人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

嚥下障害

高齢者で食道癌の手術を受けた後
やはり誤嚥性肺炎が心配です。

動画で示す嚥下運動←こちらをクリック

予防には「3秒吸って7秒はく」のダイエット法や

「肺炎がいやなら、ご飯に卵をかけなさい」

キャッチーなタイトルですね

皆さま、今年はどんな年でしたでしょうか?

来年はどこかで患者会第2弾を企画しますネ

笑顔で新年が迎えられますよう

良いお年を。


by kenzaburou41 | 2019-12-31 17:02 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

オキサリプラチン

↓日本食道学会ホームページより

要約

  • 食道癌に対するオキサリプラチンは、FOLFOX療法あるいは、FOLFOX療法併用放射線療法として使用する。
  • 食道癌に対する標準治療として使用されるプラチナ製剤はシスプラチンであり、オキサリプラチンはシスプラチン不耐例に対するオプションである。
  • 食道癌に対するFOLFOX療法、FOLFOX療法併用放射線療法のエビデンスは乏しい。

1. 緒言

日本臨床腫瘍学会は、オキサリプラチンの食道癌に対する保険償還について社会保険診療報酬支払基金に要望していたが、2019年4月22日に食道癌に対するフルオロウラシル+レボホリナート+オキサリプラチン併用(FOLFOX)療法が審査上、認められることとなった。本邦における食道癌に対する化学療法の標準治療はシスプラチン+フルオロウラシル併用(CF)療法、また、化学放射線療法の場合にはCF療法と放射線治療の併用(CF-RT)であるが、今後はプラチナ併用化学療法および化学放射線療法として、オキサリプラチンを用いたFOLFOX療法、およびFOLFOX+放射線治療(FOLFOX-RT)が新たに選択肢に加わる

欧州および米国のガイドライン(ESMOガイドライン、NCCNガイドライン)においてFOFLOX療法およびFOLFOX-RTは、エビデンスは乏しいものの、少なくともCF療法と同程度の治療効果を期待しうるという見込み、および利便性の観点から、治療選択肢として記載されている。

オキサリプラチンはシスプラチンと比較し、大量輸液が不要、外来治療可能であるなどの利点もあるが、食道癌における使用においては以下の点に留意する必要がある。

  • a.上述のガイドラインに引用されている、PRODIGE5/ACCORD17試験におけるFOLFOX-RT療法は、現在結腸・直腸癌に対する全身化学療法として汎用されている、modified FOLFOX6療法と5-FU持続静注の用量が異なる。
  • b.PRODIGE5/ACCORD17試験において、FOLFOX-RTの、CF-RTに対する優越性および非劣性は、証明されていない。
  • c.遠隔転移を有する、もしくは再発した食道癌、特に扁平上皮癌に対するFOLFOX療法の有効性・安全性についてのデータは乏しい。
  • d.食道癌に対するFOLFOX療法の国内での使用経験は少なく、報告されている使用例は特例的なものに限られる。

以上から、FOLFOX療法の保険償還を受けて、症例選択や安全性に配慮し適正な使用を推進することは日本食道学会の責務であると考え、本ステートメントを作成した。なお、本ステートメントは、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会の協力を得て、それぞれの学会のホームページでも公開する

くわしくはこちらから

年の瀬ですわ

知識を整理しないと。  ぽちっとな


by kenzaburou41 | 2019-12-29 00:11 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

食道がんと漢方2

がんと闘ううえでラブは必要でございます。

食道がんといえば67歳

67歳の男の方

そろそろ初老ってことで
ちんこの立ちも悪くなってきた

先生、バイアグラだしてくれよ

時々いらっしゃいますが、、ちょっとそれは恥ずかしいという方に漢方。

年齢を感じてのインポテンツには「牛車腎気丸107番」でございます。

バイアグラにはかないませんが、初老期にいろいろ衰えを感じてきた、
腰痛い、関節痛い、しびれる、気力がない、尿が近い、という方に効果があって
そのついでにインポも治ってと喜ばれることもあるとか。

精力が無くなる年でもないのに精神的にインポになってるかた>>柴胡加竜骨牡れい湯 12番」

さらに虚弱体質で、精神的な原因も重なってる方>>桂枝加竜骨牡れい湯 26番」

だそうです。

というわけで漢方で男の活力を取り戻せ~




by kenzaburou41 | 2019-12-28 18:12 | 漢方 | Comments(0)

