族性大腸腺腫症、遺伝性乳がん・卵巣がん、リンチ症候群などが挙げられるという。

 分かりやすく言うと、①家族にがんになった人がたくさんいる②家族に若くてがんになった人がいる③家族が同じがんになった――。この3点の1つにでも該当すれば、自分もがんに関係する遺伝子を持っているかもしれない。

「心配な人は遺伝子検査を受けたほうがいいでしょう。保険は利きませんが、最近は料金が安くなり、数万円で受けられます。検査は一生に1度でかまいません。大切なのは遺伝子検査をしたあと、適切な対処法をアドバイスしてくれる病院を選ぶこと。米国の女優のAJさんが、がんになる前に乳房の摘出手術を受けたのは医師の助言があったからだと考えられます」


ケン三郎のとこには
取材きませんね

心配なひとは遺伝子検査ではなく経鼻内視鏡を受けましょう!



by kenzaburou41 | 2019-04-17 13:42 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

取材来る?

舌癌のあとに食道がん???

関係あるの?

ないの?

誰に聞けばいいの?


取材こないかな~



by kenzaburou41 | 2019-04-16 23:30 | ひとり言 | Comments(0)

1時間

 「無事に終わりました」のエントリーで堀は「午後から始まった、食道癌の内視鏡手術は、一時間程で無事に終わりました」と報告し「主治医の先生を始め、スタッフの皆様、ありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

そうなんです、食道癌の内視鏡治療は1時間もかからずに
終わっちゃうのです。

早く見つかるのと
症状がでても我慢して病院を受診しないのとでは
うける治療の規模が大きく違います。

頭頸部癌にかかったことがあるかたは是非
一度は内視鏡検診を


by kenzaburou41 | 2019-04-16 21:12 | 内視鏡治療 | Comments(0)

ステージ1

ステージ1といいますと

内視鏡だけでなおることもありますし

化学放射線治療でもなおることがありますし

あるいは手術がベストの場合もございます。


他の臓器が進行していてそっちのほうが問題かも

という場合には

先にそっちを治療してから

食道がんにとりかかる

事はしばしばございます。

まずは侵襲の軽いものから治療

ということでまずESDを行うのが一般的で

あとは病理の結果次第、かと思います。


うまくいきますように











by kenzaburou41 | 2019-04-15 23:18 | 食道癌診断治療ガイドライン | Comments(0)

堀ちえみさん

 ステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)の手術をし、現在リハビリ中のタレント・堀ちえみ(52)が15日、自身のブログを更新。食道がんであることを公表した。診断はステージ1で、舌がんと同じ扁平上皮がんとし、舌がんの転移・再発ではないとしている。

 「本日また入院しました。今度は食道癌です」と公表した堀。「前回の入院中に胃カメラの検査を受け、食道に腫瘍が見つかり、一部を病理検査に出した結果が、4月2日に出ました」と説明。続けて「4月4日、組織を拡大して見るカメラで、精密検査を受けたところ、ステージ1の食道癌と診断結果が出ました」と報告した。

 診断はステージ1。「これは舌癌の転移でも再発でもないとの事です。でも同じ扁平上皮癌だそうです」と伝え「消化器外科の先生が見つけて下さいましたが、初見の段階で悪性の可能性を、指摘されていました。幸いにして早期発見。普通なら見過ごしてしまう位置に、あったそうです」と明かした。

 「自覚症状も全くありませんでしたので、自分でも驚きました」といい「早いうちに取り除いた方が良いとの事で、病院の先生方の対応も早く、手術の日程も4月16日に決まっていました。前回の人間ドックでは、異常ありませんでしたので、恐らく最近出来たものだそうです」とつづった。

 また、落ち込む堀に夫は「『今このタイミングで検査を受けてラッキーだったんだ』『少しでもタイミングがずれていたら見つかっていなかった』『運が良かったと思って』」と言ってくれたといい「この言葉にとても救われました。子供たちにも、又ショックを与えてしまう事になるので、とても心配でしたが、『早く見つかって良かったね!』と言ってくれたので、ホッとしました」と胸中を吐露した。

 あす16日に内視鏡で腫瘍を取り除く手術を受けるが「取ってみない事には、腫瘍の深さなどは分かりません場合によっては追加の治療もあるとの説明を、受けました。今回の手術は舌癌の時と違って、30分から1時間で終わるそうです。入院も一週間ほどです」と記した。

 公表については「大変悩みましたが、間違った情報が一人歩きして、いろいろな方々に、ご迷惑をお掛けする事になりかねないと思い、公表しました」とし、「また癌が見つかったけど、それでも自分の身体が愛おしいです。いろいろな病気を経験してきましたが、全て無意味ではないと思っています。頑張ります!」と、前向きにブログを結んだ。

 堀は2月19日にステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)を公表。同22日に行われた手術では頸部リンパ節を取り、舌の6割を切除して再建手術も行うなど、オペは11時間にも及んだ。3月9日にはブログで手術により、がんが全て取りきれたと伝え、その後、一時帰宅などを経て、3月26日に退院していた。


舌がん患者さんの約二割に食道癌が重複しますが、、やはり
連携はとても大事ですね。このブログから気を送ります。見てるかな~





by kenzaburou41 | 2019-04-15 17:35 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

31回 経鼻内視鏡研究会in関西

31回 経鼻内視鏡研究会in関西_b0180148_12371373.jpg
昨日の大阪での講演。

私の前に講演を務めた耳鼻科の先生が
「舌根は鼻からではみえません、口からだと見えます」経鼻内視鏡の盲点です
とおっしゃってましたが

いえいえ、舌根こそ経鼻内視鏡で良く見える場所でございます。

口を大きく開けてべ~と前に突き出し、アップアングルをかける

これがケン三郎の推奨する「中咽頭反転法」でございます。

LCIをつかうとこんなにみえちゃうんです~

これ見ちゃったら過去には戻れませんです~















by kenzaburou41 | 2019-04-14 12:43 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)