人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

飲まないのに食道癌に。。

我が国の食道癌の多くは飲酒・喫煙やアセトアルデヒド代謝酵素の遺伝子多型がリスク因子とされている。これらのリスク因子がない症例は日常診療において少ないながらも経験され、例えば「主に胸部中部~下部食道の後壁側に縦走する線状びらんの一部に見られる扁平上皮癌」のように特徴的な病変も経験される。しかしながら、多数例での臨床病理学的特徴は未だ明らかにされておらず、ごく少数の報告が見られるのみである。(1特に、病理医の立場から、飲酒歴や喫煙歴を把握した上で手術材料・ESD材料を病理診断できることは少なく、特徴的な所見があったとしても因果関係を認識していない可能性がある。

非飲酒・非喫煙の患者に生じた食道癌に特徴的な所見はあるのか,その背景粘膜に特徴的な所見はあるのか。食道癌の専門施設の内視鏡医、外科医、放射線科医、病理医が集結する本研究会で、非飲酒・非喫煙の食道癌症例を詳細に検討し、背景粘膜を含めた臨床病理学的な特徴を明らかにすることを目指したい。

参考文献:
1)Shigaki H. et al. Clinicopathological feature of esophageal squamous cell carcinoma in never smoker-never drinkers. Disease of the esophagus (2007) 20, 1-7

【演題を応募頂くにあたり,以下の基準で候補症例を選択して頂きたく、よろしくお願い申しあげます。】
  • 習慣的飲酒歴・喫煙歴がない食道癌
  • 性別、年齢、多重癌や逆流性食道炎などの既往歴、PPIなどの内服歴、臨床的背景を把握できていること
  • 内視鏡的に病変とその背景粘膜を評価できること
  • 病理標本の検討が可能であること

今回の検討結果は、多施設共同研究として発表したいと考えております。倫理申請についてもご協力いただければ幸いです。
注:候補になり得るか迷われた場合は、当番世話人まで症例の概要等お知らせ頂ければ相談させて頂きます。

演題募集要項

抄録は所属・演者名・本文を400字以内で作成し、テキストファイルで添付して下記抄録送付先(食道色素研究会事務局)にメールで応募して下さい。尚、発表は各自ノートパソコンを持参して頂き、プロジェクター1台での映写発表となります。

締切日令和元年10月31日(木) 必着
抄録送付先食道色素研究会 事務局 (担当:坂本 圭子
東京医科歯科大学 消化管外科学分野
〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
TEL:03-5803-5254 FAX:03-3817-4126
E-mail:sikiso.srg1@tmd.ac.jp


by kenzaburou41 | 2019-10-30 12:59 | 食道色素研究会 | Comments(0)

オフ会具体化

食道癌の患者さんからオフ会は「酒の飲める場所」希望ですって、、

あれほど医者に酒辞めろっていわれてんのに、まだ辞めてないんかいっと思いますが

食道癌の患者さんから酒を奪っちゃったら、食道癌は無くなるのか?

そんなこたあないでしょう

人間楽しいとき、うれしい時、悲しい時、怒っている時。

そして愛を語る時

酒がそばにあるということ。

人生を生きていくには時々その助けが必要で。

「酔っぱらってるからいうけど、お前の事愛してる」

うわ~っつ、、、言っちゃった。

酒を辞めろとは言わないけど、減らしてうまく付き合いましょう。

最初は会議室借りて、かしこまって話するのがいいかとか

患者会でもインフルエンサーの方に講演していただくとか

考えましたけど、、え~い、まあ最初のオフ会は0次会ですよ

次の会にむけてのまずは発起人からご挨拶。

自己紹介しましょう

ではしばしご歓談を

ええ、では気に入った方の番号を書いていただいて、、タカさ~んチェック!