内視鏡もロングブレス

元東京都知事の石原慎太郎氏(87)が27日放送のTBS系中居正広の金スマ(金曜・後9時)にVTR出演。俳優・美木良介(62)が考案した「ロングブレスダイエット」を実践した結果、「歩くことが大変だった」という苦境から脱出したことを明かした。

 石原氏は若い頃からゴルフ、テニス、ヨットなどを楽しんできたため、健脚には自信があった。しかし、2013年に軽い脳梗塞で1か月入院。15年にも講演中に体調不良を訴えて、緊急搬送された。その後、17年頃から歩行が困難になっていたという

 そんな石原氏の現状に「自分なら1年後に元気に歩けるようにできる」と名乗りをあげたのが美木。「ロングブレスは本当はダイエットでなく、健康法なんです」という主張の通り、長い呼吸をすることで脳に届く酸素量が増えるという理論の元、脳梗塞によってダメージを受けた石原氏の脳神経細胞を活性化させることに成功したという。

 17年6月から週1回、美木の指導で3段階の呼吸法を実践した結果、スクワットも連続で何回もこなせるようになり、歩行も普通になったという石原氏は「毎日2キロ、大股で歩けるようになりました」という文書を寄せた。

 番組では、あくまで個人によってトレーニングの成果には差があるとしている


食道癌患者さんの多くは[経口」「NBI拡大」で検査を受けてるとおもいますが

このロングブレス、3秒すって7秒吐くを内視鏡検診にとりいれているのがケン三郎でございます。

経鼻内視鏡をつかって、ロングブレスを始めたのが2009年

もう10年前でございます

↓ こちらが第一例目の 記念すべき経鼻Valsalva一例目。
食道入口部が筒抜けに観察されるってんで、今や大阪国際がんセンターや虎ノ門病院など
名だたる食道がん専門施設が当たり前にやってる手技でございます。

内視鏡もロングブレス_b0180148_09560500.jpg
もし主治医の先生がやってないときは
「なんでやってくれないんですか?」
と聞いてみましょう。


ぽちっとな



by kenzaburou41 | 2019-12-28 10:03 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

食道がんと漢方

さあて今年もあと残すところ・・

食道癌の診療は、外科手術、抗がん剤、放射線、内視鏡治療

そして来年は待望のあの薬が食道癌の保険適応になるんじゃないかと

期待〇でございます。

とはいえ、がんも手ごわいわけですので、症状にあわせてお薬でそれを改善する
策を練らねばなりません。

そこで漢方でございます。

この季節、インフルエンザ心配ですよね

インフルエンザを予防する漢方といえば「補中益気湯41番」でございます

体力、気力のない人用のお薬です。もしがっちり体型なら「小柴胡湯9番」だそうです。

で、熱がではじめたら[麻黄湯27番」を飲みましょう。

忘年会、この時期は大変です、新年会、ああもうやめて日本人の習慣

きついなあ、上司に酒のめのめいわれて食道癌発症、この習慣をたちきらなければなりません

しかしどうしても飲まざるを得ない時。

飲む前には「黄連解毒湯15番」ですが、苦くてケン三郎は得意ではありません

飲みすぎた、、、明日は朝からお仕事だっ
ってときには「五苓散17番」

これが良く効きます。 箱買いです。のみすぎたら「ごれいさん」覚えておきましょう


食道癌の術後、黄色い痰がたくさん出るってとき。

これは「清肺湯90番」が有効です

のみにくいときは滋陰至宝湯をトライしましょう

はあはあ、息も切れる、、この場合は「補中益気湯」をつかいましょう

というわけで漢方も結構活躍の場がございます。

ぜひ主治医の先生とご相談ください






by kenzaburou41 | 2019-12-28 00:24 | 漢方 | Comments(0)

今年最後の

今年最後の食道手術が無事に終わりました。

ああ今年も大きなトラブルなく仕事が終わりそうだ
という安堵感と

やりのこしたこと半端なく。

ひとつひとつの積み重ね。

来年は外科医として
強い気持ちをもって がんばります


by kenzaburou41 | 2019-12-27 19:54 | 切除不能進行癌 | Comments(0)

