人気ブログランキング | 話題のタグを見る

緩和ケア虎の巻

外科医をやめて緩和ケアの専門家になった後輩が
近くで講演をするってんで

ワテラスに行ってまいりました

歌手の麻倉未稀さんが乳がんに罹患して、それを公表するかどうかの
葛藤、治療を経て、がん検診の重要さの啓発活動、がんで亡くなった
友人を看取る側の心のケア、地域でみんなで支える取り組み

スクールウオーズ世代ですから、ヒーローよく聴いてましたし
あのイントロが流れるだけで心奮い立ちますし

食道がん患者さんは悩みを抱えても結構口にださない
方が多く、いいときも悪いときもあっていいんだよ
泣きたいときは泣きましょう

箱のティッシュを買って 電車のグリーン車
誰も乗ってないから一人で泣いて 50分
目的の駅に着いた頃には
もう泣いてる場合じゃない 

次のステップに向かおうと

医者として 優れた治療を提供することは比較的簡単

しかし折れた心にどう寄り添えるか、は、なかなか簡単な仕事ではなく

それこそ「話を聞く」「時間もある」「背中を押す」「一緒に泣く」「笑う」
が出来る方が近くにいること が望ましく

「緩和ケア」は病気をしたら癌だけでなく、だれしもが受けられる治療

がんになったらまず緩和ケア

克服できた人も、そうでない方も 山あり谷あり 

どれだけ長く飛べるかよりも

どう飛んだか?

考える1日でございました。 

後輩くんも立派になって
うるうる。



# by kenzaburou41 | 2024-03-30 23:11 | 緩和ケア | Comments(1)

見つけたら治療も

自分が内視鏡検査を覚えて
ある程度経験をつんで

自分で食道癌を早期で見つける

そうするとその症例どーなったか気になる

見に行く、内視鏡治療になって。

治療する、病理も見て、治ったと分かる

この過程の繰り返し

なんですけど 「見つけた」「治療した」

で終わっちゃう

もったいない。

見つけたら、俺治療やります、治します

おう、そうか、そうこなくては

ただ他の病院から癌ですよ、切ってくださいよー
じゃあその病院からお役御免で、

食道癌送られる立場から送る立場になったとき

診断できますか、治療できますか、ってことになるんで

診断、治療、病理、外来で結果説明

ひとくくりで覚えて欲しい

手に負えないときはすぐ専門医へ送る

そうでなければ自分の手で患者を治す

ガツガツギラギラした若手求む






# by kenzaburou41 | 2024-03-28 23:00 | ひとり言 | Comments(0)

真木クラウド

◆NTTのIOWN APN技術とオリンパスの内視鏡に対する高度な技術を活用し、クラウド上で内視鏡の映像処理をリアルタイムで実現するクラウド内視鏡システムの実証実験を開始します。
◆本実証などを通じて、クラウド内視鏡システムのビジネス化にむけたリファレンスモデルを確立し、両社で内視鏡装置の処理性能の限界の克服やメンテナンス性の向上と同時に、柔軟で迅速な市場対応に貢献します。


日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島田 明、以下「NTT」)とオリンパス株式会社(本社:東京都新宿区、取締役・代表執行役社長CEO:シュテファン カウフマン、以下「オリンパス」)は共同で、内視鏡の映像処理機能をクラウド上で実現するクラウド内視鏡システムの実証実験を開始しました。

クラウド内視鏡システムはオリンパスの内視鏡に対する高度な技術を活用し、内視鏡装置内で処理されてきた映像処理を遠隔地に設置されたクラウド上で実施するものですが、従来のネットワーク技術では実現が困難でした。今回NTTのIOWN APN技術※1、2を活用することにより、クラウド上でのリアルタイム映像処理を実現します。本実証などを通じて、クラウド内視鏡システムのビジネス化にむけたリファレンスモデルを確立し、両社で内視鏡装置の処理性能の限界の克服やメンテナンス性の向上と同時に、柔軟で迅速な市場対応に貢献します。

限られた医療資源を有効に活用しましょう


# by kenzaburou41 | 2024-03-28 18:46 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

ホウ素中性子補足療法

昨日は第17回お茶の水SCクラブが開催されまして

大阪医科薬科大学の粟飯原教授のBNCT治療についてのご講演を拝聴しました。

「頭頸部がんと診断され、切除不能と診断、標準的な頭頸部がんに対する治療が
難しく、症状が進行した方、もしくは治療後の局所再発の方」

が対象で
ステボロニンというホウ素という元素を含んだお薬を点滴で
体内に投与するとがん細胞により多く取り込まれ、そこに
中性子線という放射線を照射すると、ホウ素と中性子が反応して
強いでエネルギーが生じ、がん細胞を破壊する

という仕組みです

お薬と中性子線を組み合わせたこの治療を「BNCT」と呼びまして
現在日本では関西BNCT共同医療センターと南東北の2カ所で行われています。

前日入院、当日3時間で点滴+中性子線1時間照射 1日で治療は終了しその後
数日入院ということですが治療中~治療後正常細胞にもある程度ダメージが
来るため照射があたった周囲では治療に伴う症状に注意が必要とのことです。

治療をうけるには一定の基準を満たさないといけない=
すでに標準治療が終わっている事(放射線治療が当たっている)
大きさが15cm未満、表面から中性子が届く深さ(7cm)以内
ペースメーカーが入っている方、妊娠中のかたは除外
ある程度病変がまとまった範囲にある、遠隔転移がないなど
心臓や腎臓に障害がない,etc

ああこの方法いいねえ、とネットで伝え聞いても
「事前審査」があり主治医は臨床情報、画像などをセンターへ送り
そこで条件に合う方が治療を受けられる=以前は適応に合致しない方が
多かったが今は半分くらいの方が適応とされて治療を受けられるそうです。

で 食道癌に関しては

「頸部食道がん」が適応で放射線治療後の進行性の再発なら治療対象になる
こともあり、症例があればご相談くださいとのこと。

あ、ケモラジ後の再発で声を失いたくないから
救済手術(咽喉食摘)を拒否した場合は適応になるんだろうか。
聞くのわすれた。

治療効果としては4割くらいの方がCRを得られ、下咽頭喉頭癌などある程度
限局した所は効果が高いそうです。そりゃ声を失いたくない人がほとんど
でしょうから手術以外の選択肢があれば話を聞いてみたい、という方も
多いと思います。

7月にBCNTの研究会が開かれるそうですので
今後も注目の治療法です

とても勉強になりました。

詳しくはこちらの市民講座You tubeから ←再生回数84回!

2003年からこの治療法に関する学会「日本中性子補足療法学会」
もあります   ↑もっと知りたい方はこちらから




# by kenzaburou41 | 2024-03-23 10:26 | 新しい治療法 | Comments(0)

果物を食べよう


# by kenzaburou41 | 2024-03-21 23:19 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)