合コンじゃねえか。そ、そういう会ではないので。

試行錯誤で時間と場所をまず 告知。

来る12月6日金曜日

場所 銀座ライオン  19時半から

参加希望の方求むっ~




by kenzaburou41 | 2019-10-30 00:55 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

徳島へ

木曜日は夜徳島で講演がございます。

2015年以来2回目の講演で、新しいレーザー経鼻内視鏡の威力を
お伝えするとともに

四国にレーザー経鼻を普及させる足がかり

香川、愛媛、高知のみなさんっ

本田選手じゃないけどオファー待ってる~


by kenzaburou41 | 2019-10-30 00:37 | 講演録 | Comments(0)

瘢痕を切る

食道癌の内視鏡治療

なんども内視鏡治療を繰り返す

長期生存例

もう来なくても大丈夫でしょう

っていえないのが食道癌になった方の問題でして。

あっちこっちに内視鏡治療の傷があるとまたその上に
食道癌ができて、うんとESDが難しいことがある。


そういうときにはこのデバイスを使いましょう

っていうんで、デバイスの宣伝用に動画をとったものの

全く歯が立たずに、う~んこれは撤退か。

しかし撤退しちゃうと手術かケモラジかでしょ

撤退はないでしょう

穴が開いても取ってきます。

「瘢痕だから周りも硬くなってて穴が開いても炎症は周りに広がらない」

と思ってますんで、瘢痕があろうががんばってとりにいく

しかし結構これが難しい。

どこの層できったらいいかがわからないし、、、局注も浮かない。

ひえー

結局きれいには取れないって判断してスネアをうまくかけて2分割で切除

しゃあない、これはこれで充分でしょう

撤退しない

やりきった~




by kenzaburou41 | 2019-10-29 00:52 | 内視鏡治療 | Comments(0)

頸部食道がんの治療戦略

頸部食道がんの治療戦略ですが

先日もブログをたよりに相談がございまして

医者には手術をすれば喉頭を残せないから放射線をまずやりましょう

と勧められた。

先生方のご意見いかがでしょうか?

ってことで。

手術したら声のこせないんだ、、じゃあ放射線を選択される方は多いと思います。

が放射線が効いたように見えても癌細胞が0にならないと再発しますので
再発した場合に、どうするか?

PDTも頸部食道癌には適応外ということで

手術となりますと放射線のあたった咽頭と空腸をつなぐ、血管をつなぐ
上手くいかない事がすくなくありません

結局のどを残せずに喉頭まで摘出になりえる状況です。

ですので最初から手術で声を温存しながら、遊離空腸再建でつなげるのであれば
これがあとあと考えてみるといい選択で。

胃も残りますし、多少声がかすれたり、つなぎめに食物がつまりやすくなったり
はありますが

声ものこせて癌も切除し、根治が目指せる。

これが理想です。

頸部食道癌自体がそれほど頻度の多い疾患ではないので、手術は、経験豊富な施設で
やるのがよく。

「うちじゃ声は残せないよ」
と言われた施設でも、一度他の病院に聞いてみるのも一考
でございます。

相談されたら全力で、一番いいと思われる方法を提供し、軌道に乗せる。

これが食道外科医の真骨頂でもございます。






by kenzaburou41 | 2019-10-27 12:39 | Comments(0)

オフ会やることにした。

ケン三郎も新しいお殿様がやってきた都合、
この病院に長くいられない可能性もあるので
今のうちにやれることはやっておこうと思います。

12月6日(金曜)夜 忘年会シーズンではございますが
今のところ2名の患者さんが福岡と千葉から参加予定
でございます。

ドクターサイドも思い当たる先生に声かけてみますね




by kenzaburou41 | 2019-10-26 13:17 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

オフ会への道

オフ会の話を書いたら、早速患者さんの家族から連絡がありまして

是非企画してほしいっ

なんでも患者さん自身は悩みを打ち明けられず一人で手術後を克服し、
そのあとに知り合いのかたが食道癌になって手術前に不安をかかえていたとき
その方に自分の経験をアドバイスしたそうで。

「一番喜んでくれたのほ、手術翌日すぐに歩いている画像と、退院後にどんなものを食べたかを記載したノートでした」

なるほど・・

食道患者さん自身は「友達作って相談しよう」っつうキャラはどちらかというと少なく
置かれた状況に一人で悩み、落ち込んで、まあ仕方ないかと受け入れる方が多い
印象で

それを家族はどうやってサポートしたらいいかがわかんない

「頑張って食べて」「元気出しなよ」「酒はもうダメだからね」

あれも駄目これも駄目 生きてる意味ねえじゃん

思ったようにくえねえし 先生にきいてもしょうがない 慣れるしかないの一点張り 

食道がんが治ったんだからいいだろ? てめえこんな体にしやがって・・

オフ会?んなことやってる暇があったら一人で酒飲んでる方がまし、いらんいらん

っていわれそう。

ネガティブなことはもちろんありえるけども、

いやあ勇気を出していってみたらよかったわ 
シャイな自分が前向きになれたわ~

ってなるかもしれない。

12月6日金曜ですかねえ 福岡からも参戦してくれるだろうし。

参加者10人も集まれば大成功

やってみなはれ 

募集要項考えますわ



by kenzaburou41 | 2019-10-25 22:39 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)