内視鏡的拡張

内視鏡治療後の狭窄

ステロイド局注、内服、充填法

いろいろ開発が進みまして 頸部食道の全周性病変以外は
なんとか内視鏡治療をトライできるようになってきた昨今。

それでも

今年も頸部食道の亜全周切除で何人か拡張続けることになりまして
一条なんとかのこしても、ここはやっぱり狭くなってなかなか難しい・・

年末年始にかかるんで、最後の拡張ってことで今週の内視鏡は
大変こみ合いました。

検査に行列ならぬ

拡張に行列

できればそんな状況は回避したいのですが

若手も慣れてないんで、ケン三郎先生お願いしますと

朝からずーっと検査拡張検査拡張

そのうち若手も別の仕事があるんでといなくなり

一人内視鏡室に残され

へとへとでございます。

早く若手にバトンタッチして、隠居生活、早期リタイヤ、当直なし、週3働く、年収うん千万円

ネットの誘いに心揺さぶられる毎日でございます。

しか~し、望まれるのも有り難い話でございます。

人が減っても、診療レベルは上昇気流、、いつかは頸部食道表在癌の全周切除も大丈夫、といえるように
なる日がくるかもしれないっ

というのと。いやいやそこは頸部食道切除+遊離空腸再建で十分ですよ、安全にできますから

って外科的にも内科的にも両方提示できるように

来年はさらなる高みを目指します

メリ~クリスマスっつ














by kenzaburou41 | 2019-12-25 23:56 | 内視鏡治療 | Comments(0)

アルコールと呼吸器疾患

アルコールは食道癌だけでなく、多くの疾患の発生、増悪にかかわるとされ

呼吸器疾患も同様で

その中でも[誤嚥性肺炎」「睡眠時無呼吸症候群」がその代表で。
「気管支喘息」もアルコールが増悪因子 なのだそうだ。

アルコールが分解され、アセトアルデヒドでき、アセトアルデヒドは肥満細胞からヒスタミンを遊離し
喘息が誘発される

高齢化社会、過度の飲酒は脳神経に作用、急性の髄鞘障害をきたし、筋弛緩作用>>嚥下構音障害を惹起する。

特に寝る前の飲酒は就寝中の嚥下機能が低下し、誤嚥性肺炎のリスクとなる。

また過度の飲酒は免疫細胞の活性を低下させる作用がしられており
感染症を増悪させる。

アルコール常習者はむし歯の割合も多い>これも誤嚥性肺炎の原因となる。


睡眠時無呼吸症候群は、咽頭部を中心とする上気道領域での気道狭窄閉塞で、慢性的になると心疾患や高血圧の
リスクになる

飲酒>>気道周囲の筋弛緩が起きる>気道狭小化>無呼吸の増悪

もし就寝中に無呼吸になったばあいも低酸素により、覚醒をうながされるが、飲酒によって感度がにぶくなり
覚醒までの時間が長くなる。

男性において一日の飲酒量が1杯増えるだけで睡眠時無呼吸症候群のリスクが25%も
上昇するとも報告されている。


喘息発作の誘発

感染、飲酒、ほこり、大気汚染、天候、過労、運動、たばこの煙、、、

いろいろあるけど 飲酒が誘発するとは・・しらなんだ。

↑ 以上 日本気管食道科学会会報 2018;69,290-296より



by kenzaburou41 | 2019-12-24 23:10 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

仕事納め

あ~今年も無事に仕事が終わりそうだ

と安堵していると

食事がつかえる、食道癌と診断された
って患者さんが紹介。

年の瀬というのに・・

つかえますが、食事はとおります、体重も減ってません

に一安心

年末年始は家で過ごしてもらって
年明けから治療に入りましょう

って

言えない患者さんの手術が今週末に。

なにも金曜日に手術しなくても・・

年末年始ずっと挿管して寝かせたい

ってわけにもいかないし

結局交代で休みながらの術後管理でございます。

全国の食道癌診療に携わる皆様

ごっくろうさま~っ


by kenzaburou41 | 2019-12-24 20:55 | ひとり言 | Comments(0)

禁酒セラピー

またまた患者さんからお便り頂きました。

1.5Lビール毎日10年間続けていたら 40代で食道がんに罹患されたかた

なんとか酒を断たねばということでお勧めの本

禁酒セラピー  ←こちらから

情報有難うございます。 


よんでみよっと~








by kenzaburou41 | 2019-12-22 13:02 | 食道癌患者会~酒とともに生きる | Comments(0)