オフ会

医者の立場から、食道癌の患者さんむけにこうした方がいいでしょうという
「患者教室」は
国立がんセンター東病院で行われておりまして こちらをクリック

先日、ある研究会で
患者さんが治療をうけたものの、その後の再発転移への心配、手術後の過ごし方、
再発した後の不安や悩み、緩和ケアへの心の持ちよう
などを患者同志、家族同志で話し合う機会がないんじゃないか

ケン三郎先生のところにはそうした声が届いてるんじゃないか?

と相談があり

「ええ、患者さんお互いに再入院の時に
お見舞いに訪れたり、SNSやブログで情報交換はしている
みたいですよ」

とお答え。

たしかに医者>患者への情報提供はあるものの

実際、患者さんの苦労というものは個々で違うものだから、どう克服しているのか
いつ克服できるのか、どうしたら克服しやすいのか

先輩患者さんが後輩患者さんに情報を伝える場が少ないのではないか?

大腸がんや乳がんなどのメジャー疾患ではそうした患者会の力が大きく
国を動かし、「がん検診」が整備されてて、手厚くサポートもあるのに

食道がん、頭頸部がんはマイナーな疾患で、しかも多くは酒飲みの疾患なので
匡からは[がん検診」の対象から外され
サポートが行き届いていない現状が長く続いております。

こうした現状に、

オフ会したらどうでしょう?

ってその先生から提案がございまして

酒飲みながら、悩みを相談しあう場を作る

いいなあ、いいなあ やってみたいなあ~

第一回は東京で

そのうち全国回って

各地に食道癌患者会を作り、「ひとりじゃない」ってことを共有する。

このブログの使命でしょうか

みなさんのご賛同がいただければ、ケン三郎 動きます






by kenzaburou41 | 2019-10-24 21:34 | がん患者学 | Comments(1)

吾妻ひでおさん

ななこSOS』『失踪日記』などで知られる漫画家の吾妻ひでお(本名:吾妻日出夫)さんが13日未明、都内の病院で亡くなった。69歳。21日、吾妻さんの公式ツイッターで伝えられた。

 ツイッターでは「かねてから食道がん治療中でしたが、2019年10月13日未明、都内の病院で永眠いたしました。享年69歳。ここに謹んでご報告申し上げます。合わせて永年の読者の皆様のご支援と励ましのお言葉に改めて御礼申し上げます」と報告。

  なお、葬儀・告別式は近親者のみで執り行い、「後日、お世話になった方々、ファンの方々にも参加していただける形でお別れ会を開く予定です。こちらは決定次第、ご案内申し上げます」と発表している。

 吾妻さんは1969年にデビュー。ギャグ漫画の『ふたりと5人』やアニメ化もされた『ななこSOS』、SF作品の『不条理日記』などで人気を得、現在の“萌え”ジャンルの先駆者とも言われている。その後、アルコール依存症や失踪を経て、2005年にそれらの経験をもとに描いた『失踪日記』を発表。『第34回日本漫画家協会賞大賞』『平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞』などを受賞し話題を読んだ。

↑ 失踪日記読んでて、アルコール依存症からの脱却もそうですが、
食道癌や頭頸部癌に注意せねばならず。

もし50代で依存症を克服した方は60代になる前に一度内視鏡検診をお勧めします。

そして酒を飲む量をまず減らし、毎年内視鏡を受けましょう。




by kenzaburou41 | 2019-10-24 21:14 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

石橋武蔵君

亡くなった彼の生前の希望でしたので
彼の生きざまが分かるfacebookより #石橋武蔵先生


時間を大事に、人を大事に 生きていかねば。





by kenzaburou41 | 2019-10-20 08:38 | がん患者学 | Comments(